邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

風邪ひき

2016-03-05 | 日々の泡

風邪をひいてしまった。

横になると咳が出るので、よく眠れない。

 

時代劇で、

ひどい咳をして寝込むのは貧乏人で、

裕福な大店や

武家の奥様がごんごんやっているのは

あまり見たことが無いですよね。

 

時代劇専門チャンネルで放送されていた

「長谷川伸シリーズ」でも、ヤ●ザから堅気になった菅原文太の

糟糠の妻(吉行和子)が、

せっかく幸せを掴もうとした矢先にコンコン・・・・・と・・咳をしたと思ったら

みるみる悪くなっていき、あっという間に

あばら家で寝たきりに。

 

このシリーズ、

「瞼の母」

「関の弥太っぺ」「沓掛の時次郎」などの股旅もので

高橋英樹 江波杏子 萬屋錦之介 竹脇無我 長谷川一夫

などが主演、監督は

工藤栄一、マキノ雅弘、加藤泰、稲垣浩などなど、

豪華絢爛のドラマシリーズでとても見応えがあった。

 粋がって啖呵を切るが、

どこか哀愁が漂う主人公。

コテコテの演出と、待ってましたの決まり文句!

台詞が大変芝居がかっている?(芝居なんですけれども(^_^;))ところも、たまらなかった。

 

渡世人の世界から足を洗った菅原文太が、

愛妻の枕元で

腕に彼女の名前を彫り、ここがすでに堅気の発想から逸脱してますが(^_^;)

永久の愛を誓う場面がちエグくて涙を誘いました。

瀕死の吉行和子はそれを見て、嬉し涙にくれながら死んでいく・・・という、ちょっとポエムなお話でした。

 

ゴンゴンゴン・・・

 

そんな縁起でも無いシーンを思い出していないで、

しっかり栄養とって、

気合で治そうと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加