すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

「ひとりで戦う者」の価値

2017年07月17日 | 読書
 「ひとりで戦った経験は?」と訊かれたら、20代から30代にかけてのいくつかの事が思い出される。しかしどれも「若気の至り」という言葉で済まされそうな、しかも単発的な印象に留まってしまう。ただ、その時抱えていた問題意識は、まだどこかで燻っている気もする。「目的は何だ」といつも繰り返していた。



2017読了76
 『自民党ひとり良識派』(村上誠一郎  講談社現代新書)

 政局に興味はないが、政治の行方には気を配っているつもりだ。著者についてはよく知らない。しかし堂々と名づけたこの書名に惹かれ、手に取ってみた。表題も凄いが、自分を「ミスター自民党」と言い切り、単独で現執行部に対している。ちょうど一年前の発刊、偶然だが文藝春秋誌が今月号で取り上げていた。


 「自民党の劣化」についてこのベテラン議員は、その歴史を踏まえながら語っている。恥ずかしながら(笑)私は自民党と同じ年齢である。人間の身体と重ね合わすのは無理があるけれど、60年も過ぎる相当前から劣化は始まり、硬直するのは当然なのかもしれない。ただ政治は人間と違って滅びを待つことは許されない。


 著者が望む「自由闊達な党内議論」が無くなっている風景は、おそらく他の政党や企業、機関などにも見られる傾向だ。危機意識を持ち、風通しのいい場づくりに手をつけたところだけが、活性化し成長している…確かだろう。リーダーシップの重要性という道理は、「ひとり」で戦う者にとってキツイ現実でもある。


 眼がどこを向いているか、そしてその眼は曇っていないか…リーダーとはその点に自省的でなければいけない。人事配置も工夫の一つ。よって「ひとりで戦う者」をどう扱うか、これはかなり面白い判断基準で今後が楽しみだ。さて、この本にあった選挙制度の面白い意見は「一人2票制」。個人的にかなり気に入った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツワモノの言葉遣い | トップ | 海洋国の気配 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。