邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「やすらぎの郷」が面白すぎる

2017-04-23 | ●面白かったTVドラマ

「やすらぎの郷」

毎回

意外な展開にわくわくする。

 

それにしても豪華なキャストだ。

 

八千草薫(美しい~)

有馬稲子 浅丘ルリ子

加賀まりこ 草刈民代 

ミッキーカーチス 山本圭 名高達郎

そしてあの藤木孝まで出てる!!

有馬稲子演じるシャンソン歌手の

愛人=しもべ の役だ。

まだ台詞はあんまりないからこれからが楽しみ♪

歌ってツイスト踊ってくれないかな笑

 

各々の見せ場がたっぷり、

その

台詞が長いことといったら!!

まるでひとり芝居を見るような贅沢感だ。

 

明日はどうやら野際陽子が

主役?

 

大スター達の圧巻の演技を

受ける石坂浩二がまた上手い~~くるくる変わる表情が可笑しい~~

 

こたえられない大人のドラマです。

ず~~っと続いていて欲しいなあ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やすらぎの郷」第一回 | トップ | 月丘夢路様ご逝去 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛)
2017-04-28 07:50:36
ほんとに面白いですね。

石坂さんのナレーターも聴きやすいです。

それに 最後フィリップ、、、と言うのでしょうか
ヘアーメークに ( )がついて
各女優さんの名前が書いてあり、
さぁ~すが、きのう、きょう出てきた人達とは違いますね、
うなりました。
女性がこういう扱い受けてるって、何だか嬉しいです。
愛さんへ (ブラボー)
2017-04-28 11:21:13
石坂さんの声って落ち着きがあって
ほっとしますよね。
達者な役者さんたちメジロ押しで
贅沢なドラマですね。


確かに~~
愛さんの着眼っていつも鋭いですね。
とても勉強になりますし、共感いたします!!(^_^.)



Unknown (愛)
2017-05-07 09:41:12
伊豆の人が 
川奈ホテルがロケに使われてるらしい
なんて、言ってました。 違ってたらご免なさい。

有馬稲子さんは
もう 7. 8年前ごろからホーム入りされてるそうですね。

「ガーデニングサークルに参加してます」
と、雑誌に書いてあるのを読んだような気がします。


わが家はきのうは、茄子を料理しました。
でも、呪いはかけませんでしたよ(笑)
Unknown (愛)
2017-05-07 16:11:17
有馬稲子さんが 自分の考えや、意見を述べたり
にんじんクラブと言う、プロダクションを立ち上げた頃

あるベテラン俳優と、監督とが
「生意気だから、やっつけてやろう」 と示し合わせ
その男優が有馬さんを叩く場面のリハーサルを開始したら
毎回、ほんとにほっぺを叩き、
それがなんと、一週間もOKがでなくて
鼓膜は、変になるし、落ち込んで自殺まで考えたとか。

ころもパワハラになりますよね。
有馬さんの言動は、女性の地位がまだまだ低い時代で
今なら 意見や、希望をはっきり言う女性が珍しくなく
有馬さんは、半世紀まえから 先駆けた方だった気がします。

でも、このエピソードの監督とは、違う監督との
お付き合いのはなしを、自ら語っておられますが

監督、って絶対的立場に逆らえない職場だったことが伺えます
(今の事情は、しりませんが)

「やすらぎの郷」のテロップの
ヘアーメーク担当の話題になった際に
女優さん、一人、ひとりに書いてあり
今までの活躍を尊重されてるような扱いで
有馬さんの御苦労が報われたような
時代の流れを勝手に感じたのです。
愛さんへ (ブラボー)
2017-05-07 19:30:04
大変 勉強になるお話ですね。
有馬さんは
率直にものをおっしゃる方のようですから
色々軋轢もあっただろうなと思っていましたが
そんなことがあったとは!!
あのように美しい方がそんな目にあっていたとは
・・・・
確かに女性がものを言えるような
時代では無かったのでしょうね。

徹子の部屋に出ていらっしゃった時に
楽しいホーム生活についてお話をされていて
それも新しい生き方だなあと感心しました。
あの大女優さんが・・・と。

川奈ホテルですね。チェックします笑
Unknown (愛)
2017-05-18 09:51:44
ギョ!ギヨ!
けさの週刊文春の広告見たら

【やすらぎの郷】
倉本聡が「藤竜也のモデルは高倉健」

と書いてありましたね。
愛さんへ (ブラボー)
2017-05-18 12:05:19
私は「秀さん」という名前と、
やすらぎの郷住人や
スタッフの
反応から、
これは
「健さん」がモデルだな?

と感づいていました 笑
Unknown (愛)
2017-05-19 08:36:20
ワァ~さすがです。
そういえば、藤さんが風吹さんの写真ばかり見て
石坂さんが、しゃべり続けた回がありましたが
あそこで気づくべきでした。  (笑)
愛さんへ (ブラボー)
2017-05-23 17:26:56
あの場面は可笑しかったですね。

石坂さんの多彩な表情を
たっぷりと
堪能させていただいております。
贅沢な気分♪
金田一以来の主役。
今更ながら、お芝居が上手いな~~と・・・


藤さんも最近はコメディタッチの作品に
良く出られて
かつての強面路線から一歩踏み出した?感が
ありますね 笑
Unknown (愛)
2017-05-29 07:49:25
藤竜也の奥さまも素敵ですね。

ここで突然、笹野高史さんなんですが
笹野さんの奥さまは、
笹野さんと結婚きめた際は
〈必ず世に出て活躍する人〉
との、信念を感じたそうです。

昔も、今も青年実業家とのご縁が多いなか
(失礼ながら)まだ売れないパートナーを選ぶ女性って
男性への信頼度が かなり高い方ですよね。
愛さんへ (ブラボー)
2017-05-29 10:37:23
芦川いづみさんですね。

爽やかな美貌で
素敵な女優さんでしたね~
藤さんと結婚されて
すっぱりと引退されましたが、
やはり先見の明がおありだったのでしょうか。

笹野さんの奥様も
いい目をお持ちだったのすね!
才能を信じるって、すごいことですよね。
Unknown (愛)
2017-06-07 07:05:42
有馬稲子さんの出番が少なくて
なんだか、ものたりなかったのですが
最近は、多く登場されてますね。

むかしからピュアな美しさでしたが
熟年のお歳になっても
ほうれいせんも、めだたないし
ヘアーピースが不自然ではないのですね。

少しアルツハイマー? がかっているような、ないような
そんな、キャラクターがご愛嬌です。
愛さんへ (ブラボー)
2017-06-07 16:52:56
有馬さん すぱっと切れる演技も
素晴らしいですね。
ほうれい線、かつらのくだりで
笑ってしまいました。

あらためて考えてみるとこのドラマ、
そんじょそこらにはいない
すごい美女だった方々が出ていらっしゃいますよね。

どんな美女も老いる、
だけど
みなさん身をもって、
人間の
美醜とは何かと教えてくれているような、
そんな気がしています。
Unknown (愛)
2017-06-07 18:15:22
  》美醜とはなにかと教えてくれるような、

ほんとですね。

A・ヘブバァーンは
歳とればシワができるのは自然なことで
シワのばしなど、いっさいするつもりはない
の意味なこと述べてたようですね。
いつか画像でみたのですが、お墓もシンプルでした。

晩年の本を読んだのですが
「麗しのサブリナ」でH・ボガードと共演した際
ずっと冷ややかな応対されてたそうで
あのボギーのイメージがちょっと。。。笑

   
Unknown (愛)
2017-06-07 18:20:10
ヘブバァーンといえば
これから(7日) 7:00から
bs4で 「ローマの休日」あります。
業務連絡?が遅くなり
間に合わなかったらごめんなさい
愛さんへ (ブラボー)
2017-06-08 12:02:06
筋がびしっと通った方でしたね
ヘップバーン・・

H・ボガードは意外ですね。

デザイナーの島田順子さんが
阿川さんの番組に出演された時
ノードーラン で、染みという染みを(笑)
一切隠さず出ておられたのには
ビックリ仰天でした。なかなか
勇気がいることと思いました。
 
昨夜はちょっとバタバタしており
気づくのが遅れました!
業務連絡ありがとうございました!笑
「ローマの休日」ステキですね~バイブルです。
Unknown (愛)
2017-06-11 07:11:01
富士真奈美さん
美人が意地悪役を演じるはしりでしたよね。

むかし「細腕繁盛記」で 
新珠三千代さんをいびる演技の時

富士さんあての手紙にカミソリが入っていて
 
   「思わずニャッとしてしまったわよぉ~
  演技に自信ついたわぁ~~」

と、ユニークな人らしい想い出話をしてた事ありました。

あと、 晩年の笹沢佐保さんから
「逢いたい」旨の連絡あって

コーヒーラウンジで向かい合い
お話ししたさいに

  「入れ歯をカクンカクンしていて話す様が
 なんだかせつなかった」

の感想が、もの哀しかったです。
Unknown (愛)
2017-06-11 08:33:20
「ローマの休日」の G・ペックの役は
初めは ケーリー・グランドに
オファーがあったそうで

「女優のほうが主意にたつ作品は、ちょっと、、」
の意味の理由で断ったらしいです。

H・ボガードも 重鎮の地位でいる自分に
アカデミー賞、受賞したあととはいえ
自分からしたら、出たての女優が
マスコミに騒がれている事に
にがい思いを感じたのでしょうか。

ボガードと、ローレル・バコールの馴れ初めは

新人のバコール(当時、芳紀19歳だったとか)との初共演で
自信なげにしていたのを、見て

「力を抜いて自然を心がければ大丈夫」
と、アドバイスやら、演技指導をしてから
恋が芽生えたとか。

バコールの厚い自伝に、詳しく書いてありました。

他に、  自分のスタイルは綺麗。
     私の美しい子供たち。
の表現やら
成長した子供が 薬にはまった事、、、etc

良し、悪しが率直に書いてあり、ビックリしました。


ヘブバァーンの本に戻りますが
主役をはってきたハリウッドの人は
同性ではない相手に対してでも
プライドやら、ジェラシーが凄い。

と、気がつきました。
愛さんへ (ブラボー)
2017-06-11 19:18:37
富士真奈美さん
美しい方ですが 思い切った憎まれ役で
ブレイクしましたね!
やすらぎ・・でも嫌われものの役で
いい味を出していますね~~
入れ歯の話はちょっとわらってしまいました。

「女優とは、優れた女と書くのよ!」と、
おっしゃった岡田茉莉子さんのように
並々ならぬ自信と
プライドが無くては、
カメラの前で勝負する女優(男優)さんは
務まらないのかもしれませんね。

凡人では逆立ちしても出来ない仕事ですね~~~笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL