いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

三色の彩りユリの花・NHKのど自慢

2014年06月23日 09時14分44秒 | ""飾り窓””妻の想い
 妻が球根から育てたユリが花を咲かせている。オレンジ・白・黄色と最初はオレンジ次に白そして黄色の花を咲かせて三色旗? 
 昨日、今年5月老人会の会長に就任し初めての総会を開催した。会員31名中出席者17名うち男性は5名であった。
 80歳を超えるご婦人がマイクなしで歌謡曲を歌った。いろいろとお話を伺うとかってNHKのど自慢大会に出場し全国大会で準優勝されたと。声質は故渡辺はま子女子に似ているということで渡辺はま子自身のレッスンを受けたとの話だった。思いもかけない話を伺った会合だった。
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯至極残念日本引き分け!

2014年06月21日 08時21分53秒 | 兎に角書きたいの!
 6月20日のW杯・日本対ギリシャ戦は引き分けに終わった。後半ギリシャは10名で戦うもにほんはゴールを決められなかった。勝試合・負ける試合にはいろいろと原因があるのだろうが、見ていて日本の連携性・がむしゃら前進・突進力などを今回は見ることが出来なかった。なんだがちぐはぐの感じを受けた。負け?引き分けの試合は、いつもの日本の連携プレイを見ることが出来なかった誠に残念なしあだった。
 試合の前日赤ユリが花を開いた。そして試合当日の朝に白のゆりが咲いていた。赤と白の日章旗だ!ヨシ!今日は勝てるぞと…テレビでも動物や小鳥に勝敗の占いをしていたが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本ガンバレ!対ギリシャ戦!Z旗を掲げよ!

2014年06月19日 16時42分54秒 | 兎に角書きたいの!
 6月20日(金)午前7時キックオフ!ギリシャとの対戦が始まる!

 「皇国ノ興廃此ノ一戦に在リ 各員一層奮励努力セヨ」旗艦「三笠」に掲げられた「Z旗」の意味する文面である。
 龍の如く勝利に向かって勝ち上れ!!
      
 なお、この公式球レプリカはW杯終了後に近くの小学校へ寄付されるそうだ!さてどこの小学校になるだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯉とボラゆったりと!

2014年06月16日 08時57分05秒 | 兎に角書きたいの!
 横浜市街を流れる大岡川には四季折々の景色を楽しむことが出来る。桜の花が散りヤナギの葉も濃くなり流れの沿って泳ぐ魚!今は鯉がゆったいボラの子がキラッと鱗を見せながら一塊となって泳いでいく!
                  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積乱雲現る!

2014年06月14日 22時07分04秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日の13日、午後から横浜から見る積乱雲がもくもくと今にも横浜上空を覆うような勢いであったが雨も降らずだった。しかし、昭島や八王子などは急激な雨に襲われたとのTV放映に接した。あの雲の勢いでは横浜はどうなるかの想いだった。
           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘と孫から誕生祝届く!

2014年06月13日 07時22分14秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日の6月12日は私の78歳の誕生日であった。嬉しいことに12日の午前中に娘からハンチング、孫娘からは祝の絵が贈られてきた。早速帽子をかぶりダンスレッスンへ出かけた。
  

 以前、息子の嫁さんからも帽子が贈られ活用している。

 そして亡き娘から贈られた帽子はいまも愛用し拾数年を経過している貴重な帽子となっている。


夕食前にケーキを食べましようと食卓にならべ室内の電気を消してろうそくに火をともした。そして妻は手拍子をとりながらハッピバースディーを歌いだし、それが何とも言えぬ心地よいものだった。
 夕食は私の大好きな赤飯を食し我が家にとっては上等なワインで乾杯と家族の絆を感じ取った嬉しい誕生日であった。

妻からは明日電気店に出かけて「シュレッター」をおねだりしている。長期間の手作業は親指を腱鞘炎状態にし痛みを感じるようになり加齢への負担を軽減するためである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

党首討論・これが野党第一党の党首か!!

2014年06月12日 10時01分34秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、安部総理対海江田万里民主党代表・石原慎太郎日本維新の会代表・浅尾慶一郎みんなの党代表の間で党首討論が行われた。
 石原代表の含蓄に富んだ内容には引き込まれた。あと10歳若かったら世界に日本の存在感を誇示できるだろうにと残念だ。浅尾代表は前向きな内容で是々非々で日本を引っ張っていただきたい。

 それに反して「集団的自衛権の行使」一点に絞って討論に挑んだが論理的飛躍の感情論で何を言いたいのか全く分からなかった。日本を貶めるための言いがかりで中国や韓国の論調と同じものを感じる。

 そう言えば、海江田代表はアメリカワシントンで講演をした。安倍晋三首相の靖国神社参拝や歴史認識をと取り上げて政権批判をしたとの報道があった。彼は外国まで出かけてこのような批判をするならば何故党首討論で取り上げなかったのか!

 このような政治家が野党第一党の代表でございますなんてちゃんちゃらおかしい。日本国の恥である。外国へ行って媚を売る党首が本当に日本の政治家なのか。このような政治家が党首討論に参加する資格などはない。民主党政権時代のあの暗黒政治を思い出して欲しい。口だけの空論を戦わせ自己陶酔に陥っている。参議院での民主党質問者も勝手に前提を作って勝手に論陣を張っていた。結果は、安倍首相から論拠を問われ虚偽の事実を前提にする論調を叱責された。

 今朝の新聞に民主党や共産党の議員が国会内で反日会議を開いたとの記述に接した。これこそ野党の本質を示す現実である。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本ガンバレW杯!

2014年06月11日 07時17分53秒 | 兎に角書きたいの!
 6月6日付「産経抄」に面白い記述があった。それは、6月2日付NHK放送欄22時「プロフェショナル」放映内容についてである。そのまま記述してみる。

 日本代表エースに密着
 本田圭佑500日の記録
 ガチンコ総取材▽ミラ
 ン移籍舞台裏▽挫折を
 バネに進化▽超極秘ト
 レーニングにケニア人
 W杯へ独占インタ▽祝
 杯をあげる日まで◇N

 当日の番組を以上のようにTV欄に紹介している。各行の頭文字を縦に拾っていくと「日本ガンバレW杯」となる。
 当日の「サッカー国際親善試合」は、日本3-1コスタリカで勝利した。また6月6日の親善試合
日本4-3ザンビアでも勝利し、サッカーワールドカップブラジル大会へ向けて幸先の良いスタートとなった。
 NHKで6月2日・6日と本田圭佑選手を中心とした「プロフェシヨナル」の番組はとてもよかった。選手の見方も変わりW杯が楽しみである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

崩御・薨去・逝去・死去

2014年06月10日 09時26分38秒 | 兎に角書きたいの!
 三笠宮崇仁親王殿下の第2男子桂宮宜仁親王殿下は、6月8日66歳で薨去された。平成14年11月に三男の高円宮憲仁親王殿下、24年6月長男の仁親王殿下が薨去されている。ご両親の三笠宮さまは皇室最高齢の98歳・百合子さまは91歳になられ想像もつかない現実に直面されお力を落とされていることだろう。悲しくも厳しい現実である。

 薨去(こうきょ) 皇太子をはじめとする皇族が死去した場合に用いられる。天皇、皇后、皇太后、大皇太后の場合は「崩御(ほうぎちょ)という。いずれも中国五経の一つ「礼記」にある「天子の死を崩と日ひ、諸侯には薨と日ふ」が語源とされる。一般の人の死を敬う場合には「逝去」を使う。と解説されている。

 映画・テレビドラマなどで活躍された俳優の林隆三さんは、「林隆三さん死去」と報道されている。悲しい現実で紙面を埋めている今朝の朝刊である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンスパーティー花開く!

2014年06月03日 09時48分15秒 | ダンスサークル サンデー会
横浜市立南太田小学校小学校の周りに「あじさい」が植えられている。剪定が上手なのか色とりどりの花を咲かせている。子供たちも心をときめかせながらいつもの風景が心に残ることだろう!
          

 そして昨年珍しいアジサイの花があるよと言って娘が贈ってくれたのが「ダンスパ-ティー」という名のアジサイであった。二年目になる鉢植えのアジサイも見事に咲いている!
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月・水無月・心の健康

2014年06月01日 07時13分35秒 | 心に留めた言葉
   将来を思いわずらうな。現在なすべきことをなせ(アンリ・フレデリック・アミエル 1821~1881)

「解説」将来がどうなるかは誰にも分かりません。あれこれと思案を巡らせても、思ったとおりにはならないもの。先々への備えは大切ですが、必要以上に心配しても、それは無駄というものです。
 スイスの文学者であり哲学者アミエルは、「今を懸命に生きろ」と教えています。人生には思いがけないことが起こります。試練のときもあるのでしょう。でもきっと、恵みのときだって訪れるはず。
 今なすべきことに没頭すれば、漠然とした不安は消えるものです。一生懸命に生きた「今」を積み重ねていく。やがてはそれが一本の道となり、最良の人生となるはずです。


   志を立てるためには 人と異なることを恐れてはならない(吉田松陰 1830~1859)

「解説」幕末、攘夷派の指導者として知られる吉田松陰。
 私塾「松下村塾」の門下生が元服を迎えるに当たって、贈った言葉です。門下生は山田顕義。師の教えを胸に、初代司法大臣となり、日本法律学校(後の日本大学)を設立しました。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加