gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月1日「日本酒の日」 誕生花:キンモクセイ (1)

2016-10-01 01:21:44 | 雑記

 記念日

日本酒の日
全国酒造組合中央会が1978(昭和53)年に、若者の日本酒離れを食い止める為に制定。
新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉[とり]」の字は十二支の10番目、さらにかつては「酒造年度」が10月1日から始っていたことから(現在は7月1日から)、何かと酒に関係の深いこの日を、清酒をPRする「日本酒の日」とした。

醤油の日
日本醤油協会など醤油関連団体が2003(平成15)年に制定。
「醤」の文字に、十二支で10月を表す「酉」の字が含まれることから。

○日本茶の日
伊藤園が制定。天正15(1587)年のこの日、豊臣秀吉が北野大茶会を開催した。
10月上旬からは日本茶の需要が増えるとともに「お茶まつり」などを開いている茶業家も多い。 

コーヒーの日
日本にコーヒーが伝わったのは、鎖国時代の長崎・出島といわれている。
全日本コーヒー協会が1983(昭和58)年に制定。国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始りの日。
コーヒー豆の収穫が終り、新たにコーヒー作りが始る時期である。10月1日がコーヒー年度のスタートにあたり、これからの季節、温かいコーヒーがよく飲まれるようになるため。
おいしい入れ方、飲み方の指導やコーヒーと健康についての情報提供が行われている。 

新コーヒー年度
国際コーヒー機関が制定。
世界のコーヒーの3分の1を生産するブラジルでは9月末ごろにコーヒーの収穫・出荷が終わることから、これにあわせて10月1日から翌年9月30日までをコーヒー年度としている。

法の日
最高裁判所、検察庁、日本弁護士連合会(日弁連)の進言により法務省が1960(昭和35)年に制定。
1928(昭和3)年のこの日、陪審法が施行された。

印章の日
全日本印章業組合連合会が制定。
1873(明治6)年のこの日、太政官布告によって公式の書類には実印を押すように定められた。

土地の日
国土庁(現在の国土交通省)が1997(平成9)年に制定。
「十」と「一」を組み合わせると「土」の字になることから。

ネクタイの日
日本ネクタイ組合連合会が1971(昭和46)年に制定。
1884(明治18)年のこの日、小山梅吉が日本で初めてネクタイの製造を始めた。

メガネの日
日本眼鏡関連団体協議会が1997(平成9)年に制定。
1をメガネのつる、0をレンズとみなすと「1001」でメガネの形になることから。

デザインの日
通商産業省(現在の経済産業省)等が1990(平成2)年に制定。
1959(昭和34)年のこの日、デザイン奨励審議会が設置された。
デザインに対する理解を深める日。

展望の日
全日本タワー協議会が2006(平成18)年に制定。
「Ten(10)棒(1)」の語呂合せ。
全日本タワー協議会に加盟する全国の展望・観光タワーで様々なイベントが開催される。

○札幌ホテル夜景の日
北海道札幌市のセンチュリーロイヤルホテル、JRタワーホテル日航札幌、ホテルエミシア札幌、宝飾品販売会社の株式会社プロポーズで構成する「札幌ホテル夜景の日実行委員会」が制定。同委員会のある札幌市は2015年10月に全国の夜景鑑定士により「日本新三大夜景都市」のひとつに選ばれたことから、食と夜景を組み合わせた新しい夜景観光を創造、発信して、札幌の夜景が新たな魅力的な観光資源であることを多くの人に知ってもらうのが目的。日付は2016年10月1日より各ホテルで「夜景ディナー企画」がスタートすることにちなんで。
 

国際音楽の日
バイオリン奏者のユーディ・メニューインが、国際紛争が絶えないことを憂いて提唱。1977(昭和52)年にチェコで開催された国際音楽評議会(IMC)総会において、その翌年から10月1日を「国際音楽の日」として、国際的連帯のもとに音楽の記念行事を催すことが決定された。
日本では、1994(平成6)年11月に「音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律」が公布・施行されて、その中で10月1日を「国際音楽の日」とすることが定められ、翌年から実施された。
国民の間に広く音楽についての関心と理解を深め、積極的に音楽学習を行う意慾を高揚するとともに、ユネスコ憲章の精神にのっとり音楽を通じた国際相互理解の促進に資する活動を行う日。

国際高齢者の日(International Day of Older Persons)
1990(平成2)年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。

福祉用具の日
社団法人シルバーサービス振興会・新エネルギー・産業技術総合開発機構・全国福祉用具製造事業者協議会・財団法人テクノエイド協会・日本健康福祉用具協会・社団法人日本福祉用具供給協会で構成する「福祉用具の日」創設連絡会が2001(平成13)年11月に制定。
1993(平成5)年のこの日、「福祉用具法」が施行された。

補助犬の日
2002(平成14)年のこの日、身体障害者補助犬法が施行された。

浄化槽の日
厚生省(現在の厚生労働省)・環境庁(現在の環境省)・建設省(現在の国土交通省)が1987(昭和62)年に制定。
1985(昭和60)年のこの日、「浄化槽法」が全面施行された。

○雨といの日
住宅やビル、工場などの設備に関する事業を手がける大阪府門真市のパナソニック株式会社エコソリューションズ社が制定。1982年(昭和57年)から発売している自社製品の雨といブランド「アイアン」のPRと、年に一度は雨といの点検を行ってほしいという思いが込められている。日付は、10と1を「雨と(10)い(1)」と読む語呂合わせから。 

都民の日 [東京都]
東京都が1952(昭和27)年に制定。
1898(明治31)年のこの日、それまで明治政府の全面的指導下の特別市だったものが、自治権を持つ一般の市になり、東京市の参事委員の互選によって市長が選ばれ、市役所が設置された。
都内の公立学校が休みになり、庭園・動物園・植物園等の入場料が無料になる。

香水の日
香水と化粧品の専門店・セフォラ・エーエーピー・ジャパンが2000(平成12)年に制定。
フランスでは新しい香水の発売日が毎年10月1日ごろであることから。

○ひろさきふじの日
りんごの晩生種の「ふじ」よりも1ヶ月早く熟す着色系枝変り「ひろさきふじ」は、1996年10月1日に東京の太田市場に初めて上場し高価格で取引され、早世ふじブームを巻き起こした。今でも「日本一早いサンふじ」として10月1日に初セリが行われることから、そのブランド化に取り組んできた青森県弘前市の「つがる弘前農業協同組合・ひろさきふじの会」が制定。 

食物せんいの日
飲料・食品メーカーなど6社による「食物せんいプロジェクト」が制定。
「1001」を「千一」と見立てて「せん(千)い(一)」の語呂合せ。

乳がん健診の日
乳がん患者などによる「あけぼの会」が制定。
「乳がん早期発見強化月間」の1日目。

食文化の日
日本食研が制定。
同社の1971年の創業記念日。

○トンカツの日
香川県三豊市に本社を置き、各種の冷凍食品の製造販売を手がけ、全国の量販店、コンビニ、外食産業などに流通させている株式会社「味のちぬや」が制定。食欲の秋であり、スポーツの秋でもあるこの季節に、トンカツを食べて元気に、そして勝負に勝つ(カツ)ことを目指して頑張ってもらいたいとの思いが込められている。10と1で、トン(10)カツ(勝つ=1番)の語呂合わせも。

○天下一品の日
滋賀県大津市に本社を置き、鶏がらベースの濃厚こってりラーメンを特徴とするラーメンチェーン店「天下一品」を全国展開する株式会社天一食品商事が制定。日付は10と1で10(テン=天)と1(イチ=一)の語呂合わせから。1999年以降、毎年10月1日を中心に、お客様への感謝を込めて「天下一品祭り」を開催している。 

○UNI(ユニ)の日
1958年のこの日に、高級鉛筆「uni」(ユニ)が発売されたことから製造販売元の三菱鉛筆株式会社が制定。なめらかな書き味と、「uni」(ユニ)色と呼ばれる独特の軸色は多くの人を魅了し続け、高級鉛筆の代名詞としてのブランドを確立している。 

磁石の日
磁石メーカー・ニチレイマグネットが制定。
N極を+、S極を-とし、+-を十一に見立てて。

○頭皮ケアの日
 ヘアサロン市場における頭皮ケア商品の代表的メーカー資生堂プロフェッショナル株式会社が制定。自宅での頭皮ケアや、サロン技術者によるヘッドスパなどの頭皮ケアを習慣化し、頭皮を健やかに保つことで根元から張りのある美しい髪を育んでもらいたいという願いが込められている。日付は10を「頭(とう)」1を「皮(ひ)」と読む語呂合わせから。

○スカルプの日
総合毛髪関連事業の株式会社アデランスが制定。自社の育毛コースである男性向けの「HairRepro(ヘアリプロ)」や女性向けの「Benefage(ベネファージュ)」、その他ヘアケア商品の販売や毛髪関連サービスのPRが目的。日付は10と1で「とうひ(頭皮)」と読む語呂合わせから。スカルプ(scalp)は英語で「頭皮」の意味。 

○トライの日
「資格を取る」「家を建てる」「マラソンを完走する」「新商品を開発する」など、個人や企業が何かの目標を持って挑戦をする、何か新しいことを試みる(トライ)、その出発点となる日をと東京の渡邊渡氏が制定。日付は10と1を「ト(10)ライ(1)」と読む語呂合わせから。 

○ポイントカードの日
日本最大の共通ポイントカード「Tカード」を運営する株式会社Tポイント・ジャパンが制定。共通ポイントカードはリアル店舗やネットサービスなど、業界を横断した多くの企業からサービスを受けられるカードで、その価値を高め「人のため・人と人が社会をつなぐポイント、みんなのポイント」を目指すことが目的。日付はTカードが誕生した2003年10月1日から。 

○AOAの日
韓国の人気ガールズグループ「AOA」が韓国で1位に輝いた楽曲「ミニスカート」での日本デビューを記念してユニバーサルミュージック合同会社が制定。日付は日本でのデビューが2014年10月1日であることと、10月1日=101として、数字の最初の1をアルファベットの最初の文字のAに置き換え、0は見た目からそのままOにすると「AOA」となることから。「AOA」の名前の由来は、「空から降りてきた天使たち『Ace of Angels』」というコンセプトから生まれたもの。

確定拠出年金(DC)の日、リタイアメントを考える日
確定拠出年金教育協会が制定。
2001年のこの日。「確定拠出年金法」が施行された。

荒川線の日
1974(昭和49)年のこの日、都電で最後に残された27・32系統が統合され「荒川線」の名称がついた。

衣替え、衣更え、更衣
気候に合わせて、衣服を冬服に替える日。
平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習にならって4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣」と言った。しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣といい、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御に次ぐ者を指すようになったので、民間では更衣とは言わず「衣替え」と言うようになった。
江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになり、明治以降の官庁・企業等もそれに従った。

北海道一般鳥獣狩猟解禁日
翌年1月31日まで。北海道以外では11月15日から翌年2月15日まで。

○ハロウィン月間始まりの日
ハロウィンのパレードやイベントなどで有名な東京・渋谷。その渋谷駅の東口に位置する「渋谷駅東口商店会」が制定。10月31日の「ハロウィン」のある10月を「ハロウィン月間」と位置づけ、1ヶ月間さまざまな活動を展開することで地域の活性化を図るのが目的。記念日としての日付はそのはじまりの日である1日とした。 

○アウトドアスポーツの日(10月第1土曜日)
10月はスポーツの月。アウトドアスポーツは自然の中で行うものが多く、土との関係が深いのでその第1土曜日を記念日に。10月の十と第1土曜日の一を合わせると漢字の「土」にもなる。スポーツ用品のミズノの直営店・エスポートミズノが募集した「スポーツ記念日」のひとつ。アウトドアスポーツのさらなる発展が目的。 

土の日(10月第1土曜日)
全国農協中央会が制定。
「十」と「一」を合わせると「土」の字になることから。

※※※10月1日~10月7日※※※

法の日」週間
最高裁判所が制定。「法の日」からの一週間。

ネクタイ・ウィーク
日本ネクタイ組合連合会が1971(昭和46)年に制定。「ネクタイの日」からの一週間。

全国道路標識週間
建設省(現在の国土交通省)道路局道路交通管理課が1978(昭和53)年より実施。

公証週間
日本公証人連合会が制定。「法の日」からの一週間。

全国労働衛生週間
労働省(現在の厚生労働省)が制定。

国家公務員健康週間
人事院と総務省が主唱し、各省庁が実施。保健衛生に対する認識を新たにし、より一層の職員の健康の保持増進を図る週間。

※※※

目とメガネの旬間(10月1日~10月10日)
「メガネの日」から「目の愛護デー」までの10日間。

○芸術祭(10月1日『~10月15日)
文化庁が主催して1946(昭和21)年から実施。すぐれた芸術作品の創造を促すとともに、鑑賞の心を醸成することを趣旨としている。
演劇・映画・音楽・大衆芸能等広範囲の部門に分かれて行われ、優れた個人・団体には芸術祭賞、芸術祭奨励賞が贈られる。

※※※10月1日~10月31日※※※

○土地月間
国土庁(現在の国土交通省)が1997(平成9)年に制定。「土地の日」からの一ヶ月。
公共の福祉の優先等、「土地基本法」に定められた土地についての基本理念の普及・啓蒙を図るとともに、土地関係施策について広報活動を行い、土地について国民の理解と関心を高めることにより、土地関係施策の効果的推進に寄与することを目的としている。

住生活月間
建設省(現在の国土交通省)住宅局住宅政策課が1989(平成元)年に「住宅月間」として制定。2007(平成19)年より「住生活月間」となった。

都市緑化月間
建設省都市局公園緑地課(現在の国土交通省都市・地域整備局公園緑地・景観課)が制定。

情報化月間
通商産業省(現在の経済産業省)と郵政省(現在の総務省)が1972(昭和47)年に「情報化週間」(10月第1週)として制定。
情報化に対する認識と理解を深める月間。

受信環境クリーン月間
受信環境クリーン協議会が実施。1955(昭和30)年に雑音防止協議会(現在の受信環境クリーン協議会)が「全国騒音一掃月間」として制定した。ここでいう雑音・騒音とは無線通信を妨害する電気的雑音のことである。会の改称にあわせて1969(昭和44)年に「電波障害クリーン月間」、1999(平政11)年に「受信環境クリーン月間」に改称した。

業標準化推進月間
経済産業省が実施。
1974(昭和49)年より10~11月の「工業標準化振興運動」を実施していたが、1994(平成6)年に現在の名称と期間となった。

リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進月間
リサイクルの意識の高揚と一層の促進を図るため、関係8省庁が1991(平成3)年に「リサイクル推進月間」として制定。
平成13年に施行された「循環型社会形成推進基本法」で、それまでのリサイクルにリデュース(減量)・リユース(再利用)を加えた「3R」の重要性が説かれていることを受け、平成14年から現在の名称になった。
1991(平成3)年10月25日、「再生資源の利用の促進に関する法律」(リサイクル法)が施行されたことに因む。

環境にやさしい買い物キャンペーン月間
2000(平成12)年から実施。商店街・大手スーパー・百貨店・コンビニ・生協などが協力して、リサイクル商品や少量包装の商品など環境に優しい商品の販売促進を行い、買い物袋の持参を呼びかける。

国際省エネルギー月間

輸入拡大月間
通商産業省(現在の経済産業省)が、国民に輸入拡大を理解してもらう為に制定。

古書月間
全国古書籍商組合連合会(全古書連)が2003(平成15)年に制定。
「古書の日」を含む1ヶ月。

魚食普及月間
水産関係団体が1985(昭和60)年に制定。

健康強調月間
健康保険組合連合会(健保連)と各健康保険組合が制定。

体力つくり強調月間
体力つくり国民会議と総務庁(現在の総務省)が1969(昭和44)年に制定。

ヘアケア月間
全日本ブラシ工業協同組合が制定。「ヘアブラシの日」を含む1ヶ月。

乳がん月間(乳がん早期発見強化月間)
乳がん患者などによる「あけぼの会」が1994年に制定。
ピンク色のリボンを活動のシンボルとし、初日の1日には東京タワーなどがピンク色でライトアップされる。

臓器移植普及推進月間
厚生省(現在の厚生労働省)が「腎移植推進月間」として制定。

骨髄バンク推進月間

里親月間
厚生省(現在の厚生労働省)が1954(昭和29)年から実施。「里親デー」を含む一ヶ月間。
この期間、里親・職親の登録促進、児童委託の促進、里親の養育技術の向上と相互連携の強化が図られ、里親の研修会や一日里親等の行事が行われる。
「里親」とは「児童福祉法」に基づいて、保護者のいない児童や保護者に監護させることが不適当な児童の養育を都道府県知事から委託された者を指す。「職親」は、保証人がいない年少者の就職の際に親の資格で保証人となって就労の世話をする人のことである。

仕事と家庭を考える月間
労働省(現在の厚生労働省)が制定。

育児休業制度普及促進月間
労働省(現在の厚生労働省)が制定。

労働保険適用促進月間
労働省(現在の厚生労働省)が制定。

中小企業退職金共済制度加入促進強化月間
中小企業退職金共済事業団(現在の勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部)(中退共)が制定。
中小企業勤労者財形制度普及促進月間労働省(現在の厚生労働省)が1994(平成6)年より実施。

高年齢者雇用促進月間
労働省(現在の厚生労働省)が制定。

LPガス消費者保安月間
通商産業省(現在の経済産業省)が制定。

木づかい推進月間
林野庁が1995(平成17)年から実施。「木の日」を含む1ヶ月。地球温暖化防止の観点から国産材の利用を推進する「木づかい運動」について、集中的な取組みを実施する。それまでは、1977(昭和52)年から林野庁が「国有林材PR月間」として実施していた。

けん銃取締り特別強化月間

全国自然歩道を歩こう月間
環境省が実施。

※※※

○麻薬・覚せい剤乱用防止運動(10月1日~11月30日)
厚生省(現在の厚生労働省)麻薬課が実施。

間伐推進強化月間(10月1日~11月30日)
林野庁が1991(平成13)年から実施。

赤い羽根共同募金運動(10月1日~12月31日)
1947(昭和22)年11月22日に「国民助け合い共同募金運動」として開始された。第1回の募金額は約6億円だった。
中央共同募金会と各都道府県の共同募金会が実施し、募金者には赤い羽根が渡される。
「共同募金」とは、社会福祉事業等への寄附金を公衆から募集することで、スイスの山村の牧師が路傍に木箱(チェスト)を置き、富者はお金を入れ貧者はこれを引き出すようにしたのが起源である。

 誕生花:キンモクセイ(金木犀) fragrant olive 

【花言葉】「謙遜」「高潔」「真実」「陶酔」「初恋」

【概要】
キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。中国南部の桂林地方原産で、日本には江戸時代に渡来した。
和名は漢名「木犀」の日本語読みで、木の幹がサイ(犀)の皮膚に似て黄色の花が咲くことから「キンモクセイ(金木犀)」。別名では「モクセイカ(木犀花)」とも呼ばれる。

中国では、正しくは丹桂(タングゥイ:タンケイ)がこれに当たるが、一般には桂花(グゥイファ:ケイカ、カツラバナ)の名で呼ばれることがある。しかし、桂花はモクセイ属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。丹は(橙色)、桂は(月、モクセイ類)」を指し、月から地上に伝わった仙木だとされる。また10月1日の国慶節には、金・銀の花を混ぜた料理や、花を付け込んだ桂花酒を使用している。
属名の Osmanthus はギリシャ語の「osme(香り)+anthos(花)」からきている。種小名の fragrans は「芳しい香りのする」という意味である。変種名の aurantiacus は「黄色を帯びた橙色の」という意味である。 
英名は「fragrant olive(フラグラント・オリーブ)」、「fragrant orange-colored olive(フラグラント・オレンジカラード・オリーブ)」。

【特徴】
樹高は3mから6m程。葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。葉の質は革質で先が尖り、裏側に少し曲がる。
開花時期は9月から10月。雌雄異株である。日本には雄株のみが入っている。葉の脇に芳香のあるオレンジ色の小花を密につける。
花径は5mmくらいである。雄花には雄しべ2本と不完全な雌しべが1本ある。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/f/fa/Kinmokusei01.jpg
・葉
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/oleaceae/kinmokusei/kinmokusei24.jpg
・花(雄花)
http://www.kawano531.com/wp/wp-content/uploads/2014/09/kinmokusei-2.jpg
http://www.yuraimemo.com/wp/wp-content/uploads/2014/10/kinmokusei2.jpg

【主な原種・園芸品種】

ヒイラギモクセイOsmanthus × fortunei
花は白色で芳香がある。ギンモクセイとヒイラギ(O.heterophyllus)の雑種と考えられている。 
http://kawasakimidori.main.jp/webzukan/zukan_gazou/hiiragimokusei_zentai.jpg
・葉
http://www.archundes.com/Midori-Hana/Ohnogawa/20030714_hiiragimokusei.jpg
・花
http://green-netbox.com/image/600310.jpg

【詳しい育て方】

■主な作業
剪定は、新梢が伸びる前の早春に行う。強剪定は開花枝を失う結果になるし、また、萌芽した枝が成熟せず、開花枝にならないことがある。

■栽培環境
暖地を好み、寒さにはやや弱く、霜が降りるような場所では、生育は不良となる。やや湿り気のある、肥よくな壌土質の土(砂質分に粘土質が3割ほど混じった土壌)を好む。やや耐陰性もあるが、日当たりのよい場所ほど花つきは良好である。また、大気の汚れた場所では花つきが悪くなる。

■水やり
夏場の水切れには注意する。土壌の乾燥は、生育や花つきを悪くする。

■肥料
2月下旬から3月に、寒肥として有機質肥料を中心に施す。

■用土
黒土を主体にして完熟した堆肥や有機質を混ぜた、やや湿り気のある土で植える。 

■植えつけ・植え替え
鉢植えは2~3年に1回、3月から4月に植え替える。 

■ふやし方
さし木:5月中旬から7月に新梢が充実しきる前に採取し、さし穂とする。充実してから木質化すると活着しにくくなるので、新梢が充実してきたらすぐにさす。発根剤で処理し、密閉ざしにするのがよい。露地ざしでは日覆いをして、水管理を十分に行う。

■病気と害虫
病気:褐斑病、炭そ病、先葉枯病
葉の周囲に褐色の斑点ができ、後には白っぽくなって枯れる褐斑病、葉の先端が黄色っぽくなって、後に灰白色になる先葉枯病、葉縁に褐色の円形の病斑ができて枯れてしまう炭そ病などにかかることがある。
害虫:カイガラムシ類(ヒイラギハマキワタムシ、ウメシロカイガラムシ、トビイロマルカイガラムシ)、ミカンハダニ
風通しが悪いと、カイガラムシ類が発生することがある。

■まとめ
葉が汚れると花付きが悪くなる
肥料(チッソ分)の与えすぎには注意
日当たりのよい場所を好む 
https://www.youtube.com/watch?v=vyn-9kcP_g0

 年中行事・祭・イベント

○紅葉馬車(北海道弟子屈町・川湯温泉街、10/1(土)~16(日) 14:00~14:40※2便 14時50分~15時30分もあり)
美しい紅葉と湯けむり漂う川湯温泉街を地元ガイドの名調子とともにのんびり・ゆっくり楽しむ情緒満点の周遊馬車(無料)。川湯温泉満喫ルートと別に、硫黄山ヒストリールート(有料)もあるので、両方楽しんでみるのもおすすめ。 

○【紅葉・見ごろ】屈斜路湖(北海道弟子屈町・屈斜路湖、10/1(土)~16(日)※気候により期間の前後あり、例年の見ごろは9月下旬~10月下旬)
屈斜路湖は、九州の阿蘇カルデラをしのぐ、日本最大の屈斜路カルデラのなかに横たわる巨大な湖。紅葉の時期になると湖畔の木々が赤や黄色に色づき、コバルトブルーの湖との競演が美しい。また、屈斜路湖を望む3つの峠からは、眼下に広がる広大な紅葉風景と屈斜路湖を見ることができ、色とりどりの美しく雄大な自然を楽しむことができる。 

○企画展「北海道の重要文化財建造物巡り」(北海道網走市・博物館網走監獄、10/1(土)~2017/3/30(木) 9:00~17:00※10月8日(土)11:00~12:30 角館長による講演会「北海道の歴史的建造物」)
北海道内の重要文化財建造物26件の建造物写真を展示し、建築年や特徴を紹介。北海道内の歴史的建造物に対する魅力をたくさんの人に知ってもらうことを目的とした展覧会だ。10/8(土)には、歴史的建造物調査研究のスペシャリストである角館長が、北海道の重要文化財建造物の魅力を楽しく伝える講演会も実施される。 

○定山渓温泉紅葉かっぱバス(北海道札幌市南区・定山渓[じょうざんけい]観光案内所(発着場所)、10/1(土)~21(金) 9:15~15:15※第1便9:15 第2便11:15 第3便13:15 第4便15:15 各便の所要時間は約1時間)
札幌の紅葉と言えば定山渓。まだまだ知られざる紅葉スポットを地元のガイドがご案内。アイヌ文化の資料館への立ち寄りや、このバスのための旬な果物の直売所が出店されたり、盛りだくさんのツアー。かっぱのイラストが可愛いラッピングバスの車窓からの眺めはちょっと高めで見晴らし良好。温泉街が紅葉に包まれる「今」だけの定山渓を感じてみよう。 ※案内所にて朝9時から当日便の受付が可能 

○ニセコハロウィン2016(北海道ニセコ町・ニセコ町民センター、10/1(土) 9:30~15:00※フードエリアは10:00~15:00)
国際色豊かなニセコで一足早いハロウィンが楽しめる好評のイベント。今年は装い新たに生まれ変わる。「トリック・オア・トリート」や「コスチュームコンテスト」などハロウィンならではのイベントはもちろん、ニセコのグルメが味わえる屋台やアクティビティなどお楽しみも満載。今年はニセコハロウィンではじけよう! 子どもも大人も参加OK! 

○浅虫水族館 ナイトツアー(青森県青森市・青森県営浅虫水族館、10/1(土)~29(土)※開催日は10月の毎週土曜日。各開始時間は、1回目17:10、2回目17:30、3回目17:50、4回目18:10、5回目18:30)
夜の水族館を案内するナイトツアー。幻想的にライトアップされた館内を、生き物たちの夜の生態について解説を聞きながらひとまわりする。イルカプールやトンネル水槽、熱帯大水槽の夜の様子や、アザラシ・ペンギンたち海獣の寝姿などを解説する。いつもとは違う水族館が味わえる。 

○草乃しずかの世界展(青森県七戸町・七戸町立鷹山宇一記念美術館、9/10(土)~11/6(日) 10:00~18:00※入場は閉館の30分前まで 期間中無休)
日本刺繍の作家 草乃しずかの展覧会。日本刺繍を始めて今年で40年となる。今展は源氏物語を題材とした代表作や祈りをテーマにした新作など約100点が一堂に展示される。 

○ふれあいFESTA in 大空ひろば(青森県三沢市・三沢市大空ひろば(青森県立三沢航空科学館隣接)、10/1(土)~2(日) 11:00~15:00※開始時間は開催日・内容により異なる)
10月1日は、高校生バンド、36’s「Sub Rook’s」、うっちゃんバンドのステージのあと、ビンゴ大会を実施。ビンゴ大会の賞品は、旅行券10万円+東京ディズニーランド1Dayパスポート3名分・倉石牛詰め合わせ・PS4・ロボット掃除機ほか、とても豪華。(ビンゴカード配布対象制限あり)10月2日は、動物戦隊ジュウオウジャーショーが11:00~/14:00~の2回行われる。活躍を見に行こう! 

○Used! kokeshi auction exhibition!(青森県黒石市・津軽こけし館、10/1(土)~11/20(日) 9:00~17:00※年中無休)
中古こけし約200本が揃うオークション展示会開催!こけしファン必見!マニア昏睡の堀出しモノがみつかるかも。 

○上十三の味力をぎゅっ!十和田湖味紀行(秋田県十和田市・十和田湖休屋特設会場、10/1(土)~2(日) 10:00~15:00)
十和田市や三沢市など「上十三[かみとうさん]エリア」の名物グルメが十和田湖に集結! また、「オリジナル缶バッチ制作体験」や「十和田湖ひめます塩焼き体験」など、親子で楽しめる企画もあり! この機会に、十和田湖へ出かけてみよう。 

○【紅葉・見ごろ】網張温泉周辺(岩手県雫石町・網張[あみはり]温泉、10/1(土)~15(土)※開催日は見ごろの目安 ※気候により前後する場合あり)
網張温泉周辺の紅葉。犬倉展望台へは網張温泉スキー場の展望リフト(3基・片道30分)を利用し徒歩10分。展望台からは岩手山の裾野に広がる紅葉が一望できる。山ろくと展望台では気温差があるので注意が必要。 

○【紅葉・見ごろ】国見温泉周辺(岩手県雫石町・網張[あみはり]温泉、10/1(土)~15(土)※開催日は見ごろの目安 ※気候により前後する場合あり)
緑の薬湯で有名な国見温泉。ブナの原生林に囲まれた美しい紅葉でも人気の温泉地。露天風呂からは赤黄の美しい紅葉を楽しむことができる。 

○あきた国際フェスティバル2016(秋田県秋田市・イオンモール秋田・セントラルコート、10/1(土) 10:00~16:00)
10月1日(土)10:00~16:00、イオンモール秋田・セントラルコートにて「あきた国際フェスティバル2016」が開催される。ベリーダンスやゴスペル、各国の伝統舞踊(タイ、インドネシア)、書道パフォーマンス、バグパイプ演奏など国際色豊かなステージパフォーマンスに加え、国際交流団体・在住外国人等による出展ブース、「世界のお菓子」がもらえるクイズラリーなど楽しい催し盛りだくさん。 

○全国まるごとうどんエキスポ(秋田県湯沢市・湯沢市役所及びその周辺、10/1(土)~2(日) 10:00~18:00※2日は17時まで)
郷土に根付き独自の食文化をつくる「うどん」は、地域によってさまざまな食べ方がある。全国のご当地うどんを集結し、「うどん食文化」を通じて地域の垣根を越えた連携を生もうと、2011年から始まった全国初の「うどん」のイベント。湯沢市役所前駐車場やその周辺を会場に行われ、昨年は、当地の稲庭うどんをはじめ、全国から22店の出店があり、二日間で10万人の人出でにぎわった。是非食べ比べてみては。 

○【紅葉・見ごろ】鳥海山(秋田県由利本荘市・鳥海山 竜ヶ原湿原、10/1(土)~20(木)※気候により期間の前後あり、例年の見ごろは10月上旬~10月下旬)
鳥海国定公園を中心とした鳥海高原は、ブナの森や湧き出る清水、竜ケ原湿原、日本の滝百選の名瀑「法体の滝」の勇姿など、大自然いっぱいのエリア。「祓川ヒュッテ」付近は、まさに絶景で、秋口の山頂の雪化粧と、周囲の山々とのコントラストを楽しむことができる。下旬にかけて3、2、1合目へと色づき、法体の滝では10月下旬から11月上旬まで楽しめそうだ。 

○鳴子音楽祭「湯の街ストリートジャズ in SPA鳴子」(宮城県大崎市・湯めぐり広場ステージ、ほっとパークステージ、仲町通りステージ、鳴子温泉駅ステージ、10/1(土)~2(日)※10月1日(土)昼の部12:00~17:00、夜の部19:00~21:00 10月2日(日)昼の部11:00~15:00)
今年で第9回目になる鳴子音楽祭「湯の街ストリートジャズ in SPA鳴子」が開催される。テーマは「アイラブ温泉。アイラブジャズ。アイラブ鳴子。」 湯めぐり広場ステージ、ほっとパークステージ、仲町通りステージ、鳴子温泉駅ステージを舞台に、熱いジャスステージを繰り広げる!

○第9回鬼小十郎まつり(宮城県白井市・ 白石城・本丸広場他、10/1(土) 10:00~15:00)
伊達家の重臣・片倉家の居城・白石城を舞台に、2代片倉小十郞重長と真田幸村(信繁)の戦いを再現。総勢120名のエキストラが甲冑武者や忍者として登場し、観客の目の前で歴史ドラマを繰り広げる。武者のぶつかり合い、鉄砲隊の火縄銃射撃、弓隊の弓術、忍者隊の降下演技など見所満載だ。他、午前中は地元白石の伝統芸能、神楽や太鼓、居合道を披露。また、まちなか別会場では人力車運行、きもの体験、うーめん試食会も同時開催する。 

○開館15周年記念特別展「伊達氏と上杉氏 舘山城跡国史跡指定記念」(山形県米沢市・伝国の杜・米沢市上杉博物館、10/1(土)~11/27(日) 9:00~17:00 最終入館16:30※期間中の開催日:前期:10月1日(土)~10月30日(日)、後期:11月3日(木)~11月27日(日) ※10月26日(水)と11月24日(木) は除く)
伊達氏の置賜(おきたま)進出から200年余、米沢は伊達氏の支配下にあり、とりわけ伊達晴宗、輝宗、政宗、三代による約50年間は、伊達領国の中心でもあった。本展では、伊達氏のルーツ、及び豊臣秀吉の奥羽仕置によって伊達政宗が米沢を去るまでの歴史、そして伊達氏と上杉氏との関わりを、文献資料や国指定となった舘山城跡の発掘成果などから探る。 

○香りのばらまつり・秋(新潟県長岡市・国営越後丘陵公園、10/1(土)~11/6(日)※10月は9:30~17:00 11月は9:30~16:30)
秋ばらはばら園の667品種2,315株のうち約3分の2が開花する。春のばらと違い秋ばらはゆっくりと開花が進むため、香りや色、花形が良いことが特徴。期間中はバラのスペシャリストによる講演会やガーデンツアーやばら園で行われるローズウェディング、クラフト体験なども開催。10/2(日)・10/16(日)は入園料が無料(※駐車料等は有料) 

○コレビレ秋季展「近代の暮らしの道具」(新潟県柏崎市・同一庵藍民芸館、10/1(土)~11/23(水) 9:30~17:00※水曜休館(11月23日は開館))
昭和の初め頃まで暮らしの中で使われていた暮らしの道具を展示。時代の流れとともにいつの間にか忘れ去られ、今となっては何に使ったのか、わからなくなってしまった物も多い。生活様式の大きな変化を、道具を通して感じられる。 

○【紅葉・見ごろ】蓮華の森自然遊歩道(新潟県糸魚川市・蓮華の森自然遊歩道、10/1(土)~31(月)※開催日は見ごろの目安、気候等により前後あり ※例年の見ごろは10月上旬~下旬)
中部山岳国立公園内蓮華温泉キャンプ場からスタートする蓮華の森自然遊歩道。1周約2時間30分のコースで、市内屈指の紅葉名所としても知られている。秋には赤や黄色に色付いた美しい紅葉が見事な景色を作り上げる。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月30日「くるみの日」 ... | トップ | 10月1日「日本酒の日」 ... »

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL