邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「真田幸村の謀略」

2017-10-07 | ★ぐっとくる時代劇映画

猿飛佐助(あおい輝彦)が宇宙人?という

奇想天外時代劇だが

監督は中島貞夫

脚本は笠原和夫なんです。

 

松方弘樹の幸村は、ドーランも黒々で

精悍でどっしり!なんだけど、

真田十勇士をストップモーションでコミカルに登場させたり、

のっけから隕石が飛んで来たり、

大陸帰りの真田広之が韓国語でぺらぺら喋ったりと

びっくりの連続。

 

幸村が執念で追う、家康は萬屋錦之介。

大阪城でヒステリックに叫ぶ淀君に

高峰三枝子という豪華キャスト。

高峰三枝子は

「犬神家の一族」の汚れ役が素晴らしかったけど、

すでにこういう濃いキャラをやっていたのですね→ ×

というのは間違いで

この作品は1979年公開

「犬神家・・」は76年・・だから

犬神家のほうが先でした。

とにかく、達者な演技に見惚れた。

 

笠原和夫の脚本は

リズムが良く、長い台詞も心地よく耳に入ってくる。

「そうなの~~?」などという

妙な現代語が混じっていないのもいい。

そうそう、成田のミッキー(成田三樹夫)も

大阪方の重鎮として出ており

ドスの効いたセリフにうっとりしました。

他に丹波哲郎、梅宮辰夫も。

 

大阪城落城シーンは

色々な映画で何度もみるけど、何度見ても感慨深い。

秀吉が一代で築きあげた豊臣家が無残に

滅ぼされてしまう・・日本の戦いの歴史ですね。

 

合戦シーンは迫力があり、

派手な甲冑姿の幸村が何人も現れるシーンは、鳥肌ものの

見どころでした。

 

ラストにも、あっと驚くショットが待ち構えている、

エンターテイメント時代劇でした。

 

時代劇専門チャンネルにて

 

今日も良い日でありますように。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カズオ イシグロと日本映画 | トップ | 「石坂浩二のニッポン凄い人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★ぐっとくる時代劇映画」カテゴリの最新記事