gooブログで発信!

生きるために大切なメッセージ&日々の出来事

それでも“検診”を!

2016-09-17 13:38:26 | 健康

小林麻央さんのブログ、毎回、読んでいます。

記事の内容から、“誤診”されたのではと世間で騒がれていますが、私にもその可能性がないわけではありません。

乳ガンと診断され、手術を受けたのは約3年前。
そのさらに7年前、私は人間ドッグで乳ガン検診を受けています。
触診した先生は「これは検査をしたほうがいい」と言いました。別の先生に超音波検査を受けたのですが、結果は“異常なし”。「マンモ」はやっていません。
「乳腺症」でまともな乳腺が一つもないので、今後は年に一度、超音波検査を受けるように言われました。

今から約3年前、今も定期検診で通っているクリニックで、乳ガンの疑いで生検をした時、私のガンは2cm弱でした。この大きさになるのに7~8年はかかるそうです。
当時、7年前に乳ガン検診を受けた時のことを話すと、ガンの大きさから「その時にはもう(ガンが)あったんじゃないかな」と言われました。

私の場合は“疑い”のレベルですが、実際にガンを見逃された人は案外います。

私の知人は、毎年、検診を受けていて、脇にしこりがあるのを感じていたのに「異常なし」と毎回言われていたそうです。でも、その方は“絶対におかしい”と思い、病院を替えましたが、その時には、すでにガンが他の臓器や骨に転移していて、手術不可能な状態でした。

きちんと検診を受けていてもそんな切ない事態になるのでは、検診の意味があるのかと思いたくもなります。でも、私はやはり“検診”は大事だと思います。

私は最初の人間ドッグの検診の時、毎年、検診を受けるように言われたのに、忙しさにかまけて一度も行きませんでした。だから、仮にその時に見逃されたとしても、リンパに一つ転移するまでに至ってしまったのは、自業自得の部分が大きいです。

この度の乳ガンの件でお世話になっている先生に、当時、乳ガンと診断された時、「せめて超音波だけでも受けていたら…。実にもったいない」と 言われました。
確かに、毎年、それを実行していればリンパに転移することは防げたはずです。

もう一つ、検診を受けるにあったて重要なのは、受診する病院・クリニックです。

この度、手術時の7年前と同じ病院で受けた人間ドッグで「乳ガンの疑いがあり、精密検査を要する」との結果をもらった時、私はそこで受けようとは思いませんでした。
あるテレビ番組で、“乳ガンは画像診断がすべてを決める”といったことを女性の先生が言っていたのを覚えていたからです。

私は、インターネットで信頼できそうな病院・クリニックを探し、今、お世話になっているクリニックにたどり着きました。
そこの先生は、「マンモ」の画像認定がA評価です。HPでそれを知り、迷わず決めました。

乳ガンは、乳腺の影響で、発見が難しいことがあるようです。
もちろん、A評価だからといって、“絶対”とは言いきれないかもしれません。
でも、検診で“見逃し”が起こる確率を少しでも減らすために、やはり画像認定がA評価の医者に診てもらうのがいいのではないかと思います。

私は今、定期検診で先生が「今回も大丈夫でした」と言えば、安心して生活ができています。

とにかく、まずは“検診”です。受けなければ、何も始まりません。
そして、受けるなら受診機関を選んだほうがよいでしょう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「還元陶板浴」で“細胞”から... | トップ | 食事① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。