いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

頑張れ!ディープインパクト

2006年09月30日 16時24分52秒 | 兎に角書きたいの!
 ディープインパクトは、8月9日にフランスへ渡った。フランス競馬のGIレース、凱旋門賞に出走する。日本時間2日午前0時35分に発走する。NHKが総合テレビで海外の競馬史上初の生中継を行うと言う。是非1着となってディープの名声を高めてほしいと願っている。4,000人以上の日本人が応援に駆けつけているとの報道、馬券も日本人が買いやすいように日本語表記で発売されている。フランスは日本びいきのように報道されているが、フランスは以下の面をも持っていることを承知していて欲しいと私は願っている。
「安倍報道と仏メディア」の表題で産経新聞が報じている。それによるとフランスのメディアの報道は、保守系から左派系まで強弱の差こそあれ、安倍首相の人物像が判で押したように一致していると山口昌子パリ特派員は語っている。
 首相は、「ナショナリスト」「タカ派」「超保守党」「戦犯の孫」といった活字が躍っていると伝える。そして「軍国主義の復活」を目指しているとか「恐怖を生む男、安倍新晋三」加えて、教育再生担当補佐官に任命された山谷えり子議員は、「極右」の産経新聞の元記者で、この新聞は「反共主義」で、「北京に特派委員を派遣することを拒否している」と虚偽の報道をしこの記事の訂正を申し入れたら
「産経新聞パリ支局長は、安倍首相は産経新聞記者であったことはなく、同紙も極右ではないと述べている」との訂正記事を載せたとのことである。そのほか日本をまったく理解していない記事の内容についても報じている。これらもろもろの事柄についてパリの「日本大使館はリベラシヲ紙に対して抗議したが、回答はなかったという。
 このような報道は、一紙のみでなくフランスメディアの報道姿勢がこれに似た状況にあると言う。日本大使館は、もっと強固にその誤りを指摘し日本に対する誤解を解く態度を貫き通すことが肝要である。日本に対する変な報道に対して日本メディアからの報道はまったく聞かれない。シラク元大統領の日本びいきばかりを報道し、日本国民のフランスに対する認識を誤指導している。是々非々で対応するのがこれからの外交である。「…正しい方向…」「凛として…」と安倍総理も述べている。そう有意味で言うと日本の大使館は本当に日本のために働いているのだろうかと疑いたくなる。今回、「広報担当補佐官」を設置したことは大変すばらしいことである。世界は、諜報戦で自国を如何に有利な対場に置くかの戦略を練っている。日本も積極的に是々非々で世界にどんどん発信を多用しメディアを活用してもらいたい。
 安倍総理の所信表明演説に対しての野党のコメントは、聞く前からその内容を知ることができる。すべからくけなし、揚げ足取り、反発を述べる。野党議員の精神構造はどのようになっているのか。こんな態度では、教育云々など言える立場に無いだろう。何事も人の言うことを批判することがいいことで、誹謗中傷することを言わなければ人間ではないような態度をとる野党議員たち日本をダメな方向に導いているのはあなた方ではないか。良い事は良い、不備なところは意見を言いそれが大人の示す態度ではないか。あれこれ書いているうちにどんどん不平不満が噴出してきてしまった。先日、「不平」と題して記したばかりだが。
 どうか、「ディープインパクト」にこの憂さを晴らしてほしい。1着でゴールすることを手を合わせながら願っています。頑張れ!ディープインパクトGOGO
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呆れた1万円大学

2006年09月30日 08時26分00秒 | Weblog
 今朝のTV放映で「茶髪を止めた学生には1万円の現金を進呈する」の画面が流れた。えぇーなんだと思った瞬間に画面は変わってしまった。記憶の部分では、秋田経済○○大学が学校のイメージを上げるために打ち出した施策であると。これを聞いて呆れた。最高学府のしつけ教育が現金と交換する教育である。呆れたね!
 昔のバンからは、現代の茶髪等の格好であろう。4年間の青春に思い切り自己主張をしながら過ごしたほうがよいのではないか?甥が学生であった頃は、女の子みたいに髪の毛を結んだり、ジーパンの腰に何やらジャラジャラと下げたりなど拘束の無い生活を楽しんでいた。2年前に社会人となり某官庁のキャリアとして夜遅くまで仕事に励んでいる。スーツ姿であの甥がと言うほどの変化である。まさしくサナギから蝶への変身であった。
 ○○大学さんもっとやるべき基本的なことがあるのではないですか。褒美として現金を持ち出すなんて、それこそ大学のイメージを大暴落させた行為であることを悟り現金1万円の提供は即刻停止すべきです。世の中なんでも「お金」にしてはいけません。それこそ「凛」とした人間を育成する大学の使命はの原点に戻ってほしいと願っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不平

2006年09月29日 08時32分50秒 | 心に留めた言葉
 書類を整理していた妻から大封筒二つ手渡された。中には現役時代に単身赴任していた資料が入っていた。その中のひとつに僧侶が言われた言葉のメモがあった。

               不平
 「生まれる時,泣き声をあげ、不平を言いながら生活し失望して死んでいくのは人間だけだ」といった人がいる。

 グサッと胸にくる。泣きごとの一生、不平だらけの生涯、考えただけでもゾットする。

 だが、それと似たことを自分でやっていないかどうか。反省(かんがえ)てみる必要がある。

 二言目には不平が飛び出し、三言目には愚痴が続き、四言目には僻み(ひが)となる。もう、そうなったら病気である。

 だからいよいよ不満がつもり、恥も外聞もなくなって手当たり次第にあたりちらす。いくらあたりちらしても、不満は少なくならない。

 あとに残るのは失望と孤独だけだ。不平、不満をいって幸せになったという話しは、まだ一度も聞いたことがない。

                    (僧  多 門) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車窓

2006年09月28日 09時53分01秒 | 兎に角書きたいの!
 今日はちょっと寒そうなので長袖、上着で電車に乗った。とたんに、あっ蒸し暑いなーと感じたが上着を脱ぐ余裕も無い混雑だった。以前であれば、席に座っている人が気をきかせてすっと窓を上げて外気を取り入れていた。
 アレ!何時から車窓は開けるものではないと言う常識ができてしまったのだろうか?ガラス窓は大きくなり明るくなり車窓を楽しむことも増えた。しかし冷蔵庫に入っているような感じだ。これが文明の恩恵と言うのだろうか。私は,暑い時は自然のままに、寒いときは暖かく過ごしたい。
 セミの声、今日も聞こえる。昨日は雨でその気配は無かったが今日その声を聞いてうれしい。9月下旬まで鳴いているなんて気象に異常があるのだろうか。セミ=夏が私の季節時計である。
 自然の風を受けながら車窓を私は楽しみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる標語

2006年09月27日 10時24分10秒 | 兎に角書きたいの!
ダンスレッスンで毎回お世話になっている地域センターがある。そのトイレに掲示されている標語がどうもおかしい。
   『きれいにつかってくれて ありがとうございます』とあるのだ。カラーできれいに出来上がっているのだが。
 ◎ きれいにつかってくれて ありがとう
 ◎ きれいにつかつていただいて ありがとうございます
のいずれかの表示になると思うが、妻曰く、余計なおせっかいをする必要は無いですよとたしなまれた。どうしても訂正したい衝動に駆られる。この標語を見ると!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小泉総理ありがとうございました

2006年09月26日 07時38分36秒 | 兎に角書きたいの!
 小泉総理は今日を以って総理の座を退く。5年を超える期間にあって高支持率を維持したままの総理はこれまでになかった。兎に角、小泉総理はこの5年間何事に対しても「ぶれ」ることは一度も無かった。歴史的な総理大臣だと思う。それにつけても日本のマスコミはワンフレーズで権力を批判すれば事たれりとする安易な思考である。
 小沢代表が同じ日に検査入院した。これに対する民主党の対応は、入院しているという事実がありながらあれこれと言葉の遊びをしている様は見苦しい。このような政党が本当に日本を国益にもとずいた道をすすんでいけるのだろうか。まったく
『ああ言えばこう言う』の体質。兎に角、他人を批判すれば事たれる民主党。人の揚げ足をとることなら誰でもできる。そのために政党助成金が交付されているわけではない。
 小泉総理は歴史の中でももっとも鮮明に記憶される政治家となるであろう。今日閣僚が決まる。私がもっとも注目しているのは「外務大臣」の職である。願わくば麻生外務大臣が引き続き専念していただくことである。
 小泉総理大臣本当にありがとうございました。感謝申し上げます。今後も日本のために活躍されることを願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公共工事は変わったか?

2006年09月25日 08時51分36秒 | シルバー社交ダンス風景
 福島県発注の下水道工事を巡る談合事件などが報じられているが、公共工事に伴なう不正事件が多く報じられている。
 過日、横浜市内の配水管新設工事に伴なう珍しい公告を見た。それは横浜水道事業管理者が水道局長発注工事の内容についてである。このような掲示板があった。
 
  『工事情報版』に驚くべき記載があった。

 工事費:58,202,550円の文字である。今までこのような掲示板を見たことが無かった。公共工事を透明にするためかそれとも個人情報法に基づく情報開示かはしらないがある変化が起きていることが想像される。

 是非、今後の公共工事の掲示板に注意を払ってほしいものだと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

92歳のお姉さんと踊る!

2006年09月24日 19時58分16秒 | シルバー社交ダンス風景
 今日は午前と午後ダンスパーティーのはしごといきました。家内とともに。赤、白、黒などさまざまな衣装が舞い彼岸花が競い合う状況でした。今日の目玉は高齢者のアトラクションでした。リーダーが突然出席できなくなりましたが、パートナーが言う私の息子とは言っても70歳は過ぎている人と踊った。チャチャチャとワルツを。このお姉さんは92歳でした。私も、ルンバ2曲相手にしていただきました。本当に元気。顔つやはよくしわもあまり目立たない、きれいな顔をしている。
その秘訣は何ですかと聞けば外に出ることですと。しかもダンスは70歳代から始めて今は週二回踊っているとのことでした。
 花束を抱えてとても楽しそうな笑顔で語ってくれました。今日は、ダンスの面白みを別な角度から知ることができました。また来年会いましょうとのお姉さんの言葉に感激し再会を誓っのお別れでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳死状態の難波孝一裁判長

2006年09月22日 08時00分32秒 | 兎に角書きたいの!
 9月21日東京地方裁判所の難波裁判長は、国旗・国歌義務化は違法の判決を言い渡した。ええー何だこの考え方は、世の中此処まで来たかの思いである。子供の親殺し、児童の誘拐殺人、飲酒運転の日常化など殺人のない日は無い。このように人心が心無く動いている世の中異常ともいえる。常識も道徳も慣習もくそ食らえと言った世の中になってしまった。己だけが大切。異常な行動を起こす人は自分中心に思考し行動をしておりその規範は自分の考え方である。
 しかも、東京都では、日本の国旗や国歌が嫌いで訴訟までする先生が400人以上も居ると言う。このような主義主張に基づく教育を受けている生徒の未来はどうなるか。自己中心である。以前、親として学校参観で先生はジャージ姿で教壇に立っている先生を多く見かけた。体育の授業でもないのに。何でこんなことで生徒に時・場所に沿った常識を育てることができるんか。スカートが長い、髪が長いなどなどの生徒を校則違反だといって生徒を罰している。
 家庭は家族で成り立ち家訓がある、学校、会社などの団体ではそのルールに従う。校歌、社歌、市歌、県歌、国歌がある。地域は人のつながり、会社は人の組織
国は人の集まり、それぞれを守りスムーズに運営していくには基本的なルールがある。それが歌であるとしたらどうだ。
 この裁判長は、「皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱だった」と談じ「現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められまでには至っていない」などと人の言葉を借りて判決を下した。
 そのような為にする裁判官に対して、義務教育はどうだ、社歌を歌わせることはどうか、朝の朝礼はどうか、これすべて自分に気に入るものでなければすべて拒否できる。裁判長あなたが勤める職場はどうか。一定のルールと、崇高な職業意識をもって勤めているのではないのか。寅さん流に言えば、何も裁判所でいう必要もないし高いところから判決を言い渡す必要も無いだろう。
 主義主張と学校教育との比重はどちらが重いのか。自分の主義主張と相容れなければそれに従う必要は無いとしたら、家庭も地域の学校も会社も国家も成り立たない。主義主張を守る以前の問題だろう。
 この裁判官の年齢の記載が無いが恐らく40代だと推測する。判決内容も苦渋の決断ともとれない。自分の言葉がない。裁判長の判断に従えば、生徒は先生の主義主張は嫌いだから授業をボイコットしてもよいと言うことになる。精神的苦痛が伴なうからなどの屁理屈で、馬鹿げている。この裁判官の生い立ちや信条思想などを
是非確認したい。このような判決が出せる背景を!
 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一番生きのいいもの…

2006年09月20日 08時42分26秒 | 兎に角書きたいの!
 「水色のワルツ」は私たちの世代ではよく耳にした曲である。横森良造さんがアコーディオンで奏でる音を聞いていると何かしんみりとする音を奏でる。その作曲者の高木東六氏は、平成18年8月に百二歳の天寿を全うされた。今その曲をCDで聴きながらブログを打っている。
 高木東六氏がこよなく愛したすし店が横浜市中区住吉町にある。ゆたか寿司である。そこの店主は、客の観察力鋭くそのエッセイがまた面白い。「横浜寿司商だより」に掲載された御主人のエッセイの一部を搭載してみる。

        忙中閑話 ウーマンパワー
 世の中変わった。
 年の頃二十代後半、一流企業のOL,上司と同僚とで小店のカウンター席を占める。政治経済に文化に話題は豊富で、対男性に丁々はっしとなかなかに頼もしい。
 おまけに、見目もうるわしく、ナイスバディーとくれば、その場はこのお嬢様が仕切り、上司の男性(部長職)はとくれば、ただニコニコ
 飲むほどに酔うほどに話は過激化、しものハナシに発展した。「エッ!」と驚くほどの内容で、小生おもわず若い女性の顔を見てしまうほどである。誰が見ようが柳に風の感覚で、内容はどんどんエスカレートすると思うのは我が世代だけなのか、若者達は平気な顔で話は続く。
 傍の上司は相変わらずニコニコ。小生の時代は、女性と一緒の席でのスケベ話は厳禁であった。つい最近まで、常に男が喋り、若い女性が「わぁ、エッチ!」と顔を赤らめて下を向くのが相場と思っていた。
 あに図らんや、男女平等というか、何と言うかほとんど絶句じょうたいであるが気を取り直し、
「お嬢さん、何か握りましょうか」
「そうねェ、一番生きのイイもの、だからといってご自分のモノを握っちゃ駄目よ」
「ハッ八ッハ………」
「じゃ真面目にカズノ子ください。大将!何故ワタクシが数の子を選んだか分かります?」……(中略)……
 限界も乗り越えない程度の、男女共通の楽しみも悪くないなという結論が出た頃、ひとりポツリと、「何だかんだ言って、此処に居る男共、女性から生まれたんだよな」
 世の中変わった。と結んでいる。
高木東六先生もお客のこのような話題を聞きながら、雰囲気とか流れとか、人情味とかを味わいながら瞑想していたのかもしれない。        合掌
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコキキヨウと濁点

2006年09月19日 12時05分05秒 | 兎に角書きたいの!
 トルコキキヨウは、娘の大好きな花だった。ある案内欄に「トルコギキョウ展」の案内記事が目に止まった。あれー「トルコギキョウ」って何だろうと辞書を引いてみた。曰く「リンドウ科の一年草。キキョウ類ではない。北アメリカ原産。高さ40~50センチメートル、楕円形のとがった葉を対生。」とあった。
 それでは、トルコキキョウはと思い辞書を引いたが該当がない。キキョウならある。曰く「キキョウ科の多年草。夏秋の頃、茎の先端に青紫色または白色の美しい5裂の鐘形花を開く」とあった。
 トルコキキョウの呼称は、通称名なのだろうか分からなくなってきた。トルコキキョウという花が存在するものだとばっかり思っていたから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命名の儀の違い

2006年09月14日 10時39分33秒 | 兎に角書きたいの!
 9月12日秋篠宮ご夫妻の親王さまの「命名の儀」が行われ、お名前は「悠仁(ひさひと)」と決まった。その命名の仕方などに愛子さまと若干異にしている。

 ◎「悠仁」さまの命名は、男子皇族のお名前は、下に「仁(ひと)」の字が付く  漢字2文字が慣例とされている。秋篠宮さまが国語学者や漢学者の意見を参考  に、天皇、皇后両陛下や紀子さまとご相談の上で決められたた。との報道であ  る。

 ◎「愛子」さまの場合は、御名と御称号が決められた。
    御名  愛子(アイコ)
    御称号 敬宮(トシノミヤ)
   当時の報道によると、天皇陛下からお名前を賜る「命名の儀」が…お名前は   「愛子」、幼少時のご称号は「敬宮」と決まった。…お名前は複数の学者か   ら出された候補の中から天皇陛下が選び、お子さまに賜る慣例だが、今回は   皇太子ご夫妻のご意向が反映されたという。と報道され、また「敬宮愛子内   親王さまご誕生で祝賀ムード…とも表現されている。

 ここで、何故「悠宮」さまには、「御称号」がないのだろうか?男女か皇太子のお子さまだからだろうか。調べる時間がないので不明のままである。
 また、宮中における「歌会始」のときに入選者の名前を読み上げるときに必ず姓と名の間に「の」を入れて読み上げる。例えば、鈴木の一郎、松井の秀樹などであるが遡れば、「平清盛(タイラのキヨモリ)」「千利休(センのリキユウ)」と其の謂われは奈良時代にまで遡るようだ。
 「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい」と言う願いがこめられたお名前であると。「高野槙」のようにすくすくと育っていただきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン故障!

2006年09月13日 17時45分20秒 | 兎に角書きたいの!
 突然、パソコンが動かなくなった。使用期間5年だが早すぎる故障である。やむなく新しく購入してセットアップに取り組んだ。機械は、10時30分に着いて今17時30分だがメールがうまくいかない。娘宛送信したところ受信したとの返事(電話)がありメールで送ったとのこと。開いても受信されていない。ガックリ。プリンターも接続していないし今日の作業はこれでおしまいとする。幸いブログは大丈夫のようだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こんな放送でいいの!

2006年09月08日 08時21分07秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝放送の「ラジオ」と「テレビ」の内容にこんなことでいいのだろうかと
義憤を感じた。
 1 小泉総理が7日に外国に行ったことに「卒業旅行」と表現した。総理とし
  ての外遊はこれが最後かもしれない。それを物見遊山のごとき放送をして
  いる。只、揶揄すれば事たれりと言うのだろうか。マスコミは、総理が外
  国でオペラ、映画などの観劇、著名な場所への訪問などするといかにもお
  き楽な様子をことさら大げさに報道する。
   小泉総理は、「アジア欧州会議」出席のため、フイランドに向けて出発
  したのである。何故、こんな言葉で揶揄しなければならなうのか?

 2 子供に関する放映で
   最初に、「長男殺害の母親に懲役13年」に関する内容を報道した。内容
  は、品川区で昨年、3歳の長男を自宅の浴槽に沈めて殺害した事件に対す
  る求刑である。新聞では僅か120字の報道である。これはこれでいい。し
  かし間をおかず直ぐに「紀子さま授乳始められ、親王は紀子さまの病室に
  移られたことを放映した。
   何故、悲しい事件放送の直ぐ後に親王の報道をするのか。放映の順序に
  よって悲しみが、みじめさが高められた。何も殺害の事件の後に親王さま
  の放映をする必然性は無いであろう。悲劇の後に感激をといった受けを狙
  った放映だと思う。そこには人間の感情の配慮、常識の片鱗も見られない。

 今朝の二つの報道に接して憤りを感じた。前々から感じていたのだが、毎日
嫌な事件が発生しているがこのような報道機関の報道姿勢にも原因が潜んでい
ると私は思っている。小泉総理に頑張ってくださいと言う心をひとかけらも持
たず揶揄するだけの評論家など要らない。評論家はあくまで評論だから自分の
はした言葉に責任を持たないから尚悪い。このような風潮からそろそろ脱却し
たらどうだろうか。

 
 
  
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

神話の誕生

2006年09月07日 09時53分00秒 | 兎に角書きたいの!
 親王さまご誕生おめでとうございます!
平成18年9月6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で体重2558㌘、
身長48.8㌢で誕生された。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以
来、41年ぶりの男の子で誠にお目出度い。
 現在国宝となっている大分県の臼杵石仏に秋篠宮さまと紀子さまが訪れた時
生憎雨であった。お帰りになるとき、会館からお出になるときそれまで降って
いた雨が突然やみお車でお帰りになるとまた雨が降り出した。キツネに包まれ
たような実体験をし、神話はこのような形で出来上がっていくのかなーとその
時の驚きと感激を忘れることは出来ない。
 秋篠宮ご夫妻は、昼食に臼杵の郷土料理黄飯を主体のお食事を召し上がった。
この「黄飯」は、稲葉藩政時代の天保年間(1830年代)、極端の財政ひっ迫状
態の中で質素倹約が励行され、経済的な料理を生み出していき、臼杵独自の
「黄飯」が誕生した。材料は、クチナシの実で炊いた黄色いご飯で、赤飯にか
わるお祝いのご飯となっている。
 今回のご誕生は奇跡的な出来事だと私は思っている。心からお祝い申し上げ
ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加