すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

浴衣の君の夏来る

2017年07月14日 | 雑記帳
 浴衣と言えば、「♪浴衣の君はすすきのかんざし♪」とかの名曲が思い出される。(ところで、すすきをかんざしにするのは難しいだろ)。私も含めよく聴いた世代は、どの程度浴衣に親しんでいるのだろうか。旅館に泊まったときぐらいだろうか。日常的に着こなしてもおかしくない齢だが、そんな暮らしは想像できない。


(これは今年の県展で特賞をとった藍染。呉服店に飾ってあった作品を撮らせてもらいました)

 今日は大相撲の特集で浴衣姿の力士が映されていた。力士は昔から自分の名を入れた浴衣を作り、周囲に配ったりしたのだそうだ。様々な柄が楽しかった。なるほど力士には浴衣がよく似合う。というより普段着としてインプットされている。太った男性が来ていれば、なんとなく相撲取りと思ってしまうのが普通だ。


 「ゆかた」という語は「湯帷子(ゆかたびら)」の下略と知られている。力士が着ると、まさに入浴前後というイメージがぴったりだ。しかし女性の浴衣姿となれば、もはやファッションとしての意識が強いだろう。この頃は都会でのややケバイようなデザインも見かけるが、色調の抑えが本質ではないとかと勝手に思う。


 となると、我が地元の西馬音内盆踊りの衣装と結びつく。幼い頃は子ども用の浴衣で列に加わったものだ。また娘たちを連れ出した頃も懐かしい。今は早い時間帯に観に行かないが、端縫いや藍染衣装とはまた違う良さがある。盆踊りまであとひと月少し、熱い夏が続く。もうすぐ囃子練習の音が聞こえてくるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時は罠を仕掛ける | トップ | ツワモノの言葉遣い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記帳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。