gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月23日「秋分」 誕生花:イチイ

2014-09-23 00:36:17 | 雑記

 記念日・年中行事

☆秋分[しゅうぶん](Autumn Equinox)

9月23日頃(2014年は9月23日)。および寒露までの期間。白露から数えて15日目頃。

地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度。秋

分とは、太陽が黄径180度(秋分点)を通過するときのこと。春分と同じく、太陽が真東から昇って

真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◎秋分の日(Autumnal Equinox)

1948(昭和23)年から国民の祝日。秋の彼岸の中日でもあるので、「祖先をうやまい亡くった人

偲ぶ」という主旨なった。

春分の日・秋分の日の日付は、その前年の2月1日に国立天文台が作成する『暦象年表』という小

子に基づいて閣議で決定される。よって、2年後以降の春分の日・秋分の日は確定していない。

○馬事公苑の愛馬の日

日本中央競馬会の馬事公苑では1968年(昭和43年)から秋分の日に『愛馬の日』を設ける。秋

分の日に設定したのは日本の動物愛護週間にあわせたもの。この日には伝統馬事芸能や乗馬体

験など様々なイベントが行われ、馬を身近に感じることが出来る。2010年からは併せてジョッキ

ーベイビーズの関東地区予選が行われるのが恒例となっている。馬事文化の普及を図る日。

○テニスの日

日本テニス協会等テニスに関わる多数の団体で結成された日本テニス振興協議会が1998(平

成10)年に制定。秋がテニスをするのに最適な時期であることから。テニス愛好者の創出と育成

を目的とし、全国各地で各種のイベントやテニスコートの無料開放が行われる。

□彼岸の中日

彼岸(ひがん)は雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計

14日間)である。この期間に行う仏事彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜

を1日に1つずつ修める日とされている。秋の彼岸の供物はおはぎ。

○お墓参りの日

全国の石材店・石材関連業者で組織される一般社団法人日本石材産業協会が制定。お盆や春と

秋の彼岸などにお墓参りをすることで、先祖代々に手を合わせる日本らしい文化を絶やすことなく

未来へとつなげていきたいとの思いが込められている。日付は「祖先をうやまい、なくなった人々を

偲ぶ」ことが主旨とされ、国民の祝日に定められている「秋分の日」とした。

○カフスボタンの日

カフスボタンの魅力をより多くの人に広めようと、カフスボタンの専門店として知られる「カフショッ

プ」が制定。日付は9月23日は「秋分の日」となることが多く、秋の訪れを感じる頃となるので長袖

シャツのおしゃれアイテムのカフスに最適との判断から。また、9と23を「カフス」と読む語呂合わ

せも。

○酒風呂の日

四季の節目である春分、夏至、秋分、冬至に酒風呂に入り、健康増進をはかろうと長野県信濃町

で銘酒「松尾」の蔵元を営む株式会社高橋助作酒造店の高橋邦芳氏が制定。日付は日本酒製造

の責任者である杜氏(とうじ)と同じ読み方の冬至(とうじ)などには「湯治(とうじ)」をとの語呂合わ

せから。

○不動産の日

1984年(昭和59年)に、全国宅地建物取引業協会連合会が不動産取引をより活発化させようと

設けた日。9月は不動産の取引が動き出す月で、23日は「ふ(2)どう(十)さん(3)」(不動産)の

語呂合わせから。

○海王星の日

1846年のこの日、ベルリン天文台のガレが海王星を発見した。

1781年の天王星の発見以降、その軌道がニュートンの天文力学に合わないのは、その外側にさ

らに惑星があるためだと考えられていた。そのためいろいろな科学者が天王星の軌道の乱れ等を

元に未知の惑星の大きさや軌道・位置を計算した。そして、フランスのル・ベリエが計算で予言した

場所に新しい惑星が発見された。イギリスのアダムスもその場所を突き止めていたため、ル・ベリ

エとアダムスが共同発見者とされている。

○万年筆の日

1809年のこの日、イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが金属製の軸内にインクを

貯蔵できる筆記具を考案し、特許をとった。

○沢内甚句全国大会(岩手県西和賀町・沢内バーデン)

沢内甚句は、凶作の年に年貢米の身代わりとなった娘・およねの伝説とともに唄い継がれてきた

民謡。大会は全国から民謡ファンが集い、喉を競い合う。

□下君田のささら(茨城県高萩市・王塚神社)

王塚神社の例祭として五穀豊穣を祈願して奉納されるもので、400年以上の伝統をもつといわれ

る。雄獅子2匹と雌獅子からなる三匹獅子舞で、子どもたちが三角形になって鳥居前と拝殿所で

舞い、奉納する。ささらは神に奉納するとともに村人たちの娯楽として伝えられ、また厄除けとして

の役目も果たした。

○大原はだか祭り(千葉県いすみ市・大原海水浴場ほか、9月23日~24日)

23日、大原地区の神輿10基が鹿島神社に集まり、午後に東海、浪花両地区の神輿も合わせて

10数基が大原漁港に揃ってから五穀豊穣と大漁を祈願した後、裸姿の担ぎ手が海で神輿を激し

くもみ合う「汐ふみ」が行われる。

○萩・南区のおいしさ満載便(東京都渋谷区・表参道新潟館ネスパス、9月23日~24日、

10:30~18:00〈24日~16:00〉)

新潟市南区から、甘くてジューシーなナシ(豊水)や濃厚な味わいのミディトマトなど、旬の果物・野

菜をお届けする。食用菊「白根大凧合戦」の紹介をはじめ、南区の魅力をあますところなくご紹

介する!

○関川関所祭り(新潟県妙高市・道の歴史館、101:00~15:30)

江戸時代越後の関所だった関川関所の祭り。甲冑武者をはじめとする時代風俗行列をメインに、

須弥山太鼓といった地元芸能及び歌謡ショーが行われる。そのほか地元農産品の販売、露店な

ど各種催しもある。

□大弐学問祭(山梨県甲斐市・山縣神社および参道)

甲斐市の生んだ学者、山県大弐[やまがただいに]の遺徳を顕彰する祭り。小中学生の学問成就

祈願や福もちまき、学問成就御守の配布。神輿渡御などが行われる。

□池田八幡神社例大祭(長野県池田町・八幡神社、9月23日~24日、10:00~22:00)

池田八幡神社は360年の歴史がある町区の氏神。9月23日は町内8台の舞台が町内を練り歩

き、最大のクライマックスである夜になると、提灯に灯りが灯った舞台が八幡神社に集結しお囃子

の音頭で心弾む。翌24日は2艘の舟が町内を走る。境内では奉納相撲が行われ、浦安の舞が奉

納される。8台の舞台は、近隣ではあまり見ることができない県内有数規模のお祭り。

○五箇山麦屋まつり・こきりこ祭り(富山県南砺市・地主神社境内〈五箇山麦屋まつり〉、白山宮境

〈こきりこ祭り〉、9月23日~26日)

秋めいた五箇山で民謡と踊りを披露する。23日・24日は哀調をおびた旋律に凛々しい舞の「麦

屋踊り」を、25日・26日は狩衣姿でささらを打ち鳴らす「ささら踊り」を上演。五箇山の歌と踊は国

重要無形民俗文化財に選択されている。

□海老江曳山まつり(富山県射水市・海老江山町内一円)

3本の曳山が町を練り回り、カラクリ人形を備えた曳山が囃子を奏でる。昼は「花山」、夜は「提灯

山」にしつらえる。

○福岡町つくりもんまつり(富山県高岡市福岡町中心市街地、9月23日~24日、10:00~22:

00〈24日は21時まで〉)

秋の収穫を祝い、五穀豊穣に感謝する300余年の伝統をもつ奇祭として知られる名物行事「福岡

町つくりもんまつり」。「地蔵まつり」(地蔵盆)に供えられる秋の収穫物が長い歳月を経て「つくりも

ん」へと姿を変えたのがはじまり。果物や野菜などを題材とした芸術作品が多数展示される。庶民

芸術で趣向が凝らしてある「つくりもん」は見る人を魅了する。

□神能奉納(京都市伏見区・御香宮神社、17:00~20:00頃)

秀吉が伏見城の守護神とし、鳥羽伏見の戦いでは、薩軍の屯所にもなった御香宮。その能舞台で

行われる秋の神能・仕舞・狂言。桃山期を象徴する表門や本殿は重文。

○高瀬川舟まつり(京都市中京区・高瀬川一之舟入り付近10:30~16:00※時間は催しによ

り異なる) 高瀬川の水運の起点、木屋町二条の「一之舟入」付近で行われる。復元された高瀬

舟に乗ることができるほか、舞妓さんによるお茶席(500円)など様々な催しが行われる。

「一之舟入」は史跡に指定されている。

○第80回筆まつり(広島県熊野町・榊山神社・熊野町中学校グランド・筆の里工房、10~17時)

毎年秋分の日に開催される「筆まつり」は、1935年から続いており、今年で80回を迎える。主な

催しには、榊山神社境内で行われる「筆供養」や、町内のメーカーがあらゆる種類の筆を年に一

の特別価格で奉仕する「筆の市」、著名な書家をゲストに招き、約20畳分の布へ巨大な筆で作

品を書き上げる「大作席書」などがある。筆に関する様々な催しが行われることから、毎年、県内

外から多数の観光客が筆の都・熊野町を訪れる。

○第27回なかやま栗まつり(愛媛県伊予市・栗の里公園、10:00~16:00)

特産中山栗のイメージアップと、都市と農村との交流をとおして地域の活性化につなげようと栗の

里公園の野外音楽広場周辺で開催されているお祭り。会場では、栗拾い、栗のつかみどりやイガ

栗のプレゼント、栗果実品評会(出展品販売)が行われる。市内の各種団体によるふるさと市もあ

り、栗ずしなどが味わえ、ゆで栗などの試食も楽しめる。歌謡ショー・キャラクタショーもお見逃しな

く。

○大分市・塚野鉱泉健康まつり(大分県大分市・塚野鉱泉山水荘駐車場、11:00~18:00)

塚野鉱泉は、緑豊かな山々から注がれる園田川沿いに昔ながらの湯治場情緒を残す市内唯一

の鉱泉。泉質は、含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素塩泉で、飲用・浴用ともに利用され、特に飲

用では高濃度の炭酸水素イオンと二酸化炭素の成分が胃腸病や慢性便秘に効能があることで知

られている。当日は、鉱泉水のそうめん流し、日本舞踊、フラダンス、お神楽等のイベントが行わ

れ、ペットボトル持参の人には鉱泉水の配布も行われる。

□武雄の荒踊(中野の荒踊、高瀬[こうぜ]の荒踊、宇土手[うとで]の荒踊) (佐賀県武雄市朝
 
日町中野・磐井八幡社、西川登町高瀬・松尾神社、東川登町宇土手・正一位神社)
 
旧武雄領のみに伝承される民俗芸能。動作の滑らかさ、手さばきの優雅さが残る踊り。国の重要

無形民俗文化財指定。

 イチイ(一位) Japanese yew

【花言葉】「高尚」「悲しみ」「残念」「悲哀」「慰め」

【概要】

イチイ(一位、学名:Taxus cuspidata)はイチイ科イチイ属の高木。常緑針葉樹。別名はアララ

ギ。北方領土を含む北海道から九州にかけて分布する。特に北海道や東北では群生地が見られ

る。また、庭木や生け垣として利用される。海外では、朝鮮半島、中国東北部、ロシア沿海部、サ

ハリンなどにも分布する。和名の由来は、かつて「正一位」「従一位」の高官の持つ笏に用いられ

ことからこの名がついたとされる。アイヌ語ではクニネという。また、短歌や俳句では「あららぎ」
 
と呼ばれる。属名のTexus はギリシャ語の「texos(ヨーロッパイチイ)」からきている。種小名の

cuspidata は「急に尖った」という意味である。

【特徴】
 
樹高は15メートルから25メートルくらいになる。葉は針状の線形で、羽状(鳥の羽のように左右に

小葉が並ぶ)に密生する。

開花時期は3月から4月である。雌雄異株で、黄褐色の花をつける。雌花は9月~10月に色づい

て、厚みのある赤い仮種皮が種子を覆う。仮種皮は赤い多肉質で甘い。実は食べられるが種子

有毒である。
 
 
・葉
 

 
・雄花
 

 
・雌花
 
 
・果実
 
 
【仲間】

ヨーロッパイチイ(Taxua baccata)
 
樹高7mほどになり、葉はイチイより大きく、枝が下の方から分枝し真上に伸びながらさらに分枝
 
するため、先端に何本もの枝先が並ぶ独特の円筒状になる。
 
 
 
キャラボク(Taxus cuspidata var.nana)
 
イチイの変種で樹高3mほどになる。イチイよりも土の乾きに強く、水はけが悪いと根腐れしやす
 
い。 
 
 
 
【詳しい育て方】
 
■主な作業
 
剪定:刈り込みによる樹形の維持は、新梢が固まる7月と、11月から芽吹き前の3月の年2回行

うと枝が密生してきれいになる。

■栽培環境

土質は特に選ばないが、肥沃な土で、強い日ざしを避けたほうがよく育つ。耐陰性もあるが、葉色

の黄色い品種では暗すぎると黄緑色になる。明るく西日の当たらないような場所が理想的。

■水遣り

鉢植えや、庭植えでも植え付けてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与える。

庭植えで植え付けてから2年以上たつ株は、特に水遣りの必要はない。

■肥料

庭植えは2月頃に寒肥として有機質肥料を株元の周辺に埋めておけば、そのほかは必要ない。

鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥する。

■用土

有機質を多く含む肥沃な土になるよう心がける。赤玉土中粒2:完熟腐葉土または樹皮堆肥1:牛

ふん発酵堆肥1の割合で混ぜたものなどを使用する。

植え付け・植え替え

3月下旬~梅雨と10月~11月上旬が適期。移植はなるべく避けるが、必要ならこの時期に行
 
う。イチイは根が粗いため特に暖かい地域では事前に根回しを行い、細根を発生させてから移植
 
する。ポットなどで生産されている株は根を切らずに植え付けができるので、特に植え付け時期を
 
選ばない。植え場所の土には完熟腐葉土または樹皮堆肥を多めに混ぜ、植え穴の底に有機質肥
 
料か緩効性化成肥料を元肥として入れておく。
 
■ふやし方
 
挿し木:3月下旬~4月上旬が適期。昨年伸びた各枝の先端から15cmほどの穂木をとる。穂木

の下半分の葉を取り、切り口をカッターナイフなどで斜めに切り整えて2時間程度水あげし、鉢に

入れた清潔な用土に挿す。挿し木後は乾燥しないよう直射日光と風当たりを避けた明るい場所で

管理する。

とり木:キャラボクのように枝が地表近くに出ている場合は、2月~3月に枝の一部を地面に埋め

てU字形針金で固定し、発根するのを待つ。このとき、埋めた枝の一部に切れ込みを入れておくと

発根しやすくなる。発根後枝から切り離し苗木を得る。

タネまき:9月~10月、種皮が赤く熟したころタネが落ちる前に採取し、仮種皮を水で洗い流して

すぐにまく(とりまき)か、乾燥させないように湿らせた砂と混ぜ、ビニール袋に密閉して冷蔵庫で保

存し、翌年3月に取り出し、もう一度水でよくタネを洗ってまく(春まき)。作業中もタネが乾かないよ

う注意する。発芽には2~3年かかることもあるので気長に管理する。
 
■病気と害虫
 
 病気:特にない。

害虫:カイガラムシ類、ミノガ類

カイガラムシ類は樹液を吸うため樹勢が弱る。排せつ物が堆積した葉や枝には、やがて黒いすす
 
状のカビが発生しすす病となり、見た目だけでなく光合成を妨げる。
 
ミノガ類(ミノムシ)が発生する。種類により食害時期が多少異なるが、春や7月~8月に幼虫が発

生し葉を食害して、秋には枝にミノをつくり越冬し、やがて成虫になる。雌は自分のミノの中に卵を

産むので、抜け殻だと思ってミノを放置すると年々数がふえ、被害が大きくなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月22日「国際クリーンア... | トップ | 9月24日「清掃の日」 誕... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL