すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

ミノゴナシ旅②

2016年05月21日 | 雑記帳
 雨に煙る台北空港…と予想していたが、まあまあの曇り空。ただし湿度は高いことがすぐ感覚としてわかる。そこはやはり亜熱帯なのだろう。当然ではあるが「漢字だらけ」の街である。そしておそらく初めて訪問した人が誰しも思うことだろう「バイクだらけ」の街。もう一つ挙げれば「黄色いタクシーだらけ」か。


 初日、二日目とバス移動が多く、交通観察すると、とにかくバイクには驚かされる。交差点には車の前方にバイク枠がしっかり示されているし、信号が変わった瞬間にスピードを出して突っ走る。二人乗りは普通、子どもを二人抱えた母親ドライバーもいた。どこの道を通っても路上に駐車バイクがずっと並んでいる。


 信号には上部に残り時間を示す秒が表示される。日本ではたまに工事区間で見ることがあるが、ほとんど普及していない。ガイドさんが話すところによると、この方式にしたら信号を守るようになったという。このあたりは国民性なのか。我が国も最近イライラしている人が多い?から、導入してよいかもしれないと思った。


 中国系旅行者のところ構わない大きな声は、国内の観光地でよく耳にする。では、台湾国内ではどうなのだろう。やはり多少耳にすることはあった。しかしそれほどではない。ただエレベーターの乗り降りなどの際に感じるのは、自己優先的な気配だ。気遣いの文化が日常化している国で暮している自分を知らされる。


 黄色いタクシーに一度だけ乗る機会があった。目的とする店の名前と場所はわかっていたので、メモを示したらそれでOK。漢字の強さである。またドライバーのマナーもよく対応が丁寧で「アリガト」という一言もあった。外国人に対してその国の言葉で謝意を伝えられると嬉しいものだ。これは異国で実感できる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミノゴナシ旅➀ | トップ | ミノゴナシ旅③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。