すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

独り視聴者委員会~ジャンキードラマ

2017年08月05日 | 雑記帳
 バカリズム…本当にこの人は多才だなあと思う。発想力に関しては、いわゆる芸能界ではピカイチと言ってもいいだろう。現在、クール遅れで深夜に放送されている『架空OL日記』という番組もちょっと観始めたら、ついだらだらと付き合ってしまった。まるで超定番スナック菓子のようなジャンキーさ(笑)がある。


 番組解説はこちら↓
 「架空OL日記」はバカリズムが2006年から3年にわたり、OLになりすまして更新していたブログ「架空升野日記」をまとめたもの。OLの「私」が、同僚のマキちゃんや後輩のサエちゃん、頼れる先輩の小峰様たちと送る、ありもしない日常が淡々と綴られている。ドラマ版の主人公は、バカリズム演じるちょっとズボラなOL・升野英知。原作と同じく勤務先の更衣室や休憩室、仕事帰りに立ち寄る駅ビルなどで、マキちゃん、小峰様、サエちゃん、酒木さんらと繰り広げる他愛ないやり取りが描かれる。
~「ちゃんねるレビュー」より



 内容のほとんどは「女子トーク」。そこに垣間見る「人臭さ」が惹きつける。大きな事件なし、驚くほどのどんでん返しなし。解説では「ありもしない日常」と書かれているが、実は「あるあるネタ」をドラマ形式で展開すると言ってもいい。トークに込められる女子の気持ちを、バカリズムが見事にナレーションする。


 「たわいない」は「たわい」が「無い」こと。「たわい」とは「思慮分別」「確固とした態度や考え」を表す。そこから距離をとらなければ生きにくい現状だから、視聴者にウケるのだろう。しかし当て字とはいえ「たわい」とは「他愛」。結局わが身しか考えない、そんな個が投影されているといえば、少し言い過ぎか。


 重箱の隅をつつくように「架空OL」を分析すれば、狭い世界観だと気づく。例えば後輩が貸してくれたコミックがあまりに大量で、いやいや持ち帰るシーンがある。率直に言えないことや、分割する手立てを講じないのは、他者との同調から逃れられない日常だろう。意識せず背負っているものの、あまりの重さよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常套句に毒されず… | トップ | 「自然」を見続ける意味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記帳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。