すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

「味わう」を味わう

2017年08月09日 | 雑記帳
 「~~~、そのまま緩んだ感じを味わう」というストレッチ運動の記事を見て、実際に動いていたら、心にストンと落ちる気がした。変哲のない表記のなかにある「味わう」の意味が実感として迫ってきた。大げさだなあという方もいるだろうが、きっと自分はこの「味わう」にひっかかりを持っていたからだと思う。


(旬の茄子の味噌汁は、味わい深い)

 「料理を味わう」ことではない。昔、国語の授業のための学習指導案に目標として「~~~読み味わう」と書く方が少なくなかった。教師用指導書にそう記述があったからか。それがどうにもぴんとこなかった。「読み味わうってどういうことですか」…何度も尋ねた。どんな姿を求めているのか明確でなかったからだ。


 納得した答えに出会った記憶がない。「味わう」という表現で括るために、どんな「活動」をして「学び」を得るかが具体的でなかった。「味わう」とは辞書によれば「よさを感じる・意味を深く考える・体験する」ということ。当然だがそのために「心をそこに集中する」ことが必要だ。その手立てが見えるかどうかだ。


 手立てを講じれば、素材が変化し、違った様相、感覚を見せる。それを集中して感じ取る(そのまま浸ればいいが、多くの場合表現が伴う)ことが「味わう」だ。これは料理でも、読書でも、運動などでも同じ。「味わい深い」という語があることから、「味わう」は時間性と大きく関わる。「今、ここ」とつながる感覚だ。


 自分だけだろうか。「味わう」ことが少なくなっているように思う。スピード優先社会に毒されているからか。単にメリハリをつけられないだけという陰の声も聞こえる。「味」は口へんに未。「未」とは細かいこずえを強調した象形文字である。日常の細かな部分にもっと目をつければ、様々な事象を味わえるに違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨッパライの帰る場所 | トップ | 山の日の前の日の道の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。