すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

青い花、青イ花、藍の華

2017年06月15日 | 雑記帳
 いつの間にか、「青い花」が増えているような気がする。



 そもそも自分が気づいていなかっただけで、以前からあったのだと言われれば、そうなのかなあと思うしかない、非常に感覚的なことなのだが…

 紫系の色も含めて、昔はこんなにあったのだろうか。ラベンダーなどのブーム?もあったかもしれないし、花が観賞用、贈答用として広まり、品種改良が進んだとも言えるだろう。



 とにかく、植物園のようなところにも、目を凝らせば道端にも…目立つようになった。
 そちらに自然と目がいくのかもしれない。最近の自分の心理的傾向なのか…。


 さて、そういえば草野心平の書いた「青イ花」という詩があった。
 中学校の教科書にも載っていたはずだ。


    青イ花
            草野 心平

 トテモキレイナ花。
 イッパイデス。
 イイニオイ。イッパイ。
 オモイクライ。
 オ母サン。
 ボク。
 カエリマセン。
 ヌマノ水口ノ。
 アスコノオモダカノネモトカラ。
 ボク。トンダラ。
 ヘビノ眼ヒカッタ。
 ボクソレカラ。
 ワスレチャッタ。
 オ母サン。
 サヨナラ。
 大キナ青イ花モエテマス。




 この詩は、結構怖い。「蛙」の詩人である草野が、蛇との遭遇とその結末を描き、象徴的に「青イ花」が使われる。

 ちょっと暗い気持ちにもなるので、お口直しに…。



 藍染の作業を見学できたので、その時に店内で見かけた作品を撮った写真。

 もっとも、藍の花は青くはないんですがね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しみじみとアカシア天ぷら | トップ | 未練のピックアップ① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記帳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。