SPROUT-BLOG

outdoor espresso

展示会×東京登山

2018-02-13 | Field
アウトドア用品の合同展示会が池袋であるため東京へ行ってきました。

冬の北海道から離れ、久しぶりに雪のないところへと思っていましたが、
東京は大雪。

以前SPROUTでバリスタをしていたピーターとも久しぶりの再会をして東京都山へ。
高尾→小仏城山→相模湖
というプチ縦走。
始発で行って展示会に間に合うように返ってこようという長めの朝活です。

スタートからゴールまでずっと雪と氷の道でした。


それでも山の上から眺める富士山はきれいだったし、
東京都心やスカイツリーもくっきり見えたりもしたし、
会いたかった天狗にも会えたし、


大満足な一日でした。

東京で美味しいコーヒーを淹れているピーターも元気そうでなによりでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8周年

2018-01-29 | SPROUT
2017年の12月15日でおかげさまでSPROUTは8周年を迎えました。

8年間、たくさんのことがありすぎて、思い出すのもたいへんなくらい。
毎日毎日を必死に送っていたら8年経っていたというのが素直な感想です。

それでもスタッフのみんながサプライズお祝いをしてくれたり、
公表していないのに「おめでとう」と言ってくれるお客様がいたりで、
それが本当に嬉しかったです。



周りの人たちに恵まれている9年目のSPROUTは
自分たちのお店という感覚は全くなく、
スタッフもお客様も、みんながつくる、みんなのお店となっています。



これからもみんなが、何か楽しいことをしたい!何か挑戦したい!というときに
力が湧いてくる、背中を押してくれる、支えてくれる、
そんな存在であるお店を目指していきたいです。



そして自分たちもみんなからもらった力で様々なことに挑戦していきたいと思います。
たった一杯のコーヒーの持つチカラは本当にすごいです。

ありがとうございました。
これからもSPROUTをよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焙煎機

2018-01-29 | coffee
SPROUTで使用させて頂いている焙煎機は日本の富士珈機の5kg釜です。

富士珈機の東京支店にお邪魔してきました。


さまざまな講習会を行っていたり、
焙煎機の無料開放デイがあったりと、
とってもオープンです。

焙煎機のことも丁寧に細かく教えて頂けます。

分解して構造やメンテナンスの仕方なども丁寧に教えて頂けました。


ネットでボタンひとつで、メールひとつで何でも購入できる今、
実際に作っている人や携わっている人に直接あって話を聞くことで気持ちが全然違います。

コーヒーが大好きで大事に丁寧に作られた焙煎機でSPROUTのコーヒーは焙煎されてます。

これからももっともっと大切に大切に取り組んでいきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NISEKO LOOP 2017Autumn

2017-11-04 | Field
10月12日、13日。NISEKO LOOPが開催されました。
昨年の10月8日に、いつも遊んでるふたつのコースをくっつけたら8の字になったので、じゃあ8のつく日の8時にスタートしようって思いつきで開催されたNISEKO LOOP
あまりにも楽しすぎたので今年はバージョンアップ。
昨年移住し、この楽しいコースで今までお世話になった山の友達をおもてなししたいっ!というもと君の強い思いから、エイドステーションや賞品も設定しての開催。

前日は受付と前夜祭。
SPROUTでコーヒー飲みながら受付をして、ジンギスカンのロフト倶楽部でパーティー、そしてスタート地点横の五色温泉にて宿泊。


当日の様子は偶然お店で話して興味を持ってくれたAkiくんと、倶知安ドローン女子すいちゃんが撮影。
この動画が本当に素晴らしい。
2017 NisekoLoop thanks mountain friends


表彰は1位にピッタリ賞、ナイススタイル賞、楽しんでたで賞、遠くからありがとう賞などなど。

「優勝じゃが太」

喜茂別グリーンノイズのオーガニックトマトジュース

走らなくてもボランティアとしても運営側としてもとっても楽しかったです。
速さを競うのではなく楽しむことが大事。
人と争うのではなく自分がいかに楽しむか。
そんな山遊びの根本的なことを感じました。

遠くからのご参加、平日なのに無理言ってきてくれたみなさん、
ありがとうございました!
また来年!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

meets KODAMA

2017-11-04 | EVENT
ひっそりとそれぞれがニセコに関しての思い思いのコラムを描いているKODAMA
そのKODAMAのオフ会のようなイベントが行われました。

ゲストスピーカーは矢吹俊男さん、“羊蹄太鼓のおじさん”として知られていますが、北海道の考古学の世界では知らない人はいないという凄い方なんです。細かな履歴は端折りますが、ニセコの歴史、風土、文化などなどに精通されてます。

お話しは約200万年前から始まり、現在のスキーリゾートになるまでのニセコを物語のようにお話しして頂きました。普段自分たちが生活している土地のロマンを感じることができました。


KODAMAは誰もがニセコに関しての文章を書いて投稿できます。
SPROUTとしても協力させて頂き、ニセコオートルートのことや旭ヶ丘スキー場のことを書いて掲載させて頂きました。文章を書くことだけでも貴重な機会で、その上プロフェッショナルな編集やウェブのことにも触れられるとってもいい機会です。派手で目立つような媒体ではないですが、誰の目も気にせずに興味を深く追求できるとてもいいものだと思っています。

今後もゆるく、ひっそりとあったらいいなと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加