gooブログで発信!

生きるために大切なメッセージ&日々の出来事

「還元陶板浴」で“細胞”から元気に

2016-09-14 12:49:14 | 健康

火曜日に「還元陶板浴」の施設に行ってきました。

抗ガン剤治療後、血液検査でALP(転移の有無に関わる)と骨の腫瘍マーカーに高い数値が出た時、あわててインターネットで探し、最初にたどり着いたのがこの施設です。

店舗が国内と海外にあり、私が通う施設の名前は“八三郎”。通い始めてから3年がたち、今は週1回、利用しています。ここへは、ガンになった人たちがけっこう利用しに来ます。

この施設は、建物自体が、カビなどの腐敗菌(悪玉菌)が生きられない特殊な工法(「還元陶板浴」を参照)で作られています。善玉菌が活性化していて、建物じゅうにきれいな空気が流れています。

「陶板浴」の室内にも良質な酸素があふれていて、それを肺に取り込み、「陶板」という板の上に仰向けに寝て背中を温めることで、体の機能改善や副交感神経の正常化などを図ります。この時、“ヒートショックプロテイン”というタンパク質が作られ、傷ついた細胞を修復し、修復しきれない細胞を排出してくれるとのこと。

手順としては、まず受付を済ませ、着替えます(汗をかくので)。受付の時に渡された、水が入ったコップを持って陶板室に入り、陶板の上にバスタオル、頭を載せる木の枕にタオルを敷きます。バスタオルの上に仰向けに寝て、適当な時間がたったら部屋を出ます。水は、寝る前後、寝ている時など、適宜補給します。

バスタオルを敷く理由は、49℃に温められた陶板は、仰向けに寝たときにバスタオルを敷くことで、42~43℃の程よい温熱が体に届くようになるということです。

寝ている時間は人によって違い、だいたい30分程度ですが、その人にとって最適な時間があるとのこと。目安は、汗が出始めたら終えるのがよいようです。寝過ぎてしまうと、かえって体調が悪くなることもあるらしいです。

また、この施設はリラックス状態を保つのが目的なので、室内でのおしゃべりは禁止です。

陶板室から出ると、受付で、少量ですが、発酵ジュースか麦茶の好きなほうを出してくれます。発酵ジュースは、果物の甘さと炭酸のような酸っぱさが混じったような味わいです。果物は日によって違い、その日は「イチゴ」でした。

陶板室に入ると気持ちがよくなるので寝過ぎてしまい、体がだるくなることもありますが、入浴後は、肺がとてもきれいになった感じがします。

通い始めて3年目にして、ひどかった花粉症が今年の春、やっとラクになりました。免疫力が上がったおかげでしょうか。

気になる血液検査項目ですが、3年前も同じ項目が高かったのです。その頃は週3回、一日に2回利用し、値が下がりました。もちろん、下がった原因は他にもあると思います。

今、その頃より値は高い状態です。通うペースは週1回。施設の方によれば、週2~3回くらいが理想的だそうです。今後、どうするか…。

とりあえず、おいしかったイチゴの発酵ジュースの味を思い出しながら、ゆっくり考えよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “いのち”の証拠品 | トップ | それでも“検診”を! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。