いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

孫の言葉!

2010年10月30日 08時08分06秒 | 兎に角書きたいの!
 娘には5歳の娘と3歳の男の子がいる。それぞれ活発に遊びまわっている。その孫達の言動にビックリしている。5歳になる孫娘が幼稚園に入園するに当たっての面接試験があり順調に進み最後に園長先生が「みんなと仲よく出来ますか?」と質問されて返した言葉に驚いた。孫娘は間髪入れずに「できなぁ~い!」と大きな声で返答したそうだ。今では幼稚園で活発にお友達と遊び男の子からは好かれている。

 また、孫の男の子はひょうきんでアイドル的存在でもある。幼稚園入学に当たっては孫娘のこともあり先生から「みなさんと仲よく出来ますか!」には「ハイ!」と返答するといいよと教えているそうだ。ひょうきんな子供のことでありどのような応答をするかが今から楽しみである。

 先日、妻が孫宅へ赴いた。おばあちやんに逢った途端発した言葉が「おばあちゃん、かわいい~!」がご挨拶だったと娘から聞かされた。また、妻が帰った後は「おばあちゃん、だいすき~!」と言っていたとか。和む孫の言葉である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「みすゞ」

2010年10月27日 20時56分25秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、横浜・大岡地区センターで行われた映画会で「みすゞ」を鑑賞した。9月22日に申し込み(定員60名)をし10月27日に上映し参加者60名内男性は5名であった。映画は金子みすゞ生誕の地山口県で2001年7月先行上映された。監督五十嵐匠・出演田中美里、永島瑛子、イッセー尾形など。

 童謡詩人金子みすゞは、『童話』『婦人倶楽部』『婦人画法』などに作品を投稿しこの三誌の選者であった西条八十氏に見出された。映画で紹介された詩二篇を紹介してみる。

  おさかな
 海の魚はかわいそう。

 お米は人につくられる、
 牛は牧場で飼われてる、
 鯉もお池で麩を貰う。

 けれども海のおさかなは、
 なんにも世話にならないし、
 いたずら一つしないのに、
 こうして私に食べられる。

 ほんとに魚はかわいそう。


  こだまでしょうか
 「遊ぼう」っていうと
 「遊ぼう」っていう。

 「馬鹿」っていうと
 「馬鹿」っていう。

 「もう遊ばない」っていうと
 「遊ばない」っていう。

 そうして、あとで
 さみしくなって、

 「ごめんね」っていうと
 「ごめんね」っていう。

 こだまでしょうか、
 いいえ、誰でも。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオ寒い!

2010年10月27日 08時43分21秒 | 兎に角書きたいの!
 北海道では6日早い雪の到来とか!今朝はのんびり7時に起きたが部屋の中が寒い。早速、ガスストーブを設置し電気ストーブを配置した。

 暑さは大好き!でも今年の夏には少々活動が鈍ったがそれでも夏大好き!寒さには完全なお手上げで大嫌い。と言うことで暖房設備は万全である。居間に設置されている暖房器具は、掘りごたつ、暖房機、電気絨緞、ガスストーブがあり居場所によってそれぞれを使い分けている。

 寒がりの私だが社交ダンスを始めてから衣類に変化が生じた。以前は寒くなると下着は長袖に股引が定番であったが今では半そでにステテコで一年を過ごしている。運動は健康の元と言えそうだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マツタケを豪快に!

2010年10月25日 08時39分17秒 | 兎に角書きたいの!
 陶芸家高橋政男氏とは、名古屋勤務時に知り合いとなりもう15年以上になるが、先生は2年ごとに横浜高島屋で個展を開催されている。日展には34回入選され中日国際陶芸展では文部大臣賞を受賞された。今年7月には居住地の滋賀県立近代美術館で古希展を開催された。平成16年には、甲賀市無形文化財の認定を受けられている。

 我が家の食卓には先生の器で飾られ毎時楽しく眺め活用している。先生とは2年ごとにお会いし旧交を温めているが、昨日地元で採取されたマツタケ二本が送られてきた。この時期になると毎年新鮮なご馳走をいただいている。

 二本のマツタケを家族は家内と二人であるが、豪快に二本を焼いて酒を酌み交わしながら贅沢にもしゃきしゃき感とその香りを味わいながらじっくりと食した。今年秋の味覚を家内と二人でじっくりと味わった。もちろん食する前に写真に収め見事なマツタケの姿を残した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血圧値の予測!

2010年10月21日 07時57分56秒 | 兎に角書きたいの!
 朝方、頭がもやもやした感じが続いたので医院へ赴いた。これまでの健康診断では血圧が高いとは言われてはいなかったが平成21年9月15日から降圧剤を服用することとなった。血圧計も購入し朝晩測定するようになり旅行先でも測定していた。

薬と共にトマトを毎食食したり黒酢に黒豆をひたした物を食べたりとしていたがその効果あまり現れず、朝方の最高血圧10月18日162・10月19日157・10月20日152と高い値を示しだした。

 医院にて相談したところ朝晩の薬の飲み方を変更しましょうと言うことで昨晩から変更後の飲み方で服用した。現在、3種類の薬を服用しているが薬の組み合わせを変更し今朝(毎朝6時30分に測定)測定をした。

 測定器具を手首に装着する前に、頭のもやもや状況を自身で感じ取って今朝の最高値は「143」と想定し測定した。ところがビックリ血圧計は143/82を示し自分が感じた値と合致した。これからも血圧測定器と二人三脚の生活を歩み続ける。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会議事堂実写

2010年10月20日 08時25分31秒 | 兎に角書きたいの!
 今の国会審議を聞いているとまるで「言葉」の遊び場といった感じがする。弁護士だからリベートはお得意だろう。しかし、日本中を悲惨な名事件に巻き込んだ幹部の言動「ああ言えばこう言う」の状況とそっくりである。

 「菅防長官」と揶揄される官房長官は、言葉だけでその場を凌げばの態度。政治の政の字も眼中に無い。このような人が蔭の総理といわれている日本の現状は国力の衰退の坂を転がりいくようなものである。

 昨日「桜田門外ノ変」を鑑賞してきた。言葉と言動が一致し裏切られても恨むことなく信念を貫いた水戸藩主の面々!今の政治模様を叱咤しているように思えた。

 人には原稿を読まずに質問しろという「疾病人」が疾病人総理が答弁する時は原稿をまる読みして恥ない疾病人。民主党議員のなかには自分の事を棚に上げて野党を非難する人が多いような気がする。

 民主党幹部のその場しのぎのから言葉、ウソ、強弁、屁理屈、を臆面も無く繰り返しの姿が全国に放映されている。このような状態で子供の教育を強調したところで納得する人は居ない!

 極悪官房長官は過去にも居る。自民党時代の①宮沢官房長官、②河野官房長官はその発言により今もって日本は負い目を受けている。そして、仙谷官房長官!これらの悪行をいずれ記載したい。

「桜田門外ノ変」の最終場面は国会議事堂を画面いっぱいに映し出して「END]。今の政治はこれでいいのだろうか!疾病人総理は、「レアメタル」についてその確保には時間が掛かる。と説明した。だからどうするんだ!そこが政治だろう。時間は掛かるが技術開発、他国との交渉などを説明しなければ政治家ではないだろう!全く「空言葉」だけを発している!日本はこれでいいのか!この政治体制でいいのか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷議員柔道引退は当然!

2010年10月18日 08時13分08秒 | 兎に角書きたいの!
 10月15日、柔道女子48キロ級で2000年シドニー、2004年アテネ五輪で2大会連続金メダルを獲得した参院議員の谷亮子氏(35)が記者会見し、「本日、競技生活の第一線から退くことにいたしました」と現役引退を表明した。

 柔道界に於ける貢献度は抜群であり国民のヒーロー谷亮子選手は数多くの功績を希望を日本国民に与えた。しかし。平成22年7月の参院選に突如立候補し知名度を受けて参院議員となった。私にとっては残念な出場であった。

 栄光を身に覆いながら柔道界へ先輩として世界の谷として日本のために柔道界に身を置いて活躍して欲しかった。政治家を通じてスポーツ振興に貢献すると言われるが「政治家の谷」には全く興味が無いし嫌悪感さえ感じている。

 記録は永く語り継がれよう!真に残念な政界への転出である。政治家の「谷」など全くの興味も無い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チリ高山落盤事故・33人の横顔!

2010年10月15日 08時35分32秒 | 兎に角書きたいの!
 平成22年10月14日、落盤事故以来69日ぶりに奇跡の救出が行なわれた。救出順に横顔をみてみよう!

 1 2番目のリーダーで体調も良く、第1号に選出。ビデオ撮影係り(31)
 2 「神と悪魔が一緒にいたが、神の手をつかんだ」(40)
 3 元軍人。妻にユーモアあふれる手紙を送り歌が上手(52)
 4 唯一のポリビア人。事故わずか5日前に鉱山で勤務開始(24)
 5 最年少。母の食事が食べたいと要望。娘がうまれたばかり(19)
 6 3児ノ父。鉱山の危険性を訴え8月に退職する予定だった(30)
 7 ドリルにくくりつけた手紙に「33人は元気だ」と書き、生存を伝えた(47)
 8 11年同居する女性に求婚。愛煙家、配給のニコチンパッチには不服(34)
 9 最年長。12歳から働く。妻あての手紙で地上に生存をしらせた(63)
10 家のローンを心配し、妻が解約(31)
11 高血圧症を思い体調不良を訴えていた。鉱山事故に2度遭遇した(56)
12 「自由になりたい。太陽がみたい」。プレスリーの曲を送るよう要望(34)
13 5歳の息子の父。地上の心理学者と反りが合わず、愚痴をこぼした(27)
14 車両修理のため、坑内に居合わせた。妊娠中の妻に詩(33)
15 日記を欠かさず。家族への手紙で「オーブンの中にいる夢を見る」(48)
16 妻や姉妹がテント村で救出を待った。地下では治療係(27)
17 「牛肉とアボガドを」と要求。ひ孫が地下生活中に誕生(56)
18 交際相手に「外に出たら結婚式を。ドレスも買ってあげる」(44)
19 大学で薬学を学ぶ一人息子のために半年前から鉱山で勤務(45)
20 鉱山労働者の父と共に8歳から働き始めた(48)
21 避難所で医療担当。現地で妻と愛人が鉢合わせした(50)
22 露天商だったが、より高い収入を求め5カ月前から鉱山に(43)
23 避難所にゲームを送るよう要望。車と家を買うため鉱山で勤務(27)
24 キリスト教福音派の牧師でもあり、精神的支柱となった(54)
25 1人目の救出者の弟。兄と働くため4カ月前から鉱山に(29)
26 恋人に地下から求婚。誕生日にサッカーユニホームを贈られた(35)
27 元サッカー選手。ロス五輪のチリ代表。試合観戦では仲間に解説も(53)
28 2年前から鉱山で勤務。身重の恋人に母親を通じて求婚した(26)
29 鉱山勤務19年のベテランで、現場監督も務めた。2児の父(49)
30 チリ地震で被災し鉱山に。「母さんの作ったパイが食べたい」(40)
31 約1年前から働き始めた幼なじみと共に被災。電気技師(24)
32 地下生活中に生れた娘に「エスペランサ(希望)」と命名(29)
33 全体のリーダー。地形学者の知識と長い鉱山経験を生かした(54)

 奇跡中の奇跡が起きた。素晴らしい奇跡!チリの国を改めて認識を新たにした。こんなリーダーが日本の総理大臣であればいいのに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月下美人の開花ショー!

2010年10月09日 22時33分05秒 | 兎に角書きたいの!
 10月9日午後6時から開花が始まり今まさにその開花ショー中である。9月17日に1センチほどの花芽20個を見つけ楽しみに待った。その後、猛暑から急激な涼しさとなり開花を危ぶんでいた。今宵花芽のいくつかが白い花弁を見せるようになった。この雨と寒さに外で鑑賞するのは無理と判断して家内と二人で月下美人の二鉢を室内に取り込んだ。

 午後9時ごろから開き始め室内にその香りが漂い始めた。花芽は20個のうち1個は5セントほどになって落下、もう一個は鉢を取り込むときに根元から切断してしまい総数18個。今夜開花したのは18個のうちの9個が純白の花びらを輝かせている。

 室内に取り込むときに蕾のままを切断してしまった月下美人をガラス瓶に差し入れていたところこれも花が開き月下花瓶ショーが食卓で堪能できている。

 良くぞ咲いてくれた!カメラに収め記念としている。今まさに花びらを全開して清純さをアピールしながら香りを室内いっぱいに撒き散らしている。この豪華な月下美人の開花ショーを二人で鑑賞しているこの贅沢に酔いしれている!満開!満開!である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疾病人(菅首相)の正体を暴く!

2010年10月07日 08時02分01秒 | 兎に角書きたいの!

 菅首相は国連演説で「疾病」を「しっびょう」と発信した。よって以後は菅総理を「疾病人」と呼称する。10月6日の代表質問において自民党の稲田明美議員は私が思っていることを国会の場で堂々と「疾病人」の正体を暴いた!喝采!喝采!

 :民主党政権は、意思も国家観も理念も無い空っぽの政権
 
 :菅首相は日本人拉致実行犯の釈放嘆願に署名したまぬけぶりをどう挽回したか

 :首相は国旗国歌法に反対した最初の首相だ

 :尖閣問題はぶざまな外交的敗北。検察に責任を押しつける卑怯者内閣だ。

 :鳩山前首相は東シナ海を「友愛の海」と寝とぼけたことを言った

 :韓国で慰安婦問題の反日デモに参加した岡崎トミ子氏の国家公安委員長起用は信じられない愚挙

 :民主党は詐欺ともいうべきマニフェストで政権をかすめ取った

 疾病人はもっと国を滅ぼすようなことを明言している。最も許せないのが沖縄の基地問題で「もうどうしようもない。沖縄は」独立したほうがいい」と言い放っている。こんな疾病人は許せない。

 昨日は、「ノーベル化学賞に日本人二人の受賞が報道された」北海道大学名誉教授の鈴木章氏(80)と米パデュー大特別教授の根岸英一氏(75)である。明るいニュースに救われた日であった。ノーベル化学賞授賞おめでとうございます!


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月の指針

2010年10月01日 07時49分41秒 | 兎に角書きたいの!
 喜んで進んで仕事をしたとき自分の力が存分に発揮できる

「解説」私達が仕事に取り組む場合、時によっては「面倒でやりたくない」とか「目立たない仕事だから気が進まない」など、仕事を避ける気持ちを持ちながら、「やむを得ず」とか「惰性で」する、というようなことがある。このような消極的な気持ちでは、注意力は散漫になっていて、自分の本来の知識や経験、能力が十分に引き出されず、ただ上辺だけを取り繕うような、心のこもっていない、いい加減な仕事になりがちである。
 反対に、「好きな事だから」「使命感を感じたから」「やりがいがあるから」などと、喜んで積極的に取り組んだ時には、もてる能力を総動員してやり遂げようとし、その課題が難しくても十分に意欲は湧き、隠れた能力も引き出されてくる。
 そして自分でも思いがけないような見事な成果を生むことがことがある。同じ労力と時間を費やすのであれば、仕事に取り組むときには自分の全てを打ち込んで、実りある結果を見座したいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加