すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

状況依存する強さ

2017年07月08日 | 読書
 「自分は死んでも困らない」…先日の講演会ではそう語られた。自分が死んで困るのは周囲の人であり、自分ではない。養老先生の本は、新書を中心に何冊か読んでいるが、半分も理解できないなと思うことがしばしばだ。しかし時々どきっとするような、今まで考えてもみなかった知見に遭遇する。この本もそうだ。


(もう、しっかりと飛んでいる蜻蛉)

2017読了72
 『骸骨考』(養老孟司  新潮社)

 レヴィ・ストロースの「人類社会は交換からはじまる」という言葉の意味を、ああ確かにそうだ、とこの本を読んで初めてそう思った。つまり、「交換」をするのは人間だけだという、ごく当たり前のことに思いめぐらせた。それは物々交換やお金のことだけでなく、「相手の立場に立つ」という認知の場でも成立する。



 意識と身体は、著者にとって理論の核だろうし、頻繁に登場してくる。結論として「身体が意識を根本的に左右している」が挙げられるが、凡人はその逆のように考えたりする。怖いのは意識の肥大化だろうか。個性が持てはやされることを尻目に、この超個性的な著者はこう書く。「要するに私は状況依存なのである


 これは痛快。さんざんバカにされてきた状況依存や「空気で決める」ことに対して、ひどく寛容である(もっともそのレベルは判らない)。そして「状況依存ほど『客観的な』決め方はない」とも言い切る。つまり、それは「いまを生きる」という覚悟だ。情報化に振り回されるな、直観を鍛え、信じよ、ということか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨にうな垂れ沙羅の花 | トップ | 満月カステラへの細道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。