いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

注目議員は落選したけれど!

2007年07月30日 10時57分11秒 | 兎に角書きたいの!
 30日、参議院選挙の投票結果がほぼ判明した。自民党がこんなに大敗してしまっては、注目議員の当落はあまり問題ではなくなったが同じ自民党内にいてこんな発言、思いをもっ議員を私は許せなかったので兎に角書いてみる。

 高知選挙区の田村公平候補(元政務次官・自民党・公明党)は、7月16日にこう発言している。
 「絵に描いた(安倍首相の掲げる)『美しい国』で応援にこられて適当なことを言われたら、バカにされたような気がする」と痛烈に批判したとの報道であった。

 私は、この発言を見て読んで何ということか。これが国会に立つ方の信条なのか。いや違うだろう己の名誉欲で国会議員になろうとする姿勢だろう。
 選挙結果は。
   当選166220票 武内則男 民新
   次点154104票 田村公平 自前・公 であった。
 自民党がこの様に大敗するとは思わず、そこそこの敗北と思っていた。その、そこそこの敗北と思っていた私は、もしこの人が当選したら自民党はダメだなと言う思いがあった。結果は自民党の大敗で私の展望を述べる基盤を失っしまった。

 それにしても安倍内閣の大臣の発言はお粗末と言うほかはなく、安倍総理に人を見る目が無かったからなのだろうか。
 ・佐田玄一郎 前行革大臣  「架空の政治団体の事務所経費問題」
 ・柳沢伯夫  厚生労働大臣 「女性は生む機械・装置発言」
 ・松岡利勝 前農林水産大臣 「ナントカ還元水」発言の事務所経費問題・自殺
 ・久間章生  前防衛大臣  「原爆投下に『しようがない』発言問題」
 ・赤城徳彦  農林水産大臣 「政治とカネを巡る問題・二重計上の疑い」
そのほかの発言を見ても例えば
 ・7月29日投票日では夏休みに突入してしまい、政治に関心のない人たちに行き届かない政治になる。
 ・参院は首相官邸の人気とりの道具ではない。
 ・アルツハイマーの人でも分かる
 ・自殺した大臣の事務所費について「芸者の花代に使った」などなど取り上げたらきりが無いが、この発言はいずれも自民党議員によるものである。
 加えて、「5000万件にも及ぶ年金記録紛失」問題は、決定的な自民離れであった。そして、「改正政治資金規則法」も領収書添付は、5万円以上とした庶民感覚からずれた判断誤りも大きい。国へ税金を納めるためには、支出が1円であっても領収書の保管を求められている。いわんや、それを手数がかかるとか情報が漏れるとか自己防衛のための論理でこの改正法を成立させたことに政府の自民党の国を良くしていこうという覚悟が全く見えてこなかった。
 自民党参議院のドンと言われている、青木幹雄参議院員会長・片山虎之助参議院幹事長の存在は、古い体質の自民党を代表しているようなものである。

 今回の選挙結果から国内問題については、細かい議論が推し進められ民主党が掲げる開かれた政治を推進していくことになるだろ。その面ではよしとするが、日本の国外に対する対応が心配である。
 現に、北朝鮮メディアは、日本の首相退陣を求める論評を出している。今後、日本の国益を見据えた外交が展開されていくだろうか。民主党が真に二大政党として対峙できる責任ある政党であればこの様な思いもあまり重く考えなくてもよかろ。
 いずれにしても、今回の選挙でこの様な選択をした国民は、これから起こるであろう様々な問題を甘受しなければならない。
 民主党の国防問題そして外交問題については、党内の動向伺いの姿勢である限り決して日本を良い国に導いていくことはできないだろう。そこのところに民主党に対する歯がゆさがある。観念論に取り付かれている限り、日本の政治はよくならない。
 今後は、政治の成り行きを見守ってゆきたい。今回の選挙結果が、今後凶とでるか吉とでるか。

 「どの党に投票するか、もう決めてますか」
 「うん決めているよ。いつも後で後悔するんやけどな」

 風の吹くままに投票!とは言わないが、この選挙結果が、政策や外交をたな晒しにしないような国会運営を私は願っている。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる当選可否の議員!

2007年07月29日 07時37分32秒 | 兎に角書きたいの!
 7月29日。今日は参議院議員通常選挙の投票日である。私はダンスパーティーの帰りに投票場へ赴く。
 この選挙で注目している議員がいる。私の選挙区ではないが気になるのである。私は、この人が当選するかどうかでこの国の行く先が見えてくると思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミの抜け殻

2007年07月28日 16時00分25秒 | 兎に角書きたいの!
 家の桜の木を塀をダメにするので伐採したのは5年ほど前だろうか。今朝起きて桃の木の葉っぱを眺めていたところ茶色ものが目に留まった。よくよく見てみるとアブラ蝉の抜け殻だった。
 私はセミの鳴き声を聞くのが大好きだ。真剣にそして情熱的な雰囲気を持つ鳴き声に勇気が湧き出てくる。
 桜の木を伐採してしまったのに、セミが出てくるなんて不思議!桜の木ではなくほかの気から出てきたのかな。喜びの朝だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人で笑っちゃいました!

2007年07月26日 21時37分21秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日は午後からダンスレッスン。随分と暑く30度越えているかなといった感じでした。出かけるための身支度をして帽子をかぶり靴に足を入れようとしたところで、アレー何か変だなと思って下を見るとステテコのままで肝心のズボンをはいていなかった。これに気がつき、変だけど一人で笑っちゃった。
 このことを夕食時妻に話したところ、大きな反響が返ってきた。

 当初は大きな声で笑われてしまったが
  イヤー モー これ 終わりだね!
  信じられない! フぇー
  そこまで来ちゃったの!
  だけど、自転車だからまさかステテコのままでは行かないわよね。行ったら
  それこそ大変だわ!本物になっちやうもの。……
と言いながら大笑いされた。

 危ない! 危ない! 気よ付けよー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出産まじかの娘は自転車でスイスイ!

2007年07月26日 07時47分52秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、娘が定期健診のため夫婦で孫娘の面倒見のために出かけた。国立生育医療センターは乳幼児が沢山おりお母さん方それぞれに子どもの面倒に奔走していた。孫娘は2歳2月で落ちゃ目たっぷりだがお母さん子である。室内の広場で遊んでいてもママの姿をチョッとでも見ようものならママーママーと飛んでいく。胎児は2,700グラム超で健康状態にあるとの診断結果に一安心。
 今日は孫娘を十分に遊ばせることが出来て1時間半後にママと出会い抱かれてニコニコ。
 病院の食堂で昼食。卵つきのスパゲッティーが大好きでスプーンとホークそして手を上手に使って満足顔。
 子どもを遊ばせるには相当のエネルギーが必要で何もしていないのに疲れる。
8月中旬が出産予定日だが、チョッとのお使いに孫娘を自転車の前にチャイルドシート風を備え付け前の席に乗せ娘はスイスイと出かけていく。電動だからとは言うが、出産まじかの体で出かけてゆく。女性は強い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

方丈記の受講

2007年07月24日 18時47分04秒 | 兎に角書きたいの!
 今日、7月24日を含めて5回、永田地区センターにおいて古典方丈記の講習が始まった。受講者は38名内男子6名である。

 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらじ。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例なし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

 で講義が始まった。講師は、元中学校校長西尾 實氏で講義は聞かせる話をされこれからが楽しみである。
講義は全員で声を出して読む方式をとっており古典は、この方法が良いと先生輪言われる。三大随筆の一つ方丈記は400字詰め原稿用紙で24枚程度であり是非音読をお勧めしますと。
 午後からは神奈川婦人会館で「平家物語」の講習で眠気が誘う時間帯に苦労したが後半は先生の声が良く耳に入ってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万福寺の腰越状

2007年07月24日 08時03分13秒 | 兎に角書きたいの!
 先日、鎌倉市腰越にある「満福寺」を訪れた。義経ゆかりの寺として紹介されているここは、寺を上る階段の側を江ノ電は走っている。この満福寺は、義経の「腰越状」と「鎌倉彫」が有名である。
 腰越状は、頼朝の腹心大江広元にあてたのが世に言う腰越状である。その要旨

        この気持ち、頼朝公に伝えて
 わたしは鎌倉殿(頼朝)の代官のひとりに選ばれ、天皇の使いとなって戦い、平家に倒された父(義朝)の恥をそそぎました。鎌倉殿からは、褒美がいただけるに違いないと思っておりましたのに、逆に、あらぬ告げ口によってお叱りをうけ、血がにじむほどの、くやし涙をこの腰越の地で流しています。
 頼朝公の慈しみ深いお顔を拝することも長くかなわず、もはや兄弟とはいえないのも同じです。どうして、こんな不幸なことになったのでしょう。
 わたくしは平家を滅ぼすこと、父に安らかに眠っていただくこと以外、なんの野望もありませんでした。朝廷から武将としては最も高い位の五位ノ尉に任命されたのは、源氏の名誉でもあるはずです。なのに、こんなにお怒りになるとは。神仏に誓って偽りは申し上げませんとお手紙を差し上げても許してはいただけませんでした。
 あなたのお情けで、なんとかこの気持ちを頼朝公に伝えてはいただけないでしょうか。許された暁には、ご恩は生涯、忘れはしません。

 説明には、「義経は弘元に兄との仲介役を依頼したが、人選もまずかったのか、結局、願いかなわず……」とある。
 満福寺にある義経にかかわる鎌倉彫がまた素晴らしいもので、一度は見たいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

95歳の母親をホームに置き去り?

2007年07月22日 18時57分06秒 | 兎に角書きたいの!
 7月21日、入場券を購入して横浜駅東海道線下り6番ホームへ赴いた。横浜ー国府津開通120年を記念して、崎陽軒の「シウマイ娘」が昔ながらのシウマイ」を駅弁立ち売りするとのことで午後2時に行って見たが3時から始まるとのことで時間をつぶすことにした。
 とりあえず、階段を降りて通路に出たところ、見慣れた人が人待ち顔で立っていた。日頃お付き合いしている95歳のお母さんが杖を持って心配顔に見えた。近寄って尋ねると、娘を待っていると言う。これから湯河原へ一泊の温泉旅行だというが待っても娘が来ない。村海岸から来る娘に何かあったか心配だと。
 まず娘さんのところの電話番号を聞き出した。驚いたことだが10桁の電話番号を口ずさみそこへ電話を入れたところお孫さんが応答した。6番線の7番にいるからお母さんにその旨連絡して欲しいと連絡して5分待ったが顔を見せない。再度連絡したところ先に電車に乗ってしまったかもしれないとのことで20分ほど待ったところ階段したからのぼってくる娘さんの顔が見えた。
 尋ねると、先に電車に乗り大船から引き返してきたとのことであった。2時49分の下り電車に親子で乗車した。
 3時からの「シウマイ娘」3人にあい私が真ん中に入り4人の記念写真を撮った。昔のシュウマイ400円を購入して、不思議な思い出横浜駅を後にした。
 95歳になるお母さんは、お土産を持って22日の夕方元気に来宅された。元気は何より!しゃきしゃきとした声でお礼を言いながら帰られた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミの鳴き声

2007年07月21日 08時38分14秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、今年になって初めて自宅近くでアブラゼミの鳴き声を聞いた。そろそろ梅雨明けだろうか。
 アメリカではセミの当たり年らしい。アメリカで周期的に大発生するセミは、13年や17年で羽化するそうだ。そして、イリノイ州などでは、5月半ばから「17年セミ」の羽化が相次ぎ、今年は最終的には70億匹に達すると言われている。大きな数字を聞かされてもピントこない。日本のセミはどのくらいの数が羽化しているのだろうか。知りたいものである。
 日本で命の短さの象徴となるセミが、中国では、地中から現れ、殻を破って姿を変えることから、再生と不死の象徴になつているそうだ。
 今年は庭のどの地点から這い出してくるだろうか。楽しみだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江ノ電は行く

2007年07月20日 08時01分13秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、藤沢へ行った帰りに「のりおりくん(乗り降り自由の一日乗車券580円)を購入して終点鎌倉へ向かった。江ノ島駅で降り腰越まで散策し「満福寺」で義経の腰越状に接した。この「腰越状」の概要を後日記してみたい。
 そして、極楽寺へ茂みの中今年初めてのニイニイゼミの声、と思ったら別な方向からひぐらしの声、又鶯の声が心休まる地帯である。
 極楽寺内には、250年の百日紅の木がピンクの花持ち出している。また、一枝に八重と一重とが混じって淡紅色の極めて美しい桜で一名「お車返し」とも言われ4月の初旬に開花すると庭師が話してくれた。そこから鎌倉まで徒歩で行ったが道中色々と面白いものに遭遇した、300年続くお饅頭やサン、道路の橋に墓(一基あり)が、井戸が、源氏平家の謂れの地が……
 鎌倉は徒歩の町である。時間を見つけて家内とゆっくりと散策したいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の葛藤!悪い虫と良い虫

2007年07月14日 09時01分41秒 | 兎に角書きたいの!
 先日、あるダンス会場でのこと。会場の隣は、解放的な広間となっておりダンスの休憩時間にはその広間で雑談、飲食しながらのひと時を過ごす。また図書も書棚に並べられ自由に閲覧することが出来る。
 椅子に座りながら書棚を眺めていると1冊の本に目が留まり手にとって見た。面白いこの資料是非欲しいと思った。その謹呈本は2冊あった。
「悪い虫」そんなに欲しければ2冊あることだし持っていけば
「良い虫」そうは言っても人のものだからそんなこと出来ないよ
「悪い虫」人は誰もいないし、そのバックにすっと入れてしまえば大丈夫だよ!
「良い虫」2冊あるし人もいないから貰っていこうかなー
「悪い虫」そうだよ!そうだよ!
「良い虫」やっぱりダメだ!そんなこと出来ない!
「悪い虫」融通が利かないねー。頭が固いなー
「良い虫」悪いことは悪いんだよ。
「悪い虫」弱虫で気が小さいなー
「良い虫」心がきまった。この本をコピーできるかどうか聞いてみよう
「悪い虫」勝手にしろ!
「良い虫」館長さんにこの本コピーできますか。
「館 長」出来ますよ。何枚です。1枚10円です。ページを示してくれれば私が     コピーします。
「良い虫」そうですか。お手数ですが、この本全部(100頁)お願いします。
「館 長}確かこの本は2冊ありましたね。
「良い虫」ええーと一瞬ドキッとした。「悪い虫」が言っていたことを思い出して
「館 長」ウインクしながら小声で差し上げますよ。
「良い虫」そのお言葉に甘えて欲しい本を手にした。
「悪い虫」かんべんな!悪かったと「良い虫」に誤った。

 手にした本は、「古賀メロディー意外し史」里村あきら著・うらわ朝日に毎週この表題で連載され100回達成したら1冊の本にまとめる予定であったが、97回の連載が最後になってしまつた。
 奥様が、ご主人の遺志を継がれて平成15年12月6日この本を出版された。私の宝物となった。それも、心地よい贈呈を受けて。
 「良い虫」君ありがとう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シウマイ娘

2007年07月13日 07時52分22秒 | 兎に角書きたいの!
 東海道線横浜駅ー国府津駅間開通120周年を記念して、14日から期間限定の駅弁を発売すると言う。崎陽軒は、1950年代当時の包装紙を再現した「昔ながらのシウマイ」400円を午前と午後に、それぞれ50個限定で販売する。
 50年に登場したシウマイ娘は籠を持って売り歩くと言うスタイルは当時の姿で登場するとの報道があった。
 横浜駅のシウマイ娘は、獅子文六氏によって「やっさもっさ」の小説のなかでその状況が記述されている。それは、毎日新聞の昭和27年4月23日と24日の両日にわたり「シウマイ娘」の画とともに売り声などが紹介されている。
『シウマイ・ガールという商売。エンジ色のシナ服を着て、応召兵のように、肩からタスキをかけ、それに、赤く「シウマイ娘」という字が、書いてある。肘に、商品を入れたバスケットをかけ、列車の窓に向かって、「エー、名物のシウマイ、お召しになりませんか」……本給4千円に、売り上げ三分の歩合がついて、勤務時間7時間ー決して、悪い職業でない。……』と、その状況が描写されている。
 昔をしのんで横浜駅東海道線下りホームへお出かけになりませんか?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ビックカメラ横浜駅前店のご厚意に感謝!

2007年07月11日 19時29分29秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、ビックカメラ横浜駅前店で買い物を済ませ出ようとした入り口に大量の団扇が籠に入れられ自由に欲しい人は持っていけるようになっていた。まとまった団扇が欲しいと思い店に引き返して店員に事の次第を告げた。少々お待ちくださいと言ってすぐに戻ってきた。
どうぞお持ちくださいと希望した30本を丁寧に二重袋に入れて手渡してくれた。「どうぞ活用してください!」の言葉を背に受けながら和らいだ気分でお店を後にした。
 私たちは毎週日曜日には、小学校の体育館を借用して親睦ダンスパーティーを9時から12時まで行っている。参加者はシルバー世代が多いが毎回60人前後の人が集いダンスを楽しんでいる。
 場所柄、夏は暑く体育館の四隅に大型扇風機を設置し上下の窓を開けて風を受け入れているが、どうしても手近な涼風が欲しくなる。扇子を持参する人もいるが、昔ながらの「団扇」はこの場に最適である。
 会員の方たちに少しでも楽しく踊れるよう環境整備は役員の責務でもある。そこで、ビックカメラ店にて「団扇」をお願いしたしだいである。
 橙色・黄色・青色・紫色・橙色・黄色緑色などで彩られたビックカメラの扇子が会場のあちこちで踊りだすことだろう。ご厚意ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うっかり披露の個人情報

2007年07月11日 08時52分06秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、私の携帯に次のようなメールが入った。
「お寿司買ってきてから麦茶 胡麻買ってきてください」と。送信者からはすぐにお詫びのメールが入った。娘さんに送ったつもりのメールだったとのことでした。
 携帯、パソコンの使用により自分たちの生活に変化をもたらし簡単に情報の交換が出来るようになった。しかし、チョッとしたボタンの操作で色々なことが起きてくる。
 最も多いのがフアックスの誤送である。最近私はパソコンを操作しての手違いが多い。前日も、作成中の自分史に200字ほど加筆して「ひと段落して…さてと、とキーを押したら、一瞬にして加筆文章が消えてしまった」。
 アジヤー!やっちやった。とため息。気力喪失して改めての文章作成は止めてしまった。
 指のタッチには日頃注意しているのにやってしまう。何故だろうね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊新潮の見出しに引かれて

2007年07月10日 08時02分20秒 | 兎に角書きたいの!
 週刊新潮の7月5日号を購入した。新聞に記載された週刊新潮の見出しから是非読んで見たいと思わせる二つの見出しに誘われて。
 一つは、又市幹事長「愛人マッサージ醜聞」社民党の「政治的謀略」弁明を嗤う
 二つ目は、「丸山弁護士」朝鮮総連「架空売買」仲介者「元スキャンダル歌手」の大接点の見出しである。
 一つ目は、日頃硬いことばかり言っている人が、との思いが強かった。嗤う以外に何の思いも無いが政治家ってな~ こんなものか。
 二つ目は、この人がTVに登場したころから私は、何となく胡散臭さを感じ虫が好かなかった。この人が登場するTVは見ないし、出てくればチャンネルを変えていた。記事の内容もそれに近い。
 「丸山弁護士の顔は見たくありません。テレビに彼が登場したら、チヤンネルをすぐ変えるんです」そう語るのは、かって本誌で、丸山氏を告発した男性である。末期癌で意識が朦朧とした母親から委任状を取り、1,100万円もの法外な弁護士報酬を支払わされた被害者の息子さんだ。と記述している。
 今朝の産経新聞によれば、「自民党から出馬する丸山氏は6月27日、選挙事務所開きの際、民主の横峰氏と選挙運動を一緒に行うことや……など”おきて破り”の構想を示し云々」と報じられていた。週刊新潮によれば、この人は政治家願望の強い人であるらしいがそれは別にどうこう言うことではない。
 しかし、この人が自民党の「比例」候補になったことが私には解せない。投票は、人物で選ぶ人、政党で選ぶ人とそれぞれであるが私は政党で選ぶ。その私にとって、この人が自民党の候補とされたことに非常な戸惑いを今感じている。
 7月29日の投票日までに、自分の気持ちをどのように整理するか悩むな~
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加