いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

思いやり解決は将来に禍根を残す

2008年02月29日 07時59分59秒 | 兎に角書きたいの!
 2月29日日刊紙よると「中国製ギョーザによる中国事件で、中国公安省は28日、問題の殺虫剤メタミドスが、中国内で混入された可能性は極めて低いと断定し、明言は避けつつ日本国内で混入した可能性を示唆した。さらに、捜査協力をめぐっても、日本側の対応を批判した。……」とある。
 このような結果については、民間会社が問題となっている食品を中国に譲渡した時点から私はいやな予感を持っていた。
 外交による解決事件での対応は、日本は情緒的解決を得意としている。国益よりもその場の雰囲気、相手を思いやっての解決で本当に事件は解決しただろうか。
 例えば、金大中事件、教科書問題、慰安婦問題そして米軍への思いやり予算などとその場をしのごうとする日本のとった態度からその後に大きな問題事件となってきている。
 今回のギョウザ問題も北京オリンピックを迎えようとしている中国にとってはマイナスイメージである。日本も総合的に物事を捉え問題の解決に向かう心構えが欲しい。今回も決して相手を思いやりうやむや解決を図ってはならない。思いやりが逆手に取られる可能性を秘めている。
 戦いをしようとすれば、弾薬の物理的攻撃だけではないことを今回の食中毒事件は日本に目を開けと神からの警告だと思っている。
 食料による殺傷、韓国から不法投棄されたポリが一万個以上日本海側に漂流し中国のごみも漂流している。例えば、このポリに劇薬が詰め込まれていたらと思うとゾットする。
 国家にとって最も重要な任務を負う自衛隊のイージス艦「あたご」が漁船「清徳丸」に衝突した事故後の防衛省の対応不安が募る。国家としての視点が欠けているような気がする。特に外交においてや!
 相手をおもんばかる日本の美点は、こと外交に関しての最大の弱点になっている。食中毒事件の真相解明に日本として最大の努力をし、国民に安心感を与えて欲しい。
 安心は、福田総理の最大の関心ごとであるはずだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻の大好きな詩

2008年02月28日 07時55分14秒 | 兎に角書きたいの!
 
   時の子守唄

 あなたがいつか大人になって
 この家を出てゆく そんな日がきても
 愛する人に めぐり逢ったら
 その人と離れずに ついてゆくのよ
 あどけない その寝顔
 どんな夢 みてるのかしら
 時よ この子を 守ってください

 あなたがもしも悲しい愛で
 傷ついて泣いていたら 帰ってくるのよ
 たとえ遠くで 暮らしていても
 この家はあなたの 生まれたところ
 頬よせる 手のひらで
 どんな夢 つかむのかしら
 時よ この子を 守って下さい

 あどけない その寝顔
 どんな夢 見てるのかしら
 時よ この子を 守って下さい  
  (作詞:荒木とよひき・作曲:三木たかし・編曲:石川鷹彦)イルカが歌う。

 数年前からキッチンのよく見える場所にこの歌詞が置かれている。気にはなっていたが特に妻に聞くことは無かった。
 今朝、何気なくこのことを聞いてみた。うん!私この詩の内容が大好きなの。と言う。
 何でと更に聞いてみた。この詩を見ると娘たちを思い出すと言う。長女は結婚して2年足らずでこの世から姿を消してしまった。次女は、女・男の子持ちで毎日元気に朗らかに生活を送っている。孫たちの様子は、毎日コメントつき写真が送られている。送られてくるのが夫婦の楽しみの一つであり、今日はと妻に催促されてパソコンの前に座る。
 息子は4人の子持ちで3人が男の子。3人ともサッカーチームに所属し日曜日、土曜日は家族全員で出かけている。
 
 子供は幾つになっても子供である。母心を垣間見た妻の返答であった。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの大統領はオバマ氏なのかクリント女史なのか?

2008年02月27日 09時11分50秒 | 兎に角書きたいの!
 アメリカ大統領の選出にあたって1年の長期間にわたって選挙活動が行われている。日本のマスコミはこの報道に当たって、何票勝っている、負けている、いい勝負だなどとまるで競馬などの賭け事の予想のような報道をしている。この報道に接する限りアメリカ大統領に選出されるのは、オバマ氏かクリントン女史かのようである。
 国民が知りたいのは、まず共和党なのか民主党なのか、どちらが日本の国益に沿っているのか。共和党の政策、民主党の政策それぞれ、日本にとってどのような影響が予想されるのかなどなどの報道はほとんど見られない。マスコミはアメリカの大統領予備選報道を通じてどのような事柄を国民に伝えていこうとしているのか。
 共和党に関する報道はほとんど見られない。候補者がほぼ確定しているからか。何故、主張している政策を報じ分析しないのか。どちらが日本の国益に合致した政党なのか。以前、日本はクリントン大統領に煮え湯を飲まされている。
 日本のマスコミにお願いしたい。勝った負けただけの芸能的報道姿勢を改めて地に着いた日本のための報道をお願いしたい。
 少なくとも、両党が掲げる政策の列挙、マスコミが民主党の候補者選報道にこれほど熱心ならば、オバマ氏とクリントン女史の政策を列挙し日本への影響を教示願いたい。
 3月4日の民主党の予備選は、オハイオ、テキサス、バーモンド、ロードアイランドの4州で行われる。ここで民主党の大統領候補選はほぼ決着するようだ。
 この時に、日本のマスコミはどのような報道をするのだろうか。勝った負けた、優勢劣勢だけの報道で済ませるつもりだろうか。
 日本の国益の視点から大統領選を分析し国民に知らせる報道が見当たらないのが、私にとってはとても物足りない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車椅子を獲得しよう!

2008年02月26日 08時47分38秒 | 兎に角書きたいの!
 私たちダンスサークルはレッスン会場確保に毎月東奔西走である。会場の多くは、地区ケアプラザ、コミニティー、フオーラム、私設などを活用している。私たちが月に2回使用させて頂いている「睦ケアプラザ」がある。
 その施設の入り口にある談話室に、作品展があり手作りの物が販売されている。その部屋の片隅に。
 プリタブ・アルミ缶で車椅子を!の張り紙がある。その傍らにプリタブを入れるガラス容器、ペットボトルの蓋を入れる容器、使用済み切手を集める容器が置いてある。
 「プリタブ」と言われてもよく分からず現物を見て初めて納得する。要は、缶ビールを飲むときに取っ手を引っ張って飲み口をあけるあの取っ手である。その張り紙には

「環境公害防止連絡協議会から車椅子が贈られます。プリタブ160万個が、アルミ資源800kgに相当する。800kgでアルミ製車椅子1台と交換できる」と説明されている。
 プリタブを集めると何かがあるとは聞いていたが具体的に知ったのはこの睦ケアプラザでである。
 今までも子供たちに依頼して集めていたのをダンス仲間に手渡していたが、今回は袋いっぱいを「睦ケアプラザ」へ持参した。容器には入りきれないので職員の方に手渡した。
 我々高齢者でも社会福祉の手助けをする方法は幾らでもあるようだ。私もその気になって、「プリタブ」「ペットボトルの蓋」「使用済み切手」等を集め「車椅子の獲得」に役立ち、仲間たちにその趣旨を話し理解者、協力者の増加に努めたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の総理大臣はこうありたい!

2008年02月25日 07時47分51秒 | 兎に角書きたいの!
 「多くの戦没者の方々に敬意と哀悼の誠をささげるために私は靖国神社に参拝してきた。もし多くの国民が私の靖国参拝を批判するならば、そのような国民の総理大臣になっていたいと思わない。中国政府は将来『なんと大人げない恥ずかしいことをしたのか』と後悔する時がくる」

 これは、2月22日東京都八王子市内での講演に先立ち来場者に配られた1枚の紙にこのような小泉純一郎元首相の信条が記されていた。と日刊紙は報じている。
 個人と個人、家と家、隣と隣と言った交流ですまないのが国と国との交流である。相手国が喜ぶようなことをするのが外交ではない。国民のための日本国のための外交を信念を持って遂行してもらいたい。ただその場を和ませる笑顔などはいらない。何の策略もないただの国なのか日本は!これでいいのか日本は!
 志ある若い政治家の奮闘を期待したい!それを成し遂げることが出来る国なのだから!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物事のとらえ方で!

2008年02月24日 07時36分01秒 | 兎に角書きたいの!
 我が家の暖房は16畳のところに、冷暖房機、一畳ほどの掘りごたつ、ガスフアンヒーター、ホカホカカーペットを使用している。暖のとり方は、その生活の状態、居場所によってそれぞれを活用している。
 今朝起きて掘りごたつの電源を入れようとしたら片方の電源が入れっぱなしであった。
 このことを妻に告げたら「あらー 暖かくていいわー!」と和やかな返事が返ってきた。私は「あぶないなー、電気がもったいない」と考えていた。しかし、妻のこの一言でふにゃーとなって、朝を迎えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲良しのメジロ

2008年02月22日 07時45分36秒 | 兎に角書きたいの!
 毎朝ミカンをめがけて小鳥がやってくる。名前の知らない小鳥もいるがお馴染みのメジロは毎日やってくる。ミカンをついばむ様子を見ていると自然と心が和んでくる。私たちの朝食時の風景である。
 その中に夫婦と思われるメジロがいる。枝に止まった姿はまるでお餅がくっいた状態で一体となっている。寄り添うと言うものではない、一つの饅頭のようにみえる二羽の姿は本当にむつまじい。自然に見えるから尚美しい。

 黄色い鳥のいる風景

 とりがいるから
 そらがある
 そらがあるから
 ふうせんがある
 ふうせんがあるから
 こどもがはしっている
 こどもがはしっているから
 わらいがある
 わらいがあるから
 かなしみがある
 いのりがある
 ひざまずくじめんがある 
 じめんがあるから
 みずがながれていて
 きのうときようがある
 きいろいとりがいるから
 すべてのいろとかたちとうごき 
 せかいがある

       谷川俊太郎作詩

 
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二月の言葉

2008年02月21日 07時39分34秒 | 心に留めた言葉
 
 人の一生は
 生まれてから死ぬまでの、
 永い旅の記録である。
 一日一日がかけがえのない、
 尊い旅の記録である。

 10年ほど前にビルの屋上にある小屋で修行していた彼は今、自宅の塀にこのような言葉を掲げ立派な僧侶として努めている。
 人間は何事もやる気と目的意志と強い信念を持ってまい進することが必要であることを成長を遂げている彼に面談して、己の人生の励みとしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マナー違反!

2008年02月19日 07時45分42秒 | 兎に角書きたいの!
 先日の新橋演舞場でのこと、演劇も終わり近くなり最高の盛り上がりを見せていたそのときに私たちの席の近くに立った女性係員が花道の内側にいる人に向かって声をかけている。どうやら写真を撮ったようである。女性係員は男性に向かってカメラを預からせてくださいと叫んでいる。
 開場前にも休憩時間にもマイクでそして女性係員が携帯の電源切り、カメラ撮影の禁止を伝えていた。その違反者は中年の男性であった。誠に情けない。
 折角最後の余韻に浸っている中を女性係員の姿、声にさえぎられて、芝居の最後をゆったりとした気分の余韻を残しての夢を破られてしまった。誠に残念だった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わらしべ夫婦双六旅

2008年02月18日 08時03分02秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、妻と新橋演舞場へ出かけた。お目当ては、中村勘三郎と藤山直美である。このお二人が出演した「ヨイショ!の神様」「殿のちょんまげを切る女」沢田研二と共演の「桂春団治」そして今回の「わらしべ夫婦双六旅」である。
 中村勘三郎と藤山直美の夫婦出演は年一回である。お二人の息がぴったりの演技に酔いしれる。特に、藤山直美の演技には、笑いあり涙ありで場内の目は舞台に集中しおどけた笑いの所作に場内は大爆笑である。着物姿のお辞儀の姿が見事で惚れ惚れとする姿態である。
 今回は奮発して花道のそばの席で観劇した。花道の側での観劇は今回が初めてで、驚いたことに花道にせり舞台がある。その横に席を取ったので役者の顔も真ん前でリアルな観劇を楽しむことが出来た。
 双六のルーツは、紀元前3200年頃、現イラク周辺にあったウル第1王朝にまで遡ると言われている。日本へは5世紀頃にシルクロードを通じて伝えられたと言われている。
 わらしべ夫婦にあやかり私たちもゆったりと芝居を楽しみ日本のよさを改めて身にしみた次第である。

 女房を売り飛ばしても出世したい男
 亭主を殺してでも独り占めしたい女…
 そんな夫婦がサイコロ振って、
 あっちえこっちえ、二転三転、浮いて沈んでまた浮いて、
 だましだまされ、出会って別れてまた出会う…
 さてさて、アガリはいかように…?
大正時代の物語である。
 つくつくどん!
  極楽?地獄?サイコロまかせ!
  2月新橋演舞場は、
  涙と笑いの人生すごろく!
2月1日から25日までの公演である。なお、上島竜兵氏が特別出演し「くるりんパ!」とやっていた。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のバレンタインデー

2008年02月15日 08時36分57秒 | 兎に角書きたいの!
 今年の私のバレンタインデーは昨年と変わらないが一つだけ違った。今年のチョコレートは四個。妻からとダンス仲間の方からそして郵送でとの3個。残りの一つは、今年携帯の機種を変更したお店からであった。変更した機種に「バレンタインデーにご来店頂いたお客様に、日ごろの感謝をこめて…チヨコレートをプレゼントいたします」とあったのでそのお店に出かけ袋に入ったチョコレートを頂いた。その袋には「ご来店ありがとうございます」との添え書きがあった。
 数は少ないが豪華なチョコレート、愛情のこもったハート形チョコレートケーキにめぐり合いこれを写真に収め満足している。旧約聖書のなかに次のような言葉がある。
 「贈り物をすれば人の前途は開け、えらい人の前に彼を導く」
 「ひそかに贈り物をしておけば怒りはなだめられ、賄賂をふところに入れてやれ  ば激怒も静まる」
そう言えば徒然草に、よき友に三つあり。一つには、物くるる友。二つには医師。三つには、知恵ある友。の文言がある。
 贈り物は人間関係を潤滑にし人生のいろいろな場面での処し方を教えてくれくれる味のある言葉である。
 今年の特上は、孫娘からの「ハッピーバレンタイン!愛ちゃんの熱いキスをどうぞ!」と写真付きメールが送られてきたことである。口を尖がらせた孫娘の顔写真が!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いさかいのあとで妻に

2008年02月14日 08時37分01秒 | 心に留めた言葉
 
 もしも私がただしいのならそれこそ
 あなたもまた正しいことの証しだと 
 いさかいのあとで
 自分にもあなたにも何ひとつ望まずに
 そう思ったその時の気持ちは祈りに似ていた
 あなたが米をといでくれるのなら
 私は皿を洗おう
 そんな面白くも可笑しくもないことで
 一日が暮れてゆくのだとしても
 人の思いにはかかわりなくいつの世にも
 男と女に未来がありその未来から
 私たちもまた生まれてきたのだ
 もったいないことだと思わないか
 花の木の影が地面に落ちて
 子等は犬を追って林を駆けている
 いさかいにもむつみあいにもある深い闇を
 手さぐりで進むほかないのだが私の手は
 いつもあなたの柔らかい下腹に触れていて
 世界はそこからおぼろげに形を成してゆく

      谷川俊太郎作詩


       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金の魚

2008年02月12日 07時50分24秒 | 心に留めた言葉
 
 おおきなさかなはおおきなくちで
 ちゅうくらいのさかなをたべ
 ちゅくらいのさかなは
 ちいさいさかなをたべ
 もっとちいさな
 さかなをたべ
 いのちはいのちをいけにえとして
 ひかりかがやく
 しあわせはふしあわせをやしないとして
 はなひらく
 どんなよろこびのふかいうみにも
 ひとつぶのなみだが
 とけていないということはない

      谷川俊太郎作詩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能天気な日本!

2008年02月11日 10時21分13秒 | 兎に角書きたいの!
 2月10日付産経新聞の報道によるとギョーザ問題で「中国側に在庫供出」の一面見出しである。その記事によると
「中国製ギヨーザ中毒事件をめぐり、千葉県内で健康被害を起したものと同じ製造日の冷凍ギヨーザを日本生活協同組合連合会が検査を行わないまま、来日した中国調査団に譲渡していたことが9日、分かった。同製品は捜査当局が今後の証拠になる可能性もあるとして、輸入元のジェイティフーズ(東京都品川区)に保管を要請したものだった」
 また「千葉県県警が日本生協連に該当ギョーザの厳重保管を要請していたことが10日、わかった」とも報道されている。
 食の安全が問われている日本、安全を標榜する政府、どのような対策を採っているのだろうか。証拠物件を無条件で手渡すなど考えられないこと。国と国の問題であるのにもかかわらず日本政府は国民に何のメッセージも出さない。一体日本という国はどうなっているのだろうか。
 本来であれば自然災害に対する対策と同様な災害本部を設置して国としての明確な姿勢を国民に示さねばならない。それが、国の基本的外交に、いち民間企業がやすやすと外国と交渉している。これに対し日本政府は何の意思表示もしない。
 あきれてものが言えない。どうした日本!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農薬ギョウザ

2008年02月06日 15時12分18秒 | 兎に角書きたいの!
 中国から輸入されたギョウザが大問題になっている。今日はまた、以前のものとは違う有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出されたとの報道があった。この「ジクロルボス」は、茶や桑などの農薬のほか、ゴキブリやハエなど一般家庭の殺虫剤としても使用されている。このジクロボスは日本国内でも中国でも一般的に入手可能なものと報道されている。
 一方、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は、日本国内で一般的に入手可能なのか製造されているのか今までの報道では私は分からなかった。今日の専門家によるTV報道によれば日本では製造されていないと言う。とするならば、もう少し地に着いた報道が望まれる。
 これまでの報道によれば、袋に穴が開いていたとか袋がべとついたとかの事例を報道している。そうなると中国で注入されたのか日本で注入されたのかその問題点が消費者には分からない。
 今朝専門家が言うように検出された「メタミドホス」殺虫剤が日本で取り扱われていないならば、その旨をはっきりさせて報道すべきである。
 食料戦争勃発か!日本はこの事態にどのような対策、防御を図るのか。もう少し地に着いた報道そして政府もこの問題に対しての日本としての認識を強く押し出すべきと考える。
 いずれにしても有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は、日本国内に流通しているのか、製造されているのか、その点を明確に消費者に知らせるべきである。そうすれば、世論をミスリードすることはないであろう。ただ怖い、買わない、食べない、回収します等では何の解決策にもならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加