いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

トルコ桔梗と娘

2008年12月31日 16時49分44秒 | 兎に角書きたいの!
 今年最後の日今日は、家の中の仕事もあらかた終えたので妻と墓参りに出かけた。快晴無風状態で心地よい日である。墓地には三々五々花が供えてられており参拝者もちらほらである。

 娘、長女が亡くなって8年が過ぎた。その墓に娘が好きだった「トルコ桔梗」が生けられていた。誰がお参りしてくれたのだろうか。今もって娘を忘れずに墓参りをしてくれる人がいる。ありがたいことで感謝しきりである。

 年の最後の日にとてもほのぼのとし妻とともに喜んだ。「薔薇は立派だが私はトルコキ桔梗が一番好きだ」とエッセイに記してあった。娘の好きな花を知っている方のお参りである。どなたかは分かりませんが心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メジロとみかん

2008年12月31日 09時21分25秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日から我が家の冬の風物詩が始まった。メジロとこれから3ヶ月のお付き合いである。紅葉の木にメジロが好むみかんをセッテイングするのである。木と木との間に板を渡しその板にみかんを据えるための釘が打ってある。

 初日はみかん1個を輪切りにしてセットした。セットしたみかんを今朝確かめたところほとんど食べられていた。だが古いみかんにはまだ少し実が残っているのでそのままにして新しく1個を追加した。

 と、早速つがいで来宅した。仲良くついばんでいる。ガラス越しに見るメジロの動作は軽く軽快に動き回っている。そのうちに仲間が増えみかん1個では足らなくなる。

 これから毎日メジロの姿を楽しみながら生活し私達の和む贅沢なひとときを持つ。朝日を拝むが如くに日々を感謝しながら私達の新たな一日の生活が始まる。それが癒しのメジロである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除のハプニング!

2008年12月30日 06時56分00秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日は家の中の整理をした。妻は土曜も日曜日も休み無く今日30日まで働いている。そこで私が出来る範囲のことをした。窓ガラス、布団干し、室内の掃除、片隅に積まれた私の物の整理、正月飾りの用意などなどである。今まで気にかかっていた二つのことが見事に解決したのである。

 一つは、デジカメ用メモリーチップを紛失して2ケ月ほど見つからなかったのがこの掃除によってあるところからポロッと出てきたのである。そのメモリーには、横浜ー桜木町間の東横線の高架下壁面に描かれたストリートアートをすべて撮影したものである。100枚以上はあるだろうか。
 今は工事をしすべての絵が削除されてしまっている。私の貴重なる写真記録である。撮影したそのメモリーチップが出てきたのである。ありがたい!

 二つ目はこのパソコンに関係するものである。記述をしようとしたが文字の入力が突然できなくなるり、あれこれと3時間ほど操作したが直らない。正月には孫達が来る。次女の婿さんも来る。彼はパソコンのエキスパートでありそのときに見てもらおうと自分での解決を諦めていた。
 当然パソコンの机周りも掃除をする。掃除のためにキーボードを持ち上げて裏返しにしたときに矢印が見えた。もしかして電池かと思い蓋を開けたら電池が鎮座している。購入してから電池の交換は無かった。
 早速電池交換を済ませ今このように「ブログ」が打てるようになった。

 今年の大掃除は私にとっては恵の労働となった。心置きなく新年を迎えることが出来る。今日も妻は会社へ向かった。妻の負担をいくらかでも軽くと思いながら正月用ドリンクなど重い物などの買い物を済ませた。近所のスーパーは2日からの営業であり余り心配は無いが。
 妻は休み無く今日は忙しかったわ!肩が張るの!冷えるの!などなどの体の疲れをいとわずに!責任感の強い人である。今日は午後から落ち合って買い物をする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンスとABCホーム不動産会社

2008年12月29日 07時39分29秒 | シルバー社交ダンス風景
 潜伏先のマカオから帰国した塩田大介容疑者が逮捕されたの報道があった。新聞報道によると「東京地検特捜部が約1億5千万円を脱税した法人税法違反の容疑で逮捕状をとっていた不動産会社『ABCホーム・』(東京)元会長、塩田大介容疑者(40)が、24日、潜伏先のマカオから帰国し逮捕した。」

 「ABCホーム」の名称に聞き覚えがある。そうだダンス番組でダンス競技会の多くのスポンサーとしてダンス番組を持っていた。世界選手権のスポンサーとしても華々しく活躍していた。

 そのスポンサーは40歳の男性であり脱税で逮捕されたとの報道には驚いた。そういえばいつからかスポンサーが墓地関係の業者になっていた。

 華麗にダンスの放映、スポンサーとして行っていたのに残念である。だけど40歳の男、自分の才知におぼれてしまった。真に残念である。

 因みに、脱税の手口は、「新築マンシヨンの在庫物件を買い取る際、取引会社数社が仲介しているように装い、架空の仲介手数料を計上するなどの手口で、平成16年6月期までの2年間で、約5億1800万円の法人所得を隠し、法人税1億5500万円を免れた疑い」とある。

 ダンス番組、競技会のスポンサーとして登場してきたのは丁度この脱税していた時期と一致するようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅一輪

2008年12月27日 09時16分51秒 | 兎に角書きたいの!
 静岡県下田市の伊豆白浜・板戸海岸沿いに自生する約3万本の「キダチアロエ」の花が海岸を朱色で彩っていると言う。
 伊豆白浜観光協会によると、今年は暖冬の影響で例年より半月ほど早く満開の時期を迎えているとのことである。

 そう言えば我が家の鉢植え紅梅には「一輪の花びら」が陽光を受けて花開いた。やはり暖冬なのだろうか。寒暖が繰り返すこの時期に!自然は正直でその天候に従って活動する。先日もアブラゼミが孵化したとの報道があった。

 今日から官庁などは黄金連休に入ったが、マスコミをそれを報道する社会状況にない。来年は政治・経済・社会ともに変化がありそうな気配!

 梅花一輪の如くに凛とした花を咲かせたいものである。渡邊喜美元行革担当相の一輪はこの世にどのように咲いていくだろうか!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

浅草パラダイス!!

2008年12月25日 11時47分03秒 | 兎に角書きたいの!
 来年2月1日(初日)~25(水)の間、新橋演舞場で「帰ってきた~浅草パラダイス」が演じられる。
 原作:金子成人・演出:久世光彦・脚色演出:ラサール石井でー久世光彦4回忌追悼ーである。

 中村勘三郎・藤山直美・柄本 明の三人が笑いを振りまく芝居である。毎年、この3人で新春のお笑いを演じる。

 今回初めて初日に観劇をすることができる。初日なので役者さん達も、緊張感漂う中での幕開けとなるので違った意味での楽しみ方がある。恐らくアドリブが出てくるだろうとの期待感を持って行く。

 座席も1階の中央近辺の座席を確保できたので今まで以上に楽しみである。年1回の私達の観劇、この3人の役者が演じる芸は呼吸がぴったりと合って見ていてもその会話に吸い込まれてゆく。

 新春のお笑いに心が弾む!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北原 明歌手新宿コマ劇場で歌う!

2008年12月24日 07時37分07秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、新宿コマ劇場で開催された「年忘れ歌の大行進~さよならコマ劇場~」へ出かけた。12時~21時までの長時間の間に出場した歌手は96名にであった。
 テレビに収録されたのは38名の場面である。

 歌手北原 明氏は前半で「横浜ジルバ☆パート2」を後半に「空港ラストナイト」を熱唱した。フアンクラブの方達も多く見えペンライトを振って応援した。花束進呈、ご祝儀を渡すのも司会者の進行でスムーズに進み時には舞台に上がる人も出てきた。

 長時間の間に私はワンカップを2瓶口にした。カラオケで歌う人58人・バンドで歌う人は38人であった。歌手の中にはお孫さんが見えていた人が数人いたし80歳の人も居し琴による弾き語り28年ぶりの出演、建設会社の社長さんとか人生様々である。

 オープニングは5人の方
  畠山みどり:恋いは神代の昔から・街道
  多岐川舞子:津軽絶唱・石北本線
  石橋 正次:鉄橋をわたると涙がはじまる・夜明けの停車場
  西崎  緑:流星・旅愁
  北原ミレイ:石狩晩夏・ベネチアの雪

 TV収録者
  香月 らん:母を偲んで・女の峠
  山田かつし:遠まわり・望郷だより
  西島 弘枝:木屋町の女・見返り橋
  松本あゆみ:雨のラストシーン・真夜中のジェラシー
  平田 祭子:雨の長崎空港・君の名はを唄います
  島  一雄:夫婦ばな:男の詩
  本澤 菊代:夫婦茶碗・度胸一代
  八丈ゆたか:時代遅れのラブソング・デュオ花人生
  西条 若奈:北のさいはて・花影
  内川ひろ美:凍れ酒・奥能登恋女
  田森 順子:夕霧岬・哀愁出船
  松下美智子:残狭子守歌・日本の男
  長谷川けい子おにぎりサンバで踊ろうよ・恋みれん
  東  陽子:一本勝負・あばれ時雨
  高麗千枝子:佐渡情話・花影の女
  宅見  綾:かもめの街・思い出はやさしすぎて
  木村 綾子:笑って笑って・世話女房
  為我井 登:望郷挽歌・黄河慕情
  小川 晴美:Manndara~夢に包まれながら・浅草は心の故郷
  松平わたる:おはん・新宿しのび愛
  千波 裕美:東京流れもの・ささら電車
  平浜ひろし:男の絆・会津の女
  美鈴八千代:春の舞妓・人生まわり舞台
  北原  明:横浜ジルバ☆パート2・空港ラストナイト
と歌は続いた。題名を見てもおもしろい。今年で撤去される新宿コマ劇場を前に同行者と記念撮影をし帰路に着いた。さよなら新宿コマ劇場!



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンスと音楽と巡りあい!

2008年12月23日 09時06分59秒 | シルバー社交ダンス風景
 師走!先生ならぬダンスは踊る!

12月19日(金)
 午前中はサークルのダンス。夕方からは、歌手北原明氏のムーンフラワー(横浜馬車道)でのショーへ妻と出か「横浜ジルバ」で全員振り付けにもとずき踊る。北原氏は「空港ラストナイト」「西都物語」などを大いに歌い来場者を喜ばせた。時にはペンライトを振っての応援である。最後は三々五々北原明氏を囲んでの記念撮影となった。

12月20日(土)
 午前中はサークルのダンス。午後はダンス仲間が立ち上げたダンスサークルへ参加し仲間内と踊った。皆さん元気!

12月21日(日)
 午前中は私の属するダンスサークルでは会員が一番多い。本年最後のダンスとなるので30分延長して踊りを楽しんだ。毎年その年最後の日には3個入りのクッキーを参加者に配っている。何時もは60人前後の参加者なのでクッキーを80袋用意したが、参加者90人と今年最後にふさわしい参加者数であった。

 夕方から「テンダンス横浜」主催のダンスパーティーに妻と横浜技能会館へ出かけた。競技会を目指す人達のサークルであり我々が日常触れているダンスパーティーとは雰囲気が異なっていた。会員のサンタ帽子をかぶってのフォーメーションがあり優雅にそして綺麗な踊りを堪能した。
 
 またエッ!と思うことに出会った。そのご婦人とは私達面識が合ったがご主人は知らなかった。ところが踊ったあとに「主人です」と紹介されたその男性については私達は十分に承知していた。思わぬめぐり逢いであった。

 抽選会が開催されこれまたビックリしたことが起きた。妻はサントリーの「スパークリングワイン」が当たり、私は「テンダンス横浜」のダンスパーティー券が当たった。

 「テンダンス横浜 第7回ダンスパーティー」の開催は
  日時 平成21年1月24日(土)18:00~20:45
  場所 横浜技能文化会館 2F
  会費 1,000円(飲み物・お菓子付き)

 帰路伊勢佐木町にある「横浜亭」においてワインで乾杯しながら夕食を済ませた。

12月22日(月)
 午前中はフリダンスサークルで思い思いのダンスを楽しみ昼食をともにした。
引き続き午後も別なサークルのフリーダンスを楽しんだ。仲間の中のご婦人が凄いことを達成した。
 社団法人全日本ダンス協会連合会が認定するプロのダンス教師に合格したのである。彼女はゆくゆくはプロとして教えて生きたいとその抱負を語っていた。彼女の強さには恐れ入った次第である。

今日12月23日(火)天皇誕生日
 「年忘れ歌の大行進~さよならコマ劇場~」へ出かける。
 第一部 歌の祭典
 第二部 歌の大響宴
 第三部 ヒットパレード
  開演12.00 全席指定 S席 25列 20番を楽しんでくる。
ここには、ダンス音楽を日本で初めて歌った北原 明氏が出場する。何を歌うかは分からないが「空港ラストナイト」「西都物語」か「横浜ジルバ」を歌うものと思っている。トリは北島三郎氏と聞いている。

12月24日(水)
 ダンスの後にその場所での昼食懇談会が設置されている。

12月26日(金)
 今年最後のダンスサークルでのダンス踊り納めとなる。

 今年もダンスで明けてダンスでくれたと言う感じである。年賀状の投函締め切りは12月25日と周知されている。最後の追い込みにスロー・クイック・クイックと賀状の区切りをつけねばならない師走となった。元気で過せたことは何よりであり感謝!のみである。

 

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故川内康範氏を冒涜する歌手の森進一!

2008年12月20日 07時43分17秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝のTV報道によると、紅白歌合戦で森進一歌手は、「おふくろさん」を歌うに当たって、「もう歌わせない」の原因になったオリジナルせりふを歌の中ではなく歌う前にいれるとの報道があった。

 「おふくろさん」を歌うことは遺族との和解で可能となったが、オリジナルセリフについては不明だが、禁止の原因になったセリフをどのような形にしろ「おふくろさん」を歌うときに入れてはいけない。

 それが故川内氏と生前和解できなかったせめてもの礼儀ではないか。それを入れるという。森氏の人格、常識を疑う。主催者がOKしたとしても次元の異なる問題である。

 森氏オリジナルセリフを「おふくろさんの」のどのような場面でも挿入することはやめるべきである。「おふくろさん」をうたえるだけでもこれを多としてもとのままで歌ってご仏前にささげるのが最もやるべきことである。

 森氏よ絶対に「せりふ」を入れてはいけない。入れようとするあなたの人間としての歌手としての人間性を疑う!絶対にセリフを入れてはいけない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自らの身は顧みず」田母神俊雄著に武士道を見る!

2008年12月19日 07時51分51秒 | 兎に角書きたいの!
 平成20年11月7日付産経新聞によると「浜田靖一防衛相は6日の参院外交防衛委員会で、政府見解と異なる歴史認識を含む論文を公表し航空幕僚長を更迭された田母神俊雄元空将(60)=3日付で定年退職=に対し、退職金の自主返納を求める考えを示した。……」と報道された。

 この記事を読んで変だ!と思った。まるで時代劇に出てくる証文を片手に物を取り上げる方法と全く変わらない。何故にこうまで短期間で退職させ真実に蓋をしたがるのか。お隣の韓国及び中国に配慮したもみ手外交である。

 日本の政治家は本当におかしい!国益と言うものをどのように考えているのだろうか。こんなことをやっているような国に対してどこの国が尊敬してくれるだろうか。強くない国、芯のない国として侮られるだけであろう。

 退職金自主返納!行政府が法律を如何様にも折り曲げて適用とするもので浜田防衛相に落胆した。浜田幸一氏のお子さんだから筋金が入っていると思ったら豆腐だった。自己保身だけの人だった。

 そこで、田母神俊雄著「自らの身を顧みず」と「WILL~田母神論文、どこが悪い!」を購入した。まず私が疑問に思った退職金について田母神氏は、プロローグとして「異例の定年退職人事」と題して触れている。

 その記述には
「 辞令書は三通あった。一枚目は10月31日付で航空幕僚長を解任し航空幕僚監部付とするもの、二枚目は、航空幕僚長解任により定年年齢が62歳から60歳に引き下げられ、すでに私は60歳に達しているため、11月30日まで定年を延長するというもの、そして三枚目は定年延長の期間は11月3日までとするというものであった。そのいずれにも浜田靖一防衛大臣の墨痕鮮やかな署名があった。……」と。

 何故にこうまでして退職させる意味合いがあるのだろう。それはただ一点腰抜けで相手の顔ばかり見て日本国の事より己の保身のためである。といっても今の日本はこれをよしとする勢力が幅を利かせている。

 惜しい人材を日本は失ったものである。田母神氏には是非今度の選挙に出馬して欲しいしそう願っている。YKKKなどとはしやいでいる先生達相手が非難しているところへ一人で行って堂々と議論できますか。田母神氏は中国でそれをやってきている。詳しいことは後程として…

 「自らの身は顧みず」書の構成を紹介したい。

第1章 歴史を捻じ曲げる政治の責任
第2章 国会に参考人として招致されて
第3章 「日本は悪くない」
第4章 不磨の大典となった「村山談話」
第5章 日本の防衛体制のお粗末さ
第6章 精強な自衛隊をどうつくるか
あとがき の構成で246ページにわたっている。

 私はまだ論文を読んではいないが新聞紙上で様々なことが報道され今も社説或いはそれぞれの見解が掲載されている。

 私は論文に全く目を通していなかったが、「退職金の自主返納要求」の記事に接してどうも日本の国はおかしいぞと思った。それに対応が早すぎ拙速である。そうまでして公人から抹殺しなければならない理由は根拠は何なんだ。

 これからじっくりとこれらの本を読んで、今いかに日本は変な状態にあるかを田母神氏の語るところを明示していきたいと思っている。
 頑張ってください田母神氏!将来の日本国のために是非にも立ち上がってください!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ことば遊び

2008年12月18日 08時04分50秒 | 兎に角書きたいの!
 「飛行機がドズンといって落ちました。どこへ落ちたでしょうか?」答えは後ほど。


ある小学生が漢字の次のような漢字分解をして見せた。

 口+口+口+口+大は器になる
 
 千+口は舌になる

 く+く+く+火は災になる

 シ+斉は済になる

 土+反は坂になる

 二+人は夫になる

 子+糸は孫になる

 土+成は城になる

 漢字はとってもおもしろい

 このように一つの漢字を色々分解し遊ぶ発想はとても新鮮に思える。大人でもおや!と思う漢字にぶつかることがある。こんな遊びもおもしろいし漢字の成り立ち意味合いが読み取れておもしろい。

 「言葉は生きている」証拠である。言葉使いは大切にそして慎重に選びたいものである。我々が良く分解した漢字は旧漢字の「恋」である。

 恋いは糸と糸とが言葉によって結ばれそれが心によって「恋」になると。
言葉遊びの「ドスン」の答えは寺。ドスンを漢字で書くと、土(ド)と寸(スン)で寺になるから。

 言葉遊びをして何時時の息抜きをしてみたらどうだろうか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあさん

2008年12月17日 07時46分46秒 | 兎に角書きたいの!
     おかあさん

  おかあさんは
  どこでもふわふわ

  ほっぺは ぷにょぷにょ
  ふくらはぎは ぽょぽょ
  ふとももは ぽょん
  うでは もちもち
  おなかは 小人さんが
  トランポリンをしたら
  とおくへとんでいくくらい
  はずんでいる
  おかあさんは
  とってもやわらかい
  ぼくがさわったら
  あたたかい 気もちいい
  ベッドになってくれる

 この詩は、今年4月母親に殺害された西山拓海君小学校4年(9歳)が死亡する6ケ月前に詠んだ歌である。なんとも哀しい事件であった。育児ノイローゼでしばしばこのような事件が報道される。強く生きていただきたいと願うばかりである。ふとこの詩がよみがえったので掲載した。

 


  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼻歌が自然に!

2008年12月16日 07時54分20秒 | 兎に角書きたいの!
 鼻歌が好きな人、鼻歌が自然に出る人、出ない人様々である。女優であり歌手である今井美樹さんは鼻歌が大好きだと言う。鼻歌みたいな歌唱法と言われているのが14歳の成海璃子のCM[ダン、ダン、ダダンダン♪地球人にお知らせです♪」である。

 一方「鼻歌女王」と言われている相武紗季は、「ミスタードーナツ」「オートバックス」「JAL先得割引」などのCMで鼻歌を口ずさんでいる。

 私の最愛の身近な人もこの鼻歌名人で朝起きて直ぐに聞こえてくる。今は勤めの合間に友達数人と月2回「フラワーアレジメント」教室に通っている。作品が自分の思うように仕上がってくると何処からともなく鼻歌が聞こえてくるそうだ。仲間内では有名となり鼻歌が聞こえてくるとうまく仕上がっているんだなと分かるそうだ。

 先日も鼻歌が聞こえてきてホラホラ歌っているわよと友達が。本人は無意識の内に口から出ているので人に言われるまで気がつかないそうだ。その日の作品は先生から100点満点と褒められたという。仲間内からは「ハミング奥さん」と言われているとのこと。ダンスでも好きな曲だと鼻歌が出ているようだ。

 人には心地よいときには自然にメロディーが口から出る。私は決まって「城ヶ島の雨」のメロディーが何かのときに出てくる。50年ほど前に始めて城ヶ島を訪れその島の印象が強烈だったのだと思う。


       城ヶ島の雨

 雨はふるふる 城ヶ島の磯に
 利休鼠の 雨が降る

 雨は真珠か 夜明けの霧か
 それともわたしの 忍び泣き

 舟はゆくゆく 通り矢のはなを
 濡れて帆上げた ぬしの舟

 ええ 舟は櫓でやる
 櫓は唄でやる
 唄は船頭さんの 心意気

 雨はふるふる 日はうす曇る
 舟はゆくゆく 帆がかすむ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暦のいたずら?9連休!

2008年12月15日 07時55分50秒 | 兎に角書きたいの!
今年も余すところあと16日である。カレンダーには気がつかないことが印字されている。
 今日15日…世田谷ボロ市
   16日…暦を買う
   17日…浅草羽子板市
   18日…納めの観音
   19日…賀状書く
   20日…柚子湯
   21日…冬至
   22日…年忘れ
   23日…天皇誕生日
   24日…クリスマスイブ
   25日…終い天神
   26日…年用意
   27日…〆飾る
   28日…御用納め
   29日…もちつき
   30日…大祓
   31日…年越

 人はそれぞれ色々な思い持ちながらこの年を過していくのだろう。今年を一文字で表現すると「変」がふさわしいと報道されている。人生変化が無ければおもしろくないが社会の変化、自然現象の変化など個人ではどうしようもない変化には苦しみもあれば楽しみもあるが、今年は苦しみの「変」である。

 そのようなことを思いながらカレンダーを眺めているとアレ~と変なことに気がついた。恩恵を受けるのは公務員であるが、27日は土曜日で休みそして御用始の4日は日曜日である。

 とすると27日~4日までお休み。まさに黄金の暦9連休となる。この長いお休みの間に世の中に何か変革が起こるだろうか。今は、目の前のことに追われ考える暇も無いかもしれない方々が多勢であろう。良い変革に潮目が変わればいいがとカレンダーを見ながら私は思っている。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

タバコは増税より怖い「タスポ」!

2008年12月13日 08時04分54秒 | 兎に角書きたいの!
 今般、タバコ増税が見送られた。喫煙経験者から言うとタバコは1000円でも良いと思っている。そうなると喫煙者も対抗策をとるだろう。

 ただ、タバコは、健康、環境、税収、生業などなどに大きな影響がある。ここではタバコ小売を生業とすることについて触れたい。

 それは「タスポ」(成人識別ICカード)導入による影響である。知り合いの方は、7月にこの方式が施行されるまでのタバコ販売は自販機で十分にその生業が成り立っていた。

 ところが「タスポ」が導入された以降の売上げは大激減である。因みに、導入前の売上額に比して二分の一以下となった。これは一過性の現象かなと思っていたらその状況は導入後5ケ月経過した今も続いている。

 売り上げ減少に伴い、このご婦人の対抗策として「相対販売」を行うためにお店を開けるようになった。店舗と住まいは離れており毎日通っているんですよ!聞いてください!ころぶ危険もあるのに。

 この方は、98歳になるご婦人である。98歳ですよ!タスポ導入はこのような高齢者をいじめる結果となっている。98歳で介護保険料も納入している。この現状を皆さんは何と考えるだろうか。

 周りの人に聞いてもタスポを持たない人が居る。その人達はスーパーなどで纏め買いをしているのである。タスポ使用は面倒くさいと言いながら。

 98歳にもなる高齢者を働かせる結果となった。この方は元気でタバコの仕入れ、決済など自分で行っている。しかし、98歳にもなる高齢者を働かせる結果となった「タスポ」導入で今どんな効果を挙げているのだろうか。未成年者の喫煙が激減したとでも言うのだろうか。喫煙室を設置している高校もある現状である。
 タスポ導入の未成年者喫煙防止は表看板で裏で色々な利権とつながっているのではないかと疑いたくなる。

 98歳になるご婦人が自動販売機を開閉して在庫を調べ窓口でお客さんにタバコを売る姿を見ると、凄い!と思いながらも組織力の無い人達は声にも出さずもくもくと働いている。

 タバコの増税を図り歳入を確保し「タスポ」が廃止されることを希望する。人に優しい…と政治家はよく言うが口先だけ。人の揚げ足はせっせと励むがパフォーマンスばかり!

 この怒りを何処へ突き出したらいいのだろう!98歳になるご婦人も不満は沢山あって怒りを表している。だけどその行き場が無い!
 これを救うのは政治家であることを改めて声を大にして叫びたい!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加