すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

「選」を選べない国の私たち

2016年12月13日 | 雑記帳
 昨日発表された恒例の「今年の漢字」、なんとなく「また『金』かあ」と思った人も多いのではないか。報道にもあるように、「金」は三度目。前回の2012年のときは、学校での漢字の取組みに絡め雑感を書いた記憶がある。解字的な事柄を調べていたら、結構意外なこともわかり、こんなふうに文章をまとめていた。

------「漢字の国、金の国」2012.12.13より抜粋―――

 それにしても「金」である。
 オリンピックや天文現象などがその理由として挙げられている。確かに「金」はイメージとしてこれほど輝かしいものはない字だが、字源としては「大漢和辞典」(学研)によると、「『今』(おさえたふた)+『土』+『砂金』(きんのつぶがちらばっている)」といった意味からできているらしい。

 輝かしいものが何かに押さえられているとしたら、閉塞感充満のこの国の現在にこれ以上ふさわしい字はない。
 そういえば、かの半島の国も、その字のつく人に押さえられている状態ではないか…などと変なことにも気づく。

-----------------------------


 (これは昨日買った「金のなる木」です。)


 改めて読んで状況はちっとも変わらないことに気づく。こんな調子だと4年ごとに「」になりそうだ。ちなみに2位は「」3位は「」4位は「」と続く。あれっ…「変」や「震」はかつて1位を取ったときがあるが、「選」という字はないはずだ。調べてみたらその通り。「選」は1位に選ばれない字なのである。


 「選」に投票した理由は、話題となった複数の「選挙」のことがほとんどだ。いわば常連的に取り上げられる漢字の一つなのかもしれない。しかしトップを取れる漢字かというと、そうでもない。つまり、選択する機会は常に豊富にあるが、それが最終的に印象強く残らない…どこか、この国や国民性を象徴している。


 「選」は、「巽」の部分が「二人並んでいる姿」、部首の「辵(しんにょう)」が「止まっては、また行く」を表し、二人揃っていくという意味に通じている。従って「揃えてみて良し悪しをより分ける」ことになる。選択の連続によって毎日は成り立つが、私たちは本当に選ぶための手順を踏み、自分で考えているのか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窮屈さに覆われないために | トップ | 書名だけを読書する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。