すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

未練のピックアップ③

2017年06月19日 | キニナルキ
 作家平野啓一郎の書いた「私とは何か~個人から分人へ」という考えに関心を持った時期がある。
 それを、いわば「私」の横軸的な考えととらえると、縦軸的な考えもあるかなと思った。
 縦軸は個人で完結しない考えになり、それは大きく生き方に関わってくるだろう。



Volume56
 「子供は『私』なのだと僕はみなしています。子の私、孫の私、ひ孫の私と、私を渡しながら続いていくのが「私」。私を厳密ではなくアバウトに見て、子も私とみなそうという見方を持ち込んでいます。こういう『私』観が今こそ大切だと思うのです。」

 『ゾウの時間 ネズミの時間』で有名な生物学者本川達夫の言葉。
 生物の本質は「ずっと続く」ことと言い、子供を作るのは「体を定期的に更新する」システムだと考える。
 そう思えば、子供は「私」というみなし方もできるわけである。

 このような『私』観を持てば、将来の環境保護やこの国の赤字国債のことも、違った視点でとらえることができるかもしれない。
 オレが…ワタシが…ジブンが…そんな言い方は、結局その場限りの「私」だけであり、もっと広げ、アバウトにしていくことで、考え方は豊かになる。

 かの永六輔は「この地球上に命が生まれてから私はずっと生きている」という考え方をしたそうである。
 その意味がじいんと噛み締められる。

 「今、ここ」にいる私だけが、大事ではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未練のピックアップ② | トップ | 未練のピックアップ④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。