いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

折りこみ都都逸

2017年06月22日 10時07分33秒 | 兎に角書きたいの!
 今年新年会の折、上野で古書展を開催していたのでぶらりと店内を巡りあれこれと眺めていたところ1冊の本が目に止まり買い求めた。「新編どどいつ入門」なる本である。

 2005年12月に出版されたものであり当時、NHKラジオ第一で「文芸選評・折込どどいつ」を放送していた中道風迅洞氏の著である。

 折りこみ都都逸は、7・7・7・5の四句の最初の音をつないでひとつの言葉になるように読み込んで四行詩を歌うもので以前は良くやっていたものである。その四行句にふと引かれ詠み紐解いている。そのなかからいくつか引いてみる。

 1 よこはま
   
   夜のそよかぜ
   心地がよくて
   肌に新緑
   巻いて寝る     木村治子作

 2 ものほし

   燃えた一夜の   
   のこり火消して
   干した布団に 
   しなう竿      秋山ふみ子作

 3 ゆきどけ

   ゆうべしたこと
   きれいな雪の
   どこに隠せば
   消せるやら     河口さざなみ

 4 ここここ
 
   恋の始まり
   紅茶にケーキ
   恋の終わりは
   コップ酒      森 錠次

 5 ケイタイ

   ケーキ屋さんへと
   言ってた娘
   タコに惚れられ
   いま寿司屋     岩田寿男

 なかなかと風流でおもしろいものである。これならば何処でも何時でも出来そうだがいざ詠んでみるとチョッとやそっとでは出来ない。短歌や俳句などに秀でている人は指折り数えずとも言葉が出てくるらしい。

 頭の体操に日記風に出来たならいいな~と思っている。鍛錬しないことには何事も進まない。少しずつ関係書を読み知識を蓄えたいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹!地球は巡る

2016年10月19日 08時39分42秒 | 兎に角書きたいの!
 夏の間は見ることの無かった室内の虹、地球は巡り室内にガラス窓を通じて虹が現れ出した。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻のおにぎり

2014年09月25日 07時26分40秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日は久々の勉強会で内容は「成年後見制度」で6時間にわたる講義である。禁治産者制度から成年後見制度へと2000年4月に個人の人権を尊重した制度へと移行した。高齢化者社会の大きな問題にどうスムーズに対応していくか今後の大きな問題であり課題である。
 昼食時には妻が作ってくれたおにぎりを広場の中で食した。ハイキング気分で大空のもと美味い!美味い!
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カマキリの変身?

2014年09月24日 07時29分08秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝、平成12年に19歳で亡くなった柴犬の水を取り替えるために庭の隅へ赴いたところ寒椿の幹に棒のようなものがあり、アレッと思って顔面を近づけてみると全身が茶褐色のカマキリであった。普段見るカマキリは緑色であるのにこれは不思議と思いカメラに収めた。
          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花!

2014年09月23日 14時48分57秒 | 兎に角書きたいの!
 娘たちが急遽来宅し共に墓参りに出かけた。墓地には彼岸花があちこちに花を咲かせていた。

                   彼岸花

     花は葉を見ず 葉は花を見ず いつになったら 遇えるやら 里のお墓の赤い花

     彼岸花の咲く頃 御先祖様に会いに行く

     葉見ず花見ず 彼岸花 花言葉は「再会」 里のお墓の赤い花

平成26年9月17日付産経新聞「朝の詩」 茨城県結城市・小林キヨ子・66作
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東の地震で水族館の魚が水面へ!

2014年09月17日 09時10分20秒 | 兎に角書きたいの!
 9月16日、新江ノ島水族館で一番大きな水槽にエイやイワシの大群の泳ぎ状況を楽しんでいたときに地震があった。その時の水槽に居た魚はイワシの大群をはじめほとんどの魚が水面近くまで移動した。当初は何故だろうと思ったがその行動は地震への反応であることが分かった。一つの発見をした思いである。
                              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空き地に咲く鮮やかな朝顔

2014年09月15日 09時13分47秒 | 兎に角書きたいの!
 居住する人が居なくなりしばらくの間「空き家」となっていた、その家が取り壊されたのは今年の6月ごろだった。しばらくすると雑草が生い茂るようになり空間も広がり我が家は明るくなった。その空き地に地を這った朝顔が咲き始めた。鮮やかな色を見せながら!
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祭り「横浜・お三の宮」

2014年09月13日 21時29分23秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日(9月13日)は南区の日枝神社(通称お三の宮)お祭りの幕開けである。境内は催しの演芸待ちで夜店が並び子供たちが大勢集まっていた。横浜市一のおみこしが披露され本日の本祭りを待っている。以前は牛車であったが今は自動車による巡航である。祭りの雰囲気を映し出してみた。
         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日の報道は誤報ではない!捏造だ!!

2014年09月12日 06時18分32秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝の朝刊の活字に義憤を感じ、早起きしてパソコンに向かった。「慰安婦問題」「吉田調書」問題で、誤り、誤報の活字が躍っている。私が目を通しているのは産経新聞である。
 これらの問題で、朝日は意図的に報道していると感じていた。何故に日本の国益を損じる内容を意図的に編集して報道するのだろうか?誤りとか誤報とかの領域を超えた意図的であり強弁すればその内容は捏造だと思っている。朝日問題は社長の謝罪会見で済むものではない。
 朝日は私が中学生の頃はインテリが読む新聞だと…文芸欄は優れているが日本の国を貶める意図を持っていると思われる新聞の存在は歓迎しない。
 今朝(9月12日)のテレビ番組欄を見てみると「NHK総合」と「テレビ東京」だけがこの問題の放映がない。踊る活字は「誤り、訂正、原子炉で何が…、訂正へ」と穏やかな活字が載っている。しかし朝日問題はこんな生易しい「活字で」表現されるものではない。NHKも朝日と似た傾向があると思っている。テレビ欄は次の通り!

 1NHK総合…特番なし

 2NHKEテレ…なし

 4日本テレビ…「朝日が謝罪 吉田調書の記事は誤り・慰安婦報道めぐり誤り・池上コラム拒否も誤         り」13時55分~

 5テレビ朝日…「朝日新聞『吉田調書』記事を訂正へ」10時30分~

 6TBSテレビ…「『吉田調書』全面公開 現場指揮の苦悩と葛藤原子炉で何が…」10時~

 7テレビ東京…全くなし

 8フジテレビ…「急展開朝日新聞が誤り認める訂正へ…吉田調書巡り」

 菅直人の視察、撤退したら東電は潰れる発言には黙殺し、菅直人の東電が逃げるのを止めたという趣旨の発言について、「おっさん」呼ばわりで怒りをぶちまけた…と吉田氏の真意をことさら悟らずに記事にしているなど管直人を擁護する対場に立った内容である。
 このような新聞が大新聞社として存在することに大いなる疑問を感じている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

月下美人・今年も咲いてくれた一輪!

2014年09月06日 07時54分59秒 | 兎に角書きたいの!
 今年の冬の雪で元気に育っていた月下美人は無残にも葉は枯れて無残な形になってしまった。新芽を大切に育て何枚かの新葉が育ち来年の花芽を期待していた。ところが8月の終わりごろから花芽が二個現れてきた。5センチほど育った一個は敢無く落下してしまった。今、祈る思いで残った花芽の成長を見守っている。花芽を見たのは8月27日であった。
    新芽3個現れた。大きさは5ミリほどである。
9月5日夕方6時ころから開きだし10時には大きな花びらを広げて月の下の月下美人開花ショーを二人で満喫した。
           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海道線・戸塚駅周辺の整備状況!

2014年09月05日 07時39分20秒 | 兎に角書きたいの!
 9月4日、戸塚駅周辺の整備状況を観察した。戸塚記周辺の整備事業は平成14年から実施され当時とは全くの変貌ぶりである。整備事業も最終段階に入り完成の暁には開かずの踏切も解消され横浜の第三地区に移行していくだろう!
                    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きな「エイ」大岡川に泳ぐ!

2014年08月26日 08時21分51秒 | 兎に角書きたいの!
 8月25日、ダンスレッスン会場へ往復徒歩で大岡川沿いを歩いた。ボラの子が塊となって泳いでいる。水面に異様な物体が泳いでいるのを発見!体長は尻尾まで入れると1メートルは越えている大物のエイである。スイスイと浮かんではもぐりその姿を収めるために追いかけた。捉えた映像は水面から3mほどの高さから撮影したものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫の遊び・孫の寝相

2014年08月21日 10時25分04秒 | 兎に角書きたいの!
 孫6人が集まりそれぞれに交流を深めていた。野外でサッカー、市民プールへと遊ぶがこの酷暑の中家でそれぞれ所有のゲーム器を操作して声を上げながら機器を操作している。なんとも異様な光景に写るがこれが現代っ子の日常風景であるようだ。母親もゲーム機操作の時間を厳守させるために結構苦労しているようだ。泊組は思い思いの寝姿で交流を図っている。
 竹の葉に付く虫が気候を先取りしてかこの二三日で急に現れてきた。孫たちはこの虫に、怖いぃーの悲鳴!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シラサギのお食事

2014年08月19日 10時06分33秒 | 兎に角書きたいの!
 私の住まいの近くに「大岡川」が流れている。川の両側には桜並木が続き春は花見で賑わう。花びらが川面に散り花筏の絵模様を現出しながら葉桜となりアブラゼミの格好の寄生木となって元気な鳴き声を聞かせてくれる。ボラの子が泳ぐ中岸辺でシラサギがジッと待っている。しかし場所が悪い。小魚は寄ってこないが岸辺を行ったり来たりするシラサギの姿に食事はどうかな?…
      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊東市宇佐美・妻の故郷

2014年08月14日 10時29分04秒 | 兎に角書きたいの!
 妻の故郷へ墓参。海水浴駐車場受付をしていた年配のご婦人から「お墓参りですか?ご先祖様が守ってくれるからいいことがありますよ!」と声を掛けられた。村社には子供を抱えた狛犬、奇妙な大木が、海辺の海道に立つ樹齢400年の一本松、伊東市に住んだ縁で阿久 悠氏の記念碑が、江戸城築城で切り出された藩の紋が刻まれた岩石、大正12年関東大震災で大津波が押し寄せた地点の表示、海辺海道にある摩耗した石仏などを写真に収めた!、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加