天空の土木作業

鉄道模型レイアウトの制作記録

ループセクション4

2017-05-17 | レイアウト
レイアウト解体のタイムリミットが迫るなか、極力手抜きして作業をしようと心がけています。
今では必要な材料はネットで買えますので、時間をかけて買い物にいくこともなく、便利になりました。
ネットで買い物をしていますと、サイトが関連商品を勧めてきたりします。鬱陶しく感じることもありますが、おっ、こんなメーカーからこんな商品が出てるんだと新しい発見もあって楽しいです。



その中に、あまりにも安い樹木がありました。100本で2000円だったり、30本で500円とか、信じられない安さです。メーカー名もよくわかりませんし、海外発送みたいです。時短の目的で樹木は作らないと決めましたが、まあ完成品でこの安さならいいかなと、モノは試しでいくつかの種類を購入しました。
1週間くらいで怪しい袋に入った商品が届きました。既に段ボールには緑色の細かいスポンジがこぼれています。嫌な予感がします。
日本語が何一つ書かれていない袋を開けますと、100本の樹木がギュウギュウに詰め込まれており、袋の下のほうにはこぼれ落ちたスポンジがどっさり入っています。詰め込まれているので樹木どうしがくっついており、ひとつ剥がしますとスポンジがとびちり、恐らく半分以上スポンジが剥がれたのであろう樹木になりました。さらにトントンと振動をあたえると、またはらはらとスポンジが落ちていきます。安かろう悪かろう、まさにそんな感じです。
20本ほど引き剥がし、袋の下にたまったスポンジをかき集め、樹木にゴム系接着剤を塗ってスポンジを散布していきます。この作業がしたくないから完成品を購入したのに、結局こうなります。



しかし、背景のベニア板にそって植林しますと、高さ、ボリュームがでて一気に賑やかになりました。ただ、色が明る過ぎる緑色で、このセクションに植えるとおもちゃらしくなってしまいました。ここまでは想定内で、濃いめのボンド水溶液を霧吹きしてコースターフを撒けばいいだろうと思っていましたが、これがボロボロこぼれ落ちるだけでうまくいきません。結局、コースターフをボンド水溶液で和え物のようにし、樹木に刷り込むように塗りつけていきました。これが惨めで忍耐力のいる、時間のかかる作業でした。
最終的には高さがでていい感じになりましたが、今まで同様に樹木を作製したほうが時短になったと思います。ただ、安くはつきました。



撮影しやすいように地形を作ると平らな部分ができましたので、ストックしてあったジオラマコレクションの『農家』を建てました。
架線柱は、もう架線を張らないことにして適当に立てます。
このレイアウトの中では急な曲線の区間ですが、車両を走行させるとなかなかいい感じだと満足しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ループセクション3 | トップ | 中央西線 中央東線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。