茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

「知恵の経営」コラム(NO.6)

2017年09月19日 | ブログ
こんちは。
前回、「知恵」の見つけ方として、「事業活動の流れを遡りましょう。」とお伝えしましたが、あらためて、「強み」そのものだけを眺めても意味がなく、その「背景(日常業務・努力・工夫)」まで眺める必要があるということをお伝えします。

私の顧問先で、うなぎのかば焼きを提供している老舗(うなぎ屋)があります。
うなぎのかば焼きのポイントのひとつに、「秘伝のタレ」があり、創業以来、この「秘伝のタレ」を引き継いできています。
当然、この会社の強みは「秘伝のタレ」ということになりますね。

でも、本当に「秘伝のタレ」が「強み」なんでしょうか?

どうやってこの「秘伝のタレ」を作るのか?という「作り方」、どうやってこの「秘伝のタレ」を使うのか?という「使い方」も大事ですよね。そして、それらも「強み」ですね。

例えば、「秘伝のタレ」を持っているだけで、タレの使用料、使用方法を誤ってしまったら、おいしくないかば焼きになってしまいますよね。
また、原材料の仕入れ方なども含め、「秘伝のタレ」の作り方がいい加減であれば、これを代々引き継いでいくことができませんよね。

このように、「作り方」・「保有」・「使い方」、とこの3つが連なって、「秘伝のタレ」という「強み」を形成しているのです。
言い換えると、「秘伝のタレ」という「強み」の「背景(日常業務・努力・工夫)」がしっかりと存在しています。

ですから、みなさんも、自分の会社の「知恵」を眺めていく場合、「~という強みを持っている!」というだけでなく、それを生み出している「背景(日常業務・努力・工夫)」の部分まで眺めていくことが必要なんです。

特に、技術力に自信がある会社の場合、「我が社は、~というこんなに高度な技術を持っている!」という、「技術の保有点」にのみ、焦点を当てがちになってしまう傾向があるので注意しましょう。
また、「知恵」の「背景(日常業務・努力・工夫)」に該当する部分が見える化されると、新しいことにチャレンジする「経営革新」や他社や研究機関と連携していく「企業間連携・産学官連携」も上手くいくようになります。
逆に、この「背景(日常業務・努力・工夫)」を明らかにしないまま、新規事業に取り組んだり、企業関連携等をしたりすると、その大半が上手くいかない結末を迎えてしまっています。
そのため、みなさんは、このような残念な結果にならないよう、「知恵」の「背景」をしっかりと把握するようにしてください。

この記事をはてなブックマークに追加

「知恵の経営」コラム(NO.5)

2017年08月31日 | ブログ
こんちは。
今回は、「知恵」の見つけ方についてのお話をします。

「知恵」は、みなさんの会社にとって「当たり前」のことが多いですから、自分で見つけようとすると、かえって、見つけることが難しいです。
たとえば、私生活でも、自分自身のこと、分かってるようで、分かっていないことが多いですよね?

 そこで、私のような外部専門家とやり取りをしながら見つけていく(または、再発見していくといった方が良いかもしれませんが…)方法が、一番よいと思います。

その時、私は下記のようなフレームワークを活用しています。

経営理念→しくみ(日常業務・努力・工夫)→強み(技術・ノウハウ)→製品・サービス

 左から右、これは、事業活動の流れを表しています。
 まず、社長の思いがあって、それを実現するために、社内のしくみ(努力・工夫)をつくります。そして、このしくみ(努力・工夫)から、独自の技術やノウハウが生まれ、それを活かした製品・サービスを顧客に提供していっています。

 そこで、「知恵」を見つけていく際は、この流れを逆に遡って眺めていくと、見つけることができます。
 「なぜ、そのような製品が作れるんですか?」
 「~という技術があるからだよ。」
 「なぜ、その技術を身に付けることができたんですか?」
 「~という努力・工夫をしてきたからだよ。」
 「なぜ、そのような努力・工夫をしてきたんですか?」
 「~が経営理念だからだよ。」
という感じで、「なぜ?」を繰り返していくことで、「知恵」の大枠が見えてきます。
 たとえるなら、小さい子どもが、「なんで?」「なんで?」と大人に聞いてくるようなものです

 どうでしょうか?一度、自分の会社に「なぜ?」「なぜ?」をしてみませんか?
 きっと、見落としていた「当たり前」のことの大事さに、あらためて気づいていただけると思います。
 この「当たり前」のことが、大事な「資産=知恵」です。


この記事をはてなブックマークに追加

「知恵の経営」コラム(NO.4)

2017年08月08日 | ブログ
こんちは。
今回は、「知恵」の活かし方のポイントになる、「ストーリー」についてお話をします。

前回、『部分的には非合理でも、全体でみると合理的、これが本当に賢い会社だというお話をしたと思います。
そして、これが、「知恵をストーリーとして活かす」ということでしたね。
ここで、この部分的に非合理な部分、これを「キラーパス」といいます。
言い換えると、「外部からは見えない、利益を生み出す肝」のことです。

今回は、この「キラーパス」とストーリーの関係についてお話をしたいと思います。

みなさんも、他社の良いところをまねしようしますよね。
ところが、みなさんがまねをしようとすればするほど、相手の企業との差が開いてしまうという現象がおこります。

仕事の話ではなく、ファッションにたとえてみましょう。
ファッション雑誌等を見て、自分もそうなりたいと思い、同じような髪型、メイク、服装をするのですが、どうも、ピンとこない、こんな経験、または、そのような人を見たことがないでしょうか?
本人は、ものすごく研究熱心で、ものすごく知識がある。それにも関わらず、全体としてみるとアンバランスになっている。
その理由は、部分と全体の絶妙なバランスを欠いているからです。
まさに、ファッションの「肝」を欠いているからです。

ビジネスも一緒です。
大抵、良い企業の個別の構成要素のみをまねしようとする。
そうすると、個々の構成要素の相乗効果が生まれず、かえって、構成要素が過剰になって、本来、その企業が持っていた良い部分までも壊してしまい、その結果、戦略としての一貫性を欠き、パフォーマンスの低下を招いてしまいます。
つまり、皮肉なことに、まねしようと思えば思うほど、良い企業との差がますます開いていってしまうんですね。

やはり、一番大切なのは、自社の明確なストーリーです。
「知恵」の賢い活かし方こそが、他社からまねされることがない、“面白いストーリー”を作っていくのです。
ぜひ、みなさんも、知恵を凝らし、あえて部分的には割に合わないことを行い、“面白いストーリー”を創っていきましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

「知恵の経営」コラム(NO.3)

2017年07月24日 | ブログ
「知恵」は、一般的な有形資産のように、誰かが使っていると他の人が使えないということはなく、みんなで同時に使うことができるという特徴があります。

例えば、有形資産である、会社の“車”、これをある人が使ってしまった場合、あなたは使うことができませんよね。
でも、やっかいなお客さんへの“対応ノウハウ”、これはみんなで共有できますね。

さらに、「知恵」は、使えば使うほど、どんどん相乗効果を生んでいくという特徴があります。

例えば、先程のお客さんへの“対応ノウハウ”、これを社員で共有すればするほど、お客さんへの接客力サービスが全社的に向上しますよね。

また、「知恵」は、ただ持っているだけではダメなんです。
大事なことは、『「知恵」をどのように事業に活かすか?』なんです。

例えば、高度な加工技術を持っていたとしても、その活かし方を間違えてしまうと、付加価値の低い、誰も買ってくれないような製品が出来上がってしまいますね。
その一方、上手に活かすことで、高いお金を払ってみんなが買ってくれる、高付加価値商品が出来上がりますね。

さらに、「知恵」を賢く活かしている会社には、ある特定部分だけを見ると、「なんでこんなに割に合わないこと・面倒なことをやってるんだろう?」と思え、でも、全体のストーリーで見てみると、「なるほど、これは筋が通ってる!」と感心する、こんな特徴があります。

そして、この「割が合わない・面倒くさい」ことは、大手企業は絶対にやりませんから、大手企業との差別化につながるんです。

すべてを合理的(=金銭的な損得)に割り切ってしまってはダメなんです。
合理的なことは、誰でも思いつくのです。だから、結果的に、差別化になりません。

一方、非合理なことは、だれも真似しません。だから、差別化につながります。
「部分的には非合理、でも、全体で眺めると合理的」、これが「知恵」の賢い活かし方です。



【本日のまとめ】
「知恵」は、ただ持ってるだけではだめ。
「ばかな、なるほど」、これが、「知恵」の賢い活かし方。

この記事をはてなブックマークに追加

「知恵の経営」コラム(NO.2)

2017年07月10日 | ブログ
今回は、「知恵」が、いかにすごい「宝」かということをお話します。

まず、みなさんにご質問です。

「常にカネがある会社が勝ってきたのでしょうか?」
「もちろん、そうだよ。カネがある会社が強いに決まってるじゃないか。」とおっしゃる方もいるでしょう。

でも、本当にそうでしょうか?

ものすごく大きな資本があった会社でも、あっけなく倒産してきましたよね。
過去を振り返ってみれば、銀行、証券会社、…、思い出してください。

では、真の勝者は誰でしょうか?

その答えは、「知恵」のある会社です。
この「知恵」こそが、あらゆる荒波を乗り越えてきたのです。

ところで、みなさんの会社が必要とする経営資源は、二通りあります。

ひとつは、「事業活動のためにとにかく必要」なものです。
これは、単純なヒト、モノ、カネです。

もうひとつは、「上手くやっていくために必要」なものです。
これは、技術、ノウハウ、顧客の信頼、ブランド、企業風土などです。
そうです、これは「知恵」のことです。

絵を描く場合に当てはめてみると、絵を描くために「とにかく必要」なものは、人、絵具、筆、キャンバスなどです。
一方、「上手く描くために必要」なものは、描き手のセンス、技術などです。
どちらも、一流の画家になるためには必要なものですが、より一流かどうかは、「上手く描くために必要」なもので決まってきますよね。

また、「知恵」は、簡単にカネを出せば手に入るものではなく、みなさん自身が日々の業務の中で作り上げるもので、その蓄積はスローテンポでしかありません。まさに、みなさんの日常業務の積み上げの結晶が、「知恵」です。
このようなことから、「知恵」は、会社を上手くやっていくために必要なものであり、かつ、みなさんの競争相手が簡単に手に入れることができないものなんです。
よって、「知恵」は、みなさんの会社だけの「宝」であり、競争相手との「差別化の源泉」になるんです!

いかがでしたでしょうか?
「知恵」の成り立ちから考えていただき、「知恵」がみなさんの会社の「宝」である、ということを感じていただけたでしょうか?

【本日のまとめ】
「知恵」はお金では簡単に買えず、蓄積に時間がかかる。
だから、競争相手との差別化の道具になる。

この記事をはてなブックマークに追加