すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

入口幸福論

2017年04月20日 | 雑記帳
 仙台への行き帰りなどよく立ち寄る某「道の駅」で、いつもの駐車スペースが工事中で使用できなかったので、裏の駐車場に回った。
 当然こちら側にも入口があり、円形を描くエントランスは二方向から入れるようになっていた。
 そこになかなかユーモアセンスあふれる案内が記されていた。

 右手が「幸福への入口」

 左手が「裕福への入口」

 同行者とともに、しばし会話をしながら…。

 「どっちがら入る」
 「おれ、幸福だから、裕福の方さ行ぐがな」
 「ええっ、幸福?裕福でなくとも幸福になるがや」
 「やっ、待で。幸福がら入れば、裕福なれにゃながあ」
 ・・・・

 と、ここで言語解説。「広辞苑」によると

 【幸福】心が満ち足りていること。また、そのさま。

 【裕福】富んで生活のゆたかなこと。富裕。有福。


 まさに「心」の問題と「生活」の問題に区別される。

 従って、より問題があると感じられる方へ入っていけば、いろいろと解決の糸口が見つかるかもしれないということだ。


 個人的に妄想すれば…

 幸福サイドには宗教者やカウンセラーが待っている。

 裕福サイドには投資アドバイザーや宝くじ売り場のお姉さんが並んでいる。


 実際は…

 幸福はレストランに近い方だ。そりゃ実際は「口福」ということか。

 裕福は、物産や直売所へ向かう。つまりは物売りゾーンだ。裕福とは「遊服」みたいなものか。



 さて現実は、なかなか目当ての「福」は見つからないし、空腹でもないのでレストランにも寄らず、物産館でほんの少しの野菜を買って帰ることにする。

 しかし、幸福も裕福もならないうちに帰っていいものかと、後ろ髪を引かれる思いも出てくる。
 それじゃあ、いつまで待てばいいのか!とふいに喉も乾いてきた。

 正面の入口から外に出て、自販機で「伊右衛門」(お得だ、500ml 140円)を購入する。


 ふと、振り返ると、その入り口上部にある案内が目に留まる。

 「至福への入口」

 【至福】この上ない幸せ

 あれえっ、そうかあ。ここから入れば問題なかったのか。
 幸福も裕福も、至福には叶わないはず…
 入り直すか…


 まあいずれにせよ、結局どこから入っても、そこが「福」への始まりだと思うことが大事なんだな。
 福は待っていて与えられるものではなく、自らそこに入ってつかむものなんだよ…

 と、施設管理者に成り代わって代弁してあげようか。


 こんなことぐらいでも楽しめるわけだし、それ一つとっても福になるのはそんなに難しいことじゃない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の見方に気づかされる | トップ | 独り視聴者委員会~4月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。