茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

「知恵の経営」コラム(NO.1)

2017年06月28日 | ブログ
いきなりですが、みなさんに質問です。
自社の「強み」は何でしょうか?

「うちの強みは、徹底した品質管理だよ。」
「うちは、笑顔の接客には自信があるな。お客様にいつも褒められるよ。」
「うちは、何と言っても、お客様への素早い対応だよ。」

一方、「うちには特別ないな~。弱みばっかりだよ。加工してるけど、うちでしかできない加工技術でもないし…。」とう声も聞こえてきそうです。
でも、本当に、他社に誇れる「強み」がないのでしょうか?

では、質問の内容をかえます。
「みなさんの会社の月の売上は、0円ですか?」

そんなことはないですよね。
売上があるということは、顧客が、みなさんの会社に何らかの価値を感じているから、お金を払っているのではないでしょうか?
逆を考えたら(みなさんがお金を払う立場)、よく分かりますよね。

また、会社が続いてきたということは、弱みを打ち消すだけの強み(価値)があったからではないでしょうか?

つまり、会社として継続している限り、みなさんの会社には、他社にはない強み(価値)があるんです。

では、その強み(価値)を生み出す源となっているものは何でしょうか?
それは、みなさんの会社が生み出し、活用してきた「知恵」です。

「知恵」というと、難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
「知恵」は、どんな会社にも、当たり前に存在しているんです。

「知恵」の具体的な例は、経営理念、研究開発力、技術力、熟練工のノウハウ、品質管理力、多品種少量生産への対応力、組織力、機動力、顧客とのネットワーク力、仕入先とのネットワーク力、社内の改善活動、社内コミュニケーションの良さ、独自のマニュアル、接客力、アフターサービス対応力、などのことです。
これらは、みなさんの普段会社で行われている、みなさんの会社にとって「当たり前の活動」のことです。
この「当たり前の活動」こそが、みなさんの会社にしかない、貴重な「知恵」なんです。
そして、この「知恵」を大事な「資産」としてしっかりと認識し、活用していくことを「知恵の経営」と言います。

ただし、みなさんの会社にある「知恵」は、そのほとんどが形のないものであり、当たり前の日常に埋もれてしまっているので、みなさん自身が気づいていないだけなんです。
まさに、みなさんの会社には、「宝」がたくさん眠っているのです。

「宝」があるのに、みなさん自身が気づいていない、本当にもったいない!

そこで、まず、自分の会社には、みなさん自身も気づいていない、会社の「宝」が眠っているんだ、ということを頭に入れてください。

【本日のまとめ】
当たり前の日常に本当の強みがある。
しかしながら、当たり前すぎて、見落としてしまっている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ISO改訂版と知恵の経営 | トップ | 「知恵の経営」コラム(NO.2) »

ブログ」カテゴリの最新記事