知識人、教養人でありたいと願う人

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

Error of Prime Minister Abe

2017-06-09 15:34:03 | 国際
Error of Prime Minister Abe
In the “Moritomo Gakuen issue “(森友学園問題), bureaucrat’s
surmise was raised and became target of the criticism, but
the characters of the whistle-blower influenced it and was not
over "the level of the doubt" for the impression of the nation.
"The impression operation" that the official residence side
planned was successful.
However, it is clear that bureaucrats who emphasized "intention of the prime minister",
in the "Kake Gakuen problem”(加計学園問題) that appeared on the table, made so much
convenience to realize it.
Anyhow, after the approval, former secretary of the Ministry of Education, the jurisdiction
agency concerned, said, "There was a certain document with the intention of the Prime
Minister existed certainly. There was the document, and no one can deny it.
He declared it at a press conference.

Chief Cabinet secretary Yoshihide Suga was expressed with "mysterious document" about
"Prime Minister's will" and the recorded document the previous Kawamoto administrative
vice-minister says, but an attachment document of the title as "the meeting outline with
(Yutaka) Fujiwara ministry Councilor" (the department of veterinary science establishment)"
was brought to light on May 22.
After the executive who was top of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and
Technology, exposing the real name and the face, can not issue "mysterious document".
In fact, a file called "meeting with Fujiwara cabinet secretary 280926" was found, and
at this stage there is no support for "pressure of prime minister", but in discussions
between the Cabinet Office and the persons in charge of the Ministry of Education, Culture,
Sports, Science and Technology , it can be said that there is no doubt that the "intention
of the prime minister" worked.

安倍総理の失策
森友学園問題では、認可に関して「官僚の忖度」が俎上に上げられたが、告発者のキャラクターなどが影響し、
国民の印象では「疑惑の域」を出なかった。そういう意味で、森友問題では官邸側が計画した“印象操作”が功を奏した。
 しかし、今回、表に現れた「加計学園問題」では、「総理の意向」を重要視した官僚が、それを実現させるために
多くの便宜をはかったことが明白である。なにしろ、認可がおりた後に、所管省庁となる文科省の元事務次官が、
「総理のご意向と書かれた文書は確実に存在した。あったものをなかったことにできない」と、記者会見で明確に証言
しているからだ。
官房長官の菅義偉は、前川元事務次官の言う「総理の意向」と記された文書について、“怪文書”と表現したが、
5月22日には、「藤原(豊)内閣審議官との打ち合わせ概要」(獣医学部新設)」という題名の添付文書が明るみに出た。
 仮にも文科省のトップだった行政官が、実名も顔もさらした上で「怪文書」など出すはずがない。ネット上では、
「前川元次官の爆弾発言は、天下り問題で任期半ばにして退職させられた腹いせだ」という、明らかに官邸周辺から
発信されたと思われる情報がもっともらしく流布されているが、これも官邸側が実行している印象操作の一つである。
実際、「280926 藤原内閣審議官との打合」というファイルも発覚しており、現段階では「総理の圧力」の裏付けこそ
取れていないが、内閣府と文科省の担当者間での協議において、「総理のご意向」が働いたことは間違いないといって
いいだろう。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Terrible Massacre, June Fou... | TOP | Terminate the negotiation w... »

post a comment

Recent Entries | 国際

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。