徒然なるままにつれづれなるナントカ

日々の徒然なるおもひ。

改憲のかの字も言うな!

2017-05-03 16:37:49 | 日記
安倍晋三が「改憲の機は熟した」などといったらしい。確かに、改憲勢力が国会の3分の2をしめる状態にある事をもっての発言だろうが、安倍晋三に改憲を主張できる資格があるのだろうか?第二次安倍政権発足後まず何をやったか、それは、憲法解釈を変え、集団的自衛権を認めたことである。要は、憲法を自らの希望する形に拡大解釈したと言うことである。現憲法の解釈ですら今の有り様である。改憲でこれ以上拡大解釈できる要素を増やしたら益々時の権力者のいいようにされてしまう。自らが国の最高責任者だとのたまう安倍晋三、如何なる問題も口先だけで誤魔化し、息をするように嘘をつき、憲法遵守義務も屁とも思わず、国民を愚弄するようなあなたが、自らに都合のいい条文を作り、後に、如何なる拡大解釈も可能にできる憲法を目指すことは容易に想像できる。そんなあなたとは、如何なる改憲の話し合いも出来ないし、あなたに改憲を語る資格など微塵もありはしない!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっとのひるおび! | トップ | 分裂症 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。