すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

「ない」を課して暮らす

2017年05月19日 | 読書
 十年ほど前に「『ない』を誉める」と題して、ある教育雑誌に原稿を載せたことがある。「子どもを誉めるわたしの必殺技」という特集だった。子どもの「あきらめない」「わからない」そして「こたえない」「食べられない」を誉める技術について書いた。中味はともかく、発想や題、構成などは人目を引いたかなと思う。



2017読了53
 『人に強くなる極意』(佐藤 優  青春新書)


 教育とは異なる分野の新書だが、著者が「極意」と著した章立ては全部で8。全部「~~ない」と題している。「怒らない」「びびらない」「飾らない」「侮らない」「断らない」「お金に振り回されない」「あきらめない」「先送りしない」…読者対象はビジネスマン。行動決定の指針は、ネガティブリストが印象強いか。


 こういう題で書き進めながらも、最終的に「怒る」「びびる」…場面の大切さが強調され実にわかりやすい。例えば、日本が本当に「びびる」必要がある相手は、北朝鮮でも中国でもなくアメリカ合衆国であるという論は、考えれば当然だろうが、意識化できない日常を送っている。そういう見方を教えてくれる本だ。


 個人的に沁みたのは「侮らない」だった。最近ある事で少し恥ずかしい思いをし、少しの間心がとらわれた。よく考えてみると自分の向き合い方の問題だった。まさしく侮っていた。「『侮り』って人生の罠のようなもの」「『侮り』とは事後の概念」どちらの記述にも納得した。姿勢を正さねば、再び罠に足をとられる。


 「侮らない」だけでなく、章立ての「~~ない」を課した仕事(暮らしも同じだ)をしていくために、大事な共通事項をこの著から探すと次の二つになると考えた。「自分の力を見極めること」「誠実に精一杯向き合うこと」…02年の外務省騒動によって逮捕され長い拘留生活を送った著者の、経験値が集約されている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 溜席の臨場感はさすが | トップ | 人を見ないだけでなく… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。