すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

最果からのキニナルキ

2017年07月29日 | キニナルキ
 いつ頃だったろう、この詩人の存在が気になったのは。まず名前がいい。「最果タヒ」。どこか人を寄せ付けないような響きがある。妙にフレンドリーな雰囲気を漂わせる輩とは違う。この30も年下の詩人の言葉を拾ってみた。…と言いながら、まだきちんと単行本を読んでいないので、近々詩集を買おうと思っている。

Volume66
 「人間というのは別々で暮らしているし、だから思考回路も価値観もバラバラだけれど、しかし実は多くが重なっている。(略)その重なっている部分になじんでいく言葉や話は、どんなに離れていても伝わっていく。感情なんかよりそういうものがずっと近くにあり、響き合っているのだ」

 「重なっている部分」とは、日常生活における衣食住のことであったり、寿命だったり、ごく普通に見聞きすることなどを指している。
 その「事実」がとても大切で、ディテールを突き詰めていくことによって、「自分」が伝わっていくということじゃないかな。
 感情だけを先走って口にする傾向がある。それでは、伝わることは少ない。


(十数年ぶりに花を開かせた我が家のサボテン)

Volume67
 「命の話は、『それすなわちそなたの心の美しさ』みたいな態度で、その人の口から飛び出す言葉を見張っている。測っている。」

 「命」を「生死」と置き換えて考えれば、半径数メートルの話と、距離の遠い話では、ずいぶん差があるか。
 遠ければどうしても「想像できない、想像しない、想像しようとしない」…いろいろなレベルを混在させつつ、人は自分で論理を組み立てる。
 それは、あまり美しいとは言えない気がする。何を見つめているか、ということだろう。


Volume68
 「一回見たらもうその作品は用済み、という価値観はただただ趣味の問題と思うし、そういう人たちにとって、ネットは都合がいいだろうなあ、と思う。でも、彼らが一番ネットに、なにがしかのおいしいものを吸い取られていっているような気も、実はする。」


 プロの写真家がネットに自らの写真をアップしている話題から、そのサイトの見方について語っている。

 きっと「なにがしかのおいしいもの」とは、人生でかなり重要なものではないか。
 見ていて、ああ、ああっと気づかなければならない。「待て」と断ち切らなければならない。と、自省を込めて思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F先生を見送る | トップ | 祝「羽後麦酒」誕生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。