邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「青葉繁れる」

2009-12-23 | ★痛快!な映画
東北の名門高校に通う
稔(丹波義隆 )、デコ(伊藤敏孝 )、ジャナリ(粕谷正治) は
勉強そっちのけで女の子のことばかり考えている。
頭の中は「あの事」ばっかりだ。そこへ
東京の日比谷高校から転校してきた俊介(草刈正雄)が仲間に加わり
4人は彼らのマドンナ ひろ子(秋吉久美子)に近づくために
演劇部に入るのだが・・

井上ひさしの同名小説。監督はコメディもすごい、岡本喜八

主人公の稔を演じているのは丹波哲郎の息子さん、義隆で
度の強い眼鏡をかけた顔は井上ひさしにそっくり。
ちょっとやりすぎくらいに身体を張って熱演している。

草刈正雄はモデルから俳優に転向した直後で
初々しく、まだ何にも染まっていない感じ。
突出したルックスがゴージャス過ぎて
日比谷高校にも
田舎の風景にもマッチしない・・
こんな高校生がいたら目立って目立って
近隣三県から見物人が来るでしょう。
大人っぽいなと思ったらこの時すでに22!
う~ん・・小池徹平みたいに小柄じゃないから
ちょっとキツイ。

マドンナ役の秋吉久美子は役とほぼ同年齢
18歳の可愛らしさで
ほとんど台詞が無いにもかかわらず、さすがのオーラを放っております。

東北の言葉を聞いているだけでも
ほんわか、暖かい気分になってくる。

進学校といえどものびのびした校風、
仙台の美しい自然(カメラは木村大作だあ)と
素朴な方言で癒されるぅ~~と
思いきや、
若さ爆発のノンストップ・ギャグに圧倒された。

最近、地方の高校生を主人公にした青春ものが何本か作られたけど
何か物足りなさを感じたのは
この時期特有の
ストレートな欲望が描かれていないためだったのか
と 煩悩だらけの三人を見ていて気づいた!

日本映画専門チャンネルにて
「娯楽のアルチザン:岡本喜八特集より」

1974年
監督 岡本喜八

原作 井上ひさし
脚本 小林俊一岡本喜八
撮影 木村大作
音楽 佐藤勝

ブログランキングへ応援オネガイシマス
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「女の歴史」 | トップ | クリスマス・イヴは成瀬映画で »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岡本喜八 (FUSA)
2009-12-23 18:51:47
大好きな監督でした。実際はどうだったのかわかりませんが、見てる分には、変なこだわりがないというか、面白ければいいじゃないか、みたいな生き様も小気味良かったです!
亡くなった時の私のブログ記事です。
http://blog.goo.ne.jp/np4626/e/cfa3b2aad8d22e38ed45d7534afe89d2
FUSAさんへ (ブラボー)
2009-12-23 22:34:45
私も大好きです!!

こんな魅力溢れる方は
ちょっといませんよね。
作品はもちろんですが、人間的にも
すごく惹かれます。
Unknown (藍色)
2010-03-07 15:48:25
こんにちは。原作本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色さんへ (ブラボー)
2010-03-07 18:11:33
こんにちは!

TBありがとうございました。
原作はまだ読んでいませんが
楽しい映画でした。


コメントを投稿

★痛快!な映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青葉繁れる 井上ひさし (粋な提案)
戦後まもない頃、恋に悩み、権力に抗い、伸びやかに芽吹く 高校生たちの青春を生き生きと描く。 名門校の落ちこぼれ稔、ユッヘ、デコ、ジ...