すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

納豆ネタが糸をひく

2016年10月19日 | その他
 「たべびとブログ」に納豆汁のことを書いていたら、結構よみがえってくる思い出があった。私が小2の時亡くなった祖父は、よく納豆をすり鉢でつぶしていた。それを傍でじっと見ていた気がする。ほどなく自分がその役目を担うことになった。「納豆つぶしは男がやるのだ」と祖父に言われたような気もする。



 納豆といえば、よく話題になるのが調味料のことだった。現在だとタレ付きが普通なので、地域や家庭による違いは少なくなっていると思う。私が育った家では「県南砂糖王国」を象徴するように、砂糖と醤油であった。高校生の時、たまたまその話題になり、砂糖を入れない家庭があったことに驚いた記憶がある。


 納豆を使った料理はバリエーションが多くなり、楽しめるようになった。昔に比べると匂いもきつくない気がする。それでも苦手な人が多いのは確か。そんな人に食べさせるおせっかい?も楽しい。かつて大嫌いという同僚に、知り合いの店でマスターに頼み、串揚げにしてもらったらなんなく食べたのは痛快だった。


 幼い頃は自宅で藁に包んで作っていた。いわゆる藁納豆。しかし当時は「チチコナットウ」と呼んでいたような。気になって調べたら「チチコ」とは「人に贈る土産物」の意味で「包み」に由来することに納得した。ところで、納豆を取り上げた名曲をご存知だろうか。『くどい太めの納豆売り』bye伊藤秀志。笑える。

 こちらのyoutubeで→https://www.youtube.com/watch?v=TY0Ir_iCxSg
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アネコとゴンボ | トップ | 眠れぬ夜にウチダ節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。