すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

溜席の臨場感はさすが

2017年05月18日 | 雑記帳
 大相撲を「溜席」で観てきました!これは、なかなかチャンスがないと思う。5月場所は溜席(の一部)が電話申込による抽選があると知り、4月上旬に家の固定電話と携帯2台を使って挑戦してみたら、運良くその一つが当選した。盛り上がる大相撲ブームで前売り券は即完売と聞くと、我ながら運の強さに感謝。


 今回はお昼過ぎから国技館に乗り込み、幕下の取組や館内の様子なども見ることが出来た。ふだんテレビでは見られない場所や場面も十分堪能した。9月場所も枡席で結構良かったのだが、はっきりと力士の表情をとらえられるし、生々しく体が当たる音、それから場内歓声が凄く、まさしく「臨場感」そのものだった。



 稀勢の里人気も大きいが、それ以外の注目力士も多い。なかでも小兵とされる石浦と宇良。この両者の取組があり実に楽しめた。いい「役者ぶり」だった。かつて吉本隆明は「相撲は一つの芝居、歌舞伎みたい」と言った。それは脚本の有無ではなく、様式美のある表現ということだ。躍動感は近いほど見てとれた。


 外国人団体客はもちろん、修学旅行一団もいたようだ。和文化として見るべき価値があるだろう。反面流行が過ぎると、完全素人も混じる。後ろに陣取った女性母娘は取組表を見て「碧山」を読めずに「えっ、何、ミドリヤマ」などと言っている。力士名がこれでは他は推して知るべし。予習して観ましょう、日本人。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地方はどこを向かされたか | トップ | 「ない」を課して暮らす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。