すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

印象づけられる存在感

2017年06月30日 | 雑記帳
 「本物を観よう」がここ10年くらいの心掛けの一つ。一昨日秋田市に養老孟司・畑正憲の二大巨頭!が来るというので、のこのこと出かけた。どちらも80代ではあるが、まだ現役感はある。会場はかのお城近くのホテル大広間。400人を超す聴衆が詰めかけた。平日なのでさすがに年齢層は高い。向学心のある?方々か。



 養老氏は前日にヨーロッパから帰ってきたばかりというが、すぐに演台から離れ、マイク片手に軽快に話し始めた。喧伝されている「生産性の向上」を例に語った「データは分かりやすいけれど、正しくはない」という一言に納得した。個には個の持つ事実があり、データに惑わされてはいけないと認識を新たにした。


 畑氏、登壇する際によろけてしまうハプニング。テレビに出なくなってから久しい。少し小さくなった印象。しかし「愛ときずなのホルモン」であるオキシトシンについて語る口調はまだまだ熱い。この方ほど「生身に触れる」ことの大切さを訴えて続けてきた人はいない。「ムツゴロウ精神健在」と印象づけられた。


 加齢なのかお二人とも多少滑舌に難があり…そんな理由で?多少ぼやっとした一瞬もあった。しかしその体たらくを叱責する驚くべきことが!講演終了後の入場者抽選会でサイン入り著書が計20名へプレゼント。なんと、番号を呼ばれる幸運に。しかも連れまで当選だ…ぼやっと聴いた分を読書で挽回というお告げか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一種、呪いの本 | トップ | クマも梅雨に打たれているか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。