いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

八ツ場ダム本体着工!

2015年01月22日 09時51分15秒 | おやじ日記
 民主党政権が平成21年に「無駄な公共事業の象徴とされた巨大ダム工事が凍結された」セメントから人へのネーミングだけに浮かれて口先で工事を中止した。何の考えもなく無駄なな時間とお金そして地域住民を苦しめた民主党政権の無能ぶりの象徴でもある。
 国土交通省は1月21日、群馬県長野原町の八ツ場ダムでダム本体の建設に向けた基礎掘削工事の準備作業に入ったとの報道があった。

 「かかるとき かかる首相を いただきて かかる目に遭ふ 日本の不幸」

 上記の和歌は、俳人の長谷川 櫂氏が東日本大震災の直後、湧き上がる真情を和歌として詠んだものである。民主党という党はこのような存在であり、少しでも前向きな体制になるのか?昔の人が出てきて何をしようとしているのか!代表選では党内のことばかり語り残念だが未来志向が見えてこない党である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市南区老人クラブの懇親会

2015年01月16日 16時56分51秒 | おやじ日記
 1月16日(金)「ローズホテル横浜」において、南区各地区老人クラブ会長150名ほどの参加者を得て新年会が行われた。
 最初に横浜南警察署生活安全課の濱田也寸志氏による「オレオレ詐欺の現状」についての講話があった。26年の南区での被害は、38件…8,500万円の被害が発生した。ことしも第1号の被害(99万円)が発生したとのこと。対応策の一つとして「留守電話」の設定が効果的であるとの話であった。
 21個のテーブルに地区ごとに分かれそれぞれ懇談し、余興として詩吟・富士山が吟じられた。またハズレなしの福引が行われ最後に各テーブルに置かれた寄せ植えの花鉢が景品として提供された。祝宴に向かう前に山下公園で潮風に触れ係留されている船舶を目に残して会場へ向かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メジロとヒヨドリの食事風景

2015年01月13日 15時28分31秒 | おやじ日記
 今年初めからみかんを輪切りにして鳥の食事を提供している。独身のメジロ、夫婦のメジロそして一人だったり夫婦だったりのヒヨドリが毎朝姿を見せている。
 メジロの食事風景がおもしろい。ミカンを何個置いても一羽が食事をしているとそれを追い払い食事をするがすぐ離れてします。どちらが雄か雌か分からないが決して夫婦一緒には食べないが毎朝揃って姿を見せる。
 最近はヒヨドリを怖がらずに別のミカンを食べている。食卓からその風景を眺めていると思わず汁物をこぼしたりで妻の注意を受けているが敏捷な動きに見とれてしまう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初踊り!

2015年01月12日 10時27分48秒 | ダンスサークル サンデー会
 今年は、5日(コマクサ会の200円パーティー主催なるも告別式で欠席)、7日(ニュー水曜会のレッスン)、8日(ダンスアリスのレッスン)、9日(はつらつ会のレッスン)、10日(四葉会の自由レッスン)と各サークルの踊り初めであった。10日は踊りの後缶ビールで乾杯し2月2日~3日旅行について、参加者45名・大型バス・静岡の三保園ホテル・久能山見学などの案内書が幹事から配付された。
 11日(日)のサンデー会は50名ほどの参加者で新春の初踊りを楽しみ、ホッカイロ・ミカンを配付した。会員からの年賀状「心身の健康維持・ストレス解消・脳の活性化・ボケ防止・会員相互の仲間づくりとダンス活動には、いいことばかりです」の文面を紹介しながら今年も「ダンスを楽しく踊りながら健康寿命を伸ばしていきましょうと」誓い元気・笑顔で初踊りを楽しんだ。
       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第37回・永新会

2015年01月08日 10時22分26秒 | おやじ日記
 1月7日、37回目の新年会が上野で行われた。会員21名中出席者は13名、最年長者は92歳だが現役で社会との交流を続けている。特に、政界とのつながりには驚くべきものがありそのパワーには頭が下がる思いである。昨年はお孫さん達の希望でトルコ・イスタンブールの観光地へ出かけたとのことである。
 今朝の新聞にイスタンブールで自爆テロが起きたとの報道がある。トルコは世界で最も親日的国家である。先輩が出国するときに氏のパスポートを見て止められ6人もの係員が集まってきて、英語を話せるかと聞かれ話せるということで、止められた事由は生年月日1932年にあったとのことである。まずは長寿に驚きそして1932年がトルコ共和国立国の年に当たることから係員から祝福を受けトルコとの絆を強められたとたとの話をされた。
 その旅行費用は、ドル建て80円のころにドルによる生命保険契約が満期となり今回の費用に充てられたとグローバルな話などに花が咲き盛り上がった。
 祝宴の後、3人で御徒町の屋台でコップ酒による歓談が続きそれぞれの生き方を互いに披露しあって来年の再会を期し家路についた。
 永新会の初代会長は昨年90歳で逝去され、会の存続についてはこの名称のまま継続することになった。当会には永久幹事が実に細かく運営してくれるのでおんぶにだっこの感じでお任せスタイルで会員は大船に乗ってゆらゆらといい気分でこの日を会員は楽しみにして待っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成27年横浜市南区賀詞交換会

2015年01月07日 10時08分15秒 | おやじ日記
 平成27年1月6日南区スポーツセンターに於いて賀詞交換会が行われ出席した。南区内の「勲章褒章」受章者の紹介が行われた。税務行政事務功労・検察官功労・消防功労・防衛功労・郵政業務功労・警察功労・牛乳販売業振興功績・更生保護功労・鉄道業務功労及び業務精励(木工塗装工・卓越技能)として20名の方々が壇上に上がった。
 式典で国歌斉唱・祝宴では横浜市歌斉唱。歌詞を見ずに「横浜市歌」を歌える人は横浜の小学校へ通った人で歌う姿勢でその人の幼少期を判別できるほど横浜市民はすぐに歌える。因みに横浜市歌は森林太郎(森鴎外)の作詞によるものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愉快な賀状・綿毛・獺祭・雪…

2015年01月04日 11時43分52秒 | おやじ日記
 元旦は夫婦だけでのんびりと一日を過ごした。2日は妻の実家へ平塚あたりから雪に覆われた風景が現れ素晴らしい富士山が眺められた。実家に飾られた「国歌」の額縁、近くの八幡神社で参拝し仙台からの家族を交えての懇談。我が家では夕方から娘の孫たちが来泊した。3日(土)は家族12名が集まりそれぞれ体が大きく成り食卓を囲むもはみ出す有様で最高ににぎやかな中安部総理地元の「獺祭」で乾杯し孫達は電子機器を使っての遊び、羽根つきなどジッとしていることがない。孫6人ともなると「お年玉」に妻は頭を悩ませている。今年最高の年賀状が面白いので掲載してみた。今日四日は孫と娘だけとなり静になった。

 元旦・年賀状・ブルースター(花言葉・幸福な愛:信じ合う心)。ブルースターの実が割れて綿毛に種を持って新たな生命を生み出す旅だしの風景を目のあたりにしている。 
  

 2日(金)箱根駅伝は宇佐美へ行く途中の車窓から保土ヶ谷駅あたりから見たことの無い大勢の人が日の丸をふりふり沿道に待機していた。宇佐美の八幡神社では自然の強さを見せつけられる大木の根が石垣の隙間を這って成長している姿に惚れ惚れとする。平塚あたりから雪景色、富士山がきれいだった。
            

 3日(土)は「獺祭」で乾杯し孫たちの大舞台となった。
     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月・睦月・心の健康

2015年01月01日 08時15分57秒 | 心に留めた言葉
 
 希望は人を 成功に導く 信仰である (ヘレン・アダムス・ケラー 1880~1968)

「解説」 2歳のとき熱病にかかり、目と耳、口の自由を失ったヘレン・ケラー。家庭教師、アン・サリバンの献身的な導きと自身の努力により、困難を克服する姿は、多くの映画や演劇に描かれています。
 この言葉の後には「希望がなけえば、何事も成就するものではない」と続きます。彼女にとって、希望は生きる原動力。それをバネに苦難を跳ね返し、体の不自由な人々の教育や福祉に力を注ぎました。その功績は、多くの人の知るところです。
 さあ、新しい年が始まりました。私たちも心に希望のあかりを灯し続け、この1年を実り多い、素晴らしい年にしたいものです。

 汝の運命の星は、汝の胸中にあり(フリードリヒ・フォン・シラー 1759~1805)

「解説」 運がいいとか悪いとか、人はつい、身に起こることについて自分以外のものに責任を転嫁しがちです。しかし、運命は人を幸せにも不幸にもしません。人生は結局自分次第、心の持ち方ひとつで大きく変わるのだと、シラーは言います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加