gooブログで発信!

生きるために大切なメッセージ&日々の出来事

スカイツリータウンに行ってきました ②

2017-05-18 12:21:20 | 旅行&スポット

人、人、人の間を通り抜けながら、やっと「すみだ水族館」にたどり着きました。
ソラマチのウエストヤードにある建物の5F、6Fが水族館です。 

とにかく人が多く、チケットを買うための待ち時間は、午後1時過ぎで40分。
もっと早い時間では50分待ちだったようです。

がんばって並び、やっとゲットして、中へ。
チケットの料金は、大人一人2,050円(年間パスポートは4,100円)。

この水族館では、8つのゾーンごとに生き物が展示されています。
ほかに、飼育設備が見れたり、飼育スタッフとコミュニケーションが取れる「ラボ」が設置されています。
また、全長約50mの「クラゲ万華鏡トンネル」があり、壁と天井に約5,000枚の鏡を敷き詰めた万華鏡のような空間で、クラゲを見ることができます。

中に入ると、思ったより暗く、目が慣れないうちは、人とぶつかってしまうことがありました。

2時からペンギンのショーがあるということで、先にペンギンのゾーンへ行くことに。
(順路は決まっておらず、好きなように見て回れます)
そのあと、入口からすぐのゾーンに戻って、全部を見て回ります。

写真撮影は、フラッシュ禁止だったので、とても暗い所は、光が取り込めず、写真が撮れませんでした。(残念

どうにか撮れた、かわいい&不思議な生き物たちの姿です。

「ペンギン」
巨大な、屋内開放のプール型水槽で、マゼランペンギンが見れます。
このゾーンは、2層吹き抜けになっていて、ペンギンたちの泳ぐ姿を上から見下ろせます。
また、水槽のそばでかわいいペンギンたちを、間近に見ることもできます。

ペンギンのショーの前には、飼育員によるエサやりが行われていました。
これを上から見て、ショーが始まる前に、水槽のそばに移動してスタンバイ。
「ペンギンピクニック」というショーで、音楽と共にさまざまな映像が水に投影され、その中をペンギンが泳ぐというものらしいのですが、私のいる位置からは、映像がほとんど見えませんでした。

「自然水景」
水草などの水の中の自然と、そこに棲む小さな生き物が観察できます。

「クラゲ」
大きな水槽でプカプカと浮遊するクラゲは、幻想的。
日常を忘れさせてくれます。
小さなU字型水槽では、極小のクラゲや、珍しいクラゲが見れます。

▼大水槽のクラゲたち

▼小さい水槽のクラゲたち

「アクアギャラリー」
小さめの水槽が、上下2段に、きれいに並べられています。
これとは別に、大きさや形の違う水槽があり、小さい魚、珍しい魚、かわいい魚が見れます。
愛らしい「カクレクマノミ」も、ここにいます。
写真は、ギャラリーの一員たちです。


▲マンジュウイシモチ


▲(左から)ハマクマノミ、キリンミノ


▲(左から)ニシキテグリ、カクレクマノミ


▲(左から)マダコ、ハナギンチャク

「サンゴ礁」
美しいサンゴ礁をはじめ、サンゴ礁を取り巻く環境に集まる、個性的な魚たち。
横長の四角い大きな水槽が4つあり、すべて、360度どの方向からも鑑賞できます。


▲横長の水槽いっぱいに広がるサンゴ礁の一部


▲サンゴ礁の砂地に棲む「チンアナゴ」。とぼけたような顔がかわいい


▲メガネモチノウオ。デカい


▲(左から)アカハタ、ネコザメ

「オットセイ」
屋内開放のプール型水槽にいる「ミナミアメリカオットセイ」。
2層吹き抜けの展示空間にいる彼らを上から見るだけでなく、元気よく泳ぐ姿を、「オットセイトンネル」で下から見ることができます。

私たちは、上からは見ておらず、トンネルで見ただけ。
高速の泳ぎに、写真がなかなか撮れませんでした。
本当に、カメラ泣かせです。

「東京大水槽」
伊豆諸島・小笠原諸島をはじめとする「東京諸島」に棲む魚たちの世界が、巨大な水槽に広がります。

中には、個性的な生き物が…。


▲右は、「ニセゴイシウツボ」

「江戸リウム」
「江戸」をテーマにしているということで、このゾーン全体が “和” を感じる造りになっています。
美しい金魚や、かわいい金魚が鑑賞できます。

▼リュウキン

▼アヅマニシキ

▼エドニシキ

▼ランチュウ

「ラボ」
「クラゲ」ゾーンのそばに「アクアラボ」があり、ここでは、クラゲが成体になるまでの過程が段階的に見られます。
飼育スタッフによる解説もあるので、耳を傾けてみるのもよいでしょう。
ちなみに私は…、珍しいクラゲやイソギンチャクに夢中で、解説は聞いていません。

 ◀カラージェリーフィッシュ


▲サカサクラゲ


▲ウメボシイソギンチャク。部屋に一つ、置いておきたくなるような…。

「クラゲ万華鏡トンネル」
「クラゲ」ゾーンは6Fですが、こちらは5Fにあります。
ほとんどが「クラゲ」ゾーンに展示されているのと同じクラゲですが、鏡張りの空間と、色鮮やかな照明の中で見ると、また違った印象を受けます。 


どのゾーンかは不明ですが、こんな子もがんばっていました。

2016年6月28日、小笠原で産まれた「アオウミガメ」です。
こちらの水族館で大きく育て、1年後に小笠原の海へ返すそうです。
大海原を泳ぎきれる大きさに早くなるよう、ファイト


入口付近の暗さが気になるものの、多種類の魚や見ごたえのあるサンゴ礁、大水槽のクラゲなど、満足できる水族館でした。

ここにいる間は、乳ガンを患ったことも忘れていられました。
不思議です。
水中を移動する魚やクラゲの “ゆったり” 感のおかげかもしれません。


 




 

 

『テーマパーク』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイツリータウンに行って... | トップ | 検査が続きます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。