いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

中国製観察用メガネにご注意!

2012年05月19日 08時19分30秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝19日の新聞報道「中国製の観察用メガネに注意喚起」の記事があった。
「消費者疔は18日、輸入業者「デメテル」(東京)が販売した「日食観賞用グラス」(中国製、1900円)について、目を痛める危険性があるとして、使用しないよう注意喚起した」と。

 早速、手元にある3個を確認したところ2個が「MADE IN CHINA]」であった。輸入元は、㈱サイトロジャパンと㈱ケンコー・トキナーであり大丈夫だろうと思って使用することにした。
  なお、太陽を見たところ日本製は赤色で見えたが中国製は水色に見えた。

 健康を害する製品については監督官庁はスピードを持って対応していただきたい。300年に1回しかも5分ほどの瞬間的使用で多くの国民が関心を持っている。今回のも囲み記事程度であり見落とすこともある。TVを通じて国民に周知することが必要だろう。

 夫婦二人で世紀の天体ショーを楽しみに準備してウキウキしながらその時を待ち焦がれている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫:犬:猫の環境

2012年05月15日 11時02分34秒 | 兎に角書きたいの!
 この世には犬派と猫派が存在する。我が家は犬派で10年前まで血統柴犬がいた。19歳3月の間家族と共に過ごした。犬の存在でどれだけ癒されたか!特に長女の病気入院中は!

 ところで我が家の両隣は猫派でそれぞれが猫を飼育している。1軒は2匹。家の中で飼育しているので外に出ることはない。ベランダでのんびりと寝そべっている。

 しかし、もう1軒は9匹の猫に食事を与えている。飼育するのはいいが餌を与えるだけで日中はあちこちに出没している。猫の糞尿は格別に臭い。植木などは尿にやられ丹精した草花は枯れて防御に懸命である。防護網を10個以上その他もろもろのもので対策を講じているがうまくいかない。お年寄りで子供をあやすように餌を与えている。近所の人もその事実を承知しているが注意するまでには至っていない。

 昨日、我が家のところでミャー、ミャー!の鳴き声に植木をどかし障害物をかたずけたところ黒色の子猫1匹見つけた。そのあとも鳴き声が!声のする箇所を夫婦で搜索したところ茶系の子猫を発見した。これからは11匹の野良猫が近所を徘徊することになる。防護策を強化していかなければならない。

 餌を与えるだけで自分自身が楽しんでいる。このような人は「迷惑をかけている」の意識がないようだ。TVでよく放映される騒音、ゴミ問題などで殺人事件が起きる世の中である。どう解決していこうか悩んでいるところである。

 猫は自分の領域内では糞尿はしないと言われている。対応策では、酸を巻くといいとか草のドクダミがいいとか販売されている猫退治薬剤…どれもうまくいかない。侵入をどう防ぐか!我が家の領土問題である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが母の記

2012年05月04日 09時54分00秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日雨の中妻と映画鑑賞に出かけた。横浜109は満席であった。「わが母の記」の鑑賞である。同映画は、「第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリンり受賞」「第16回釜山国際映画祭クロージング作品」として、人と人との絆の大切さが叫ばれている今の時代にふさわしい、希望に満ちた普遍の愛の物語である。

 役所広司、樹木希林、宮崎あおい、監督は「おくりびと」の監督でもある原田眞人氏である。昭和の文豪井上靖が、自身の人生、家族との実話を綴った小説を元に映画化された。井上靖と母親の絆の物語で、深刻な問題にも関わらず爽やかに流れるように二人の人生が描写され老人介護の問題点を突いている。心を揺さぶるシーンが私には三ヶ所あった。

 今は、TVの時代劇「鬼平犯科帳」と「剣客商売」を楽しみながら妻と一緒に鑑賞している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月・皐月・こいのぼり

2012年05月01日 09時04分30秒 | 兎に角書きたいの!
         こいのぼり

     やねより たかい こいのぼり
     おおきい まごいは おとうさん
     ちいさい ひごいは こどもたち
     おもしろそうに およいでる

     みどりのかぜに さそわれて
     ひらひらはためく ふきながし
     くるくるまわる かざぐるま
     おもしろそうに およいでる

       作詞 近藤宮子 作曲 不詳
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加