すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

ミもフタもないがジツはある

2017年05月05日 | キニナルキ
 「ミもフタもないなあ」と、ぺらぺらと冊子をめくって思った。
 机の中を整理していたら、昔買ったビジネス雑誌の付録が出てきた。「大前研一の名言119」と題されたポケットブックスである。

 キニナルキvolume50記念(笑)として
 そのミもフタもない典型語録を、いくつか紹介しよう


 010 日本には「大器晩成」という言葉があるが、実際にはそういう人はあまりいない。それは最初にサボっているだけだ。

 まあ、言い訳するなということか。「あまりいない」と書いているから、実はそういう人もいるんだね。
 しかし、その出現が期待できなくなった世の中になってきたことも確か。阻害しているのは…。


 024「腐っても鯛」「寄らば大樹の陰」という諺が日本にはあるが、腐った鯛は単なる腐った魚である。倒れる大樹の陰にいたらつぶされてしまう。

 ごもっとも、ごもっとも。
 この場合は「鯛」も「大樹」も他者からの評価だろうが、腐ったり倒れたりするのであれば、もはや変質(変身)している。


(タラノメ、天ぷらに飽きたら「ハム巻き(マヨネーズを塗って焼く)」がいい)


 111 親は子供に「お金」を使うのではなく、「時間」を使うべきである。

 これは痛いところをつかれた感じだ。
 「お金」を得るために「時間」を使っている大人が多い。
 しかし子供に、その得た「お金」を使うのではなく、直接「時間」を使うことの方がずっと肝心だ。
 昔の親は、お金も時間も使えなかったんだね。


 115 人生はスキーと同じで、転びそうになったら転んでしまった方がいい。

 無理に頑張ってしまうと大怪我になる場合が多い。
 思いきり転んで雪を蹴散らして「ワハハ」と笑えたらいい。そこからまた滑れ!
 なんだか、いいこと言っているなあ。


 「ミもフタもない」は「実も蓋もない」ではなく「身も蓋もない」
 身とは器の蓋に対して物を入れる部分のこと。つまり容器の体をなさない。

 しかし、大前のこれらの言葉に「」はずいぶんあると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小賢しいコミュニケーション... | トップ | 独り視聴者委員会~GW篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キニナルキ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。