すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

独り視聴者委員会~「ひよっこ」

2017年04月29日 | 雑記帳
 朝ドラの視聴率はもはや定番話題だが、さほど視聴者が気にしているわけではない。しかし、この「ひよっこ」が期待ほど伸びていない理由の分析は、読んでいてなかなか面白い。一つは前作「べっぴんさん」の後半のダウンが引き継がれているということ。これは頷ける。それほど前作の終盤部は面白みに欠けた。


 朝ドラは一つの習慣なので、その時間帯に離れてしまえば、次回作に影響が出るのは確かだ。さて、もう一つは「イケメン」が出ていないから、というかなり俗なこと。ああなるほどと思うが、それは本筋か。出ている男優にも失礼だ(笑)。主役級の女優たちの人気を問わないのは、視聴者層がやはり女性中心だからなのか。



 さて番組感想である。まずオープニング、素敵ですね。タイトルバックのミニチュアと桑田佳祐のテーマ曲がマッチしている。時代設定がかの名作「三丁目の夕日」に近いし、独自性を出すための工夫として評価したい。レトロ感を出すためにあんな手法があるのだと感心。「若い広場」の歌詞は少しわかりにくいか。


 脚本岡田惠和、さすがです。「ちゅらさん」「おひさま」という二作があるが、ある種の事件性を盛り込んで仕上げていたので、この作品も期待できる。今のところは、昭和の青春ドラマに父の失踪を絡めて進んでいて、来週以降に展開が激しくなるのではないか。ただ「すずふり亭」が絡みそうなのが、見えすぎる。


 主演有村架純、田舎出身者像がよく似合う。登場人物もしっくりくる配役だ。ただ山村の家々、バス経路、学校等の位置、距離関係が掴みづらい気がしたのは私だけか。さらに人物の多くが巻くマフラー。あの当時あんな巻き方はどこでもしてない!そんな細かいところまでは時代考証しないのか。結構ひっかかる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一年が速いと感ずるのなら | トップ | おっLike a Rolling Stone »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。