邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「古毛糸・残毛糸利用法百種」:昭和の手芸本

2016-02-18 | ★読書

またひょっこり出合ってしまった昔の読み物。

たまたま開催中だった古本市で見つけました。

 

「古毛糸・残毛糸利用法百種」!!

昭和13年婦人倶楽部の付録です。

私を待っていたかのような内容。

 

麗しい表紙絵をめくると

作品見本が!

さらに、

 

素晴らしく親切な配色表が目に飛び込んできます!

 

「編み物は配色さえ上手にいけば、再生編み物でも美しいものが出来ます」

 

「編み直しといっても、徒(いたずら)に見苦しいものを作らないで、(^_^;)

この表を参照して、是非これが再生編み物かというようなものをお作りください。この表をご覧いただければ

決して失敗することはございません。」

 

なるほど、なるほど。心強いです。

きっと昔っから、ずば抜けてセンスのいい人っていうのは存在したのでしょうね。

見苦しいもの・・のくだりで笑いました。

 

「お子様の多いご家庭など、それぞれ色々なものをお編みになりました度に、

ほんの少量づつでも残り糸が出るものでございます。

そんなのを大切に仕舞っておおきになりまして、時々整理なさいますと、

新しくお求めになったものよりも、かえって趣味深く、面白い、いいものが出来るものでございます。」

 

「何にもならないと思ふやうな、極く僅かな古毛糸を利用して

一寸の手間で作った「印形入れ」でございます・・・

 

などなど・・・・・

 謙虚で丁寧で、優しく、しかもシャンと気骨がある文章です。

 

私が古い本に惹かれるのは、

こういったキャプションに心を鷲掴みにされるからなのです。

物を大事にし、

しんしんと冷える時期、家族が少しでも暖かく過ごせるようにと

心を配った、当時の女性の細やかな気遣いにも胸を打たれます。

 

デザインも決して

最近のものに負けていません。モチーフものもありました!

ガーター編みで編み貯めたものをはぎ合わせて毛布に・・これはやってみたい。

フェルト化しても味が出て面白そうです。

 

「捨ててしまうような少しづつの屑毛糸を集めて編んだ

火鉢敷でございます」

 

私が以前作った植木鉢敷きとまったく同じではありませんか!!

半端な極太糸が貯まって貯まってどうしようもなくて編みましたが、

編んでる時はけっこう楽しかったです。敷物はアラが隠れるし、重宝しますね。

 

ぜひ作りたいものがもうひとつ・・

暖かそうな羽織下。

巻頭の配色図鑑を参考にして、なんとか見苦しいものではないものを

作りたいと思ふ・・・・

 

 

で、やっぱり気になる巻末の広告ページ。

洗濯石鹸の広告ですが、

「毛を生かす」!!!!が、ナイスですね!(^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んだ日には

たった10センチの残り毛糸でも捨てられなくなってしまひ、

昨今流行りの断捨離とは真逆の方向へと突っ走ることになるでせう!(^_^;)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦前の料理本:昭和初期・・がすごい

2015-12-07 | ★読書

昭和の料理本です。

料理本好きの私は昔のものも好んで読みます。

料理に古さを感じさせないのがすごいです。

かえって手がこんでいるものもあり、

洗濯掃除、縫い物、ふとんの綿入れなど

主婦の家事労働が半端無かった時代にこの丁寧さ。

 

昔の人に対する畏敬の念が湧きます。

 

だって、炊飯器も無い時代ざんしょ!

 

こちらは

「温かい冬の家庭料理」

「婦人倶楽部」

昭和10年12月号の付録です。

よって

大根 5寸ほど、にんじん3寸、ハム 15匁」などとという表記。

グラム、センチはまだ取り入れられていません。

体を暖める鍋物や煮込み料理が中心ですが、

蒸し物、麺類、ご飯ものなどもあります。

 

「なるべく費用をかけずに、家族を喜ばせることは、

主婦としても

またお嫁入り前の御嬢さんとしても

第一に心掛けたいものです。

しかし毎日毎日のことですから、どなたでも

「今日は何にしようかしら・・・?」とお困りになることがおありでせう・・・」

 

文章にも温かみが感じられます。

女の悩みはいつの時代も変わりませんね。

 

日本料理、西洋料理、支那!料理一切がまんべん無く

掲載され、その

数はなんと二百種類以上!

しかも

編集部によってすべて試食済み。お墨付きレシピの数々です。

写真ではなく、詳細でリアルな絵によって再現されているのも興味をそそります。

上段には材料別に「いつが美味しいか」「何の料理に向くか」が

懇切丁寧に記されていまして

これは雑誌界初めての試みだとも書かれています。

 

執筆陣の筆頭には

宮内省大膳科長のお名前が!

由緒正しすぎるレシピ本!

様々な

絵が楽しい。

 生々しい海老・・・・(^_^;)

 

広告を見るのも一興。当時のスタイルを感じさせます。

 

ミツカン酢って戦前からあったんですね!

 

キューピーマヨネーズも!!

 

ちょっとホラーな絵 (^_^;)

 

お洒落な西洋料理、「鮭のダンブリング」です!

鮭を細かくほぐして玉ねぎや小麦粉(メリケン粉と表記されています)と

混ぜて蒸したものにブラウンソースをかけるという

手の込んだお料理です!「鮭のプディング」なんて

のもありますし、「トマトのクリームスープ」も充分すぎるほどお洒落ですよね。

 

戦前の日本人もチャーハンやチキンライス、クリームシチュー、

魚のバタ焼きなど食べていたんですね。

今とあまり変わらないことにもびっくりです。

もちろん「家庭おでん」なんていうのもあります。

 

興味深かったのは、

材料の中に「味の素」があちこちに見られたこと。

筆者が小さいころ味の素が良く使われていたことは覚えていましたが

戦前から使われていたとは知りませんでした。

 

それと、

初めて聞く雑炊の名前がたくさんあったこと(雑炊だけで20掲載)

雑炊好きはたまりません。

中でも徳川時代、加比丹(カビタン)すなわちオランダ人がたいそう好んだという「加比丹雑炊」と、

「一度食べたら忘れられない程美味しい」と書かれている、「バラこ雑炊」は、

(いくらの外皮をとったものを入れる)作ってみたいです。

ちなみに「加比丹雑炊」は、

白身魚のすり身と白味噌を加え、大量のゆずで風味をつけるというもので

味の想像が出来ないだけにスリル満点!!(^_^;)徳川時代のバテレン味を味わってみたいです。

 

他にも滋養がありそうな料理がいくつもあり、ぜひ作ってみたい。私の宝物です(^.^)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥たちと私の関係

2014-05-05 | ★読書

私が庭に出ると

まるで空から見ているように

どこからともなく メジロが飛んでくる。

 

メジロはみかけは可愛いけど

けっこう傍若無人なところがあって

人間を怖がらない。

私がいてもまるで平気。

 

体は大きいのに物音がしただけで慌てて逃げる

臆病なヒヨドリとは

大違いだ。

 

ピイと鳴きながらしばらく木々の間を飛び回って

挨拶するとまた

広い空へと飛んでいく。

 

白と黒がダンディなシジュウカラは

私の手に乗るくらい慣れたことがあった。

 

最高の友達だけど

籠に入れて眺めたりはしたくない。

いつもべったり傍にいなくてもいい。

 

気が向いた時に来てね。

私はいつもここにいるから。

この自由な関係がたまらなく私好み!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Pen」で少女漫画特集

2013-05-16 | ★読書

電車の中吊りに

「少女漫画」という文字発見。

阪急コミュニケーション社の雑誌「Pen」の特集!

 

私の少女時代は、

当時大人気だった少女雑誌「なかよし」「りぼん」

「少女フレンド」「マーガレット」と共にありました。

発売日は、

学校から帰るなり本屋に走り 

その日はごはんを食べるのも忘れるほど読みふけったものです。

もちろん家族が話しかけても無言~~~

甘い少女漫画の世界に浸っておりました。

 

Pen誌の年表は

懐かしい名前のオンパレード。

 

わたなべまさこ

繊細で華麗なペンタッチとドラマチックな展開の筋書きが魅力でした。

水野英子

歴史ものも多く文学的な香りがしましたね~~

数々の作品の中でも「にれ屋敷」という

ファンタスティックな復讐劇に深い感銘を受けました。

「白いトロイカ」っていうのもおぼろげだけど覚えている。

懐かしいな~~ 

このお二人は別格って感じ。

 

西谷祥子 は学園ものが楽しかった。

高橋真琴のグラビアにはいつもうっとりしました~~~

このブログを書くようになって偶然展覧会にお邪魔してご本人にお会いできました。

感激! 

あすなひろしはちょっと大人っぽくてドキドキしましたね。

漫画にはまった挙句

ケント紙やペンなど道具を揃えて単発や連載ものを書いて

友達に配り強制的に読ませたのも懐かしいです^_^;

その頃は本気で漫画家になろうと思っていました!

 

目が飛び出るくらい

衝撃を受けたのは 楳図かずおの 「あかんぼ少女」「へび少女」、

古賀新一の「エコエコアザラク」などの ホラ~~漫画です。

怖いけどひきつけられて

仏壇を見ると、今にもへび女が出てきそうで怖かったものでした。

 

”「リング」のテレビから出てくる貞子”は

”仏壇から這い出してくる蛇女”がモチーフじゃないでしょうか???

バレー部の入部者急増のきっかけを作った

さらに「アタックNo1」「サインはV」なども絶大な人気でしたね~~

水森亜土元祖マル文字やローマ字表記にも影響受けましたね~~

 

寝る間も惜しんで読んだ少女漫画でしたが

中学に入ると同時に

ころりと憑き物が落ちたように

読まなくなってしまいました。

今思うと平和で楽しい子供時代でした。

そして感受性の嵐が吹き荒れる思春期へと突入していったのです ^_^;

 

●関連記事「少年少女の友

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながら「苦役列車」読んだ

2013-04-19 | ★読書

積んどく状態だった

西村賢太の芥川賞受賞作

「苦役列車」を読んだ。

 

もっと早くに読むつもりだったのだけど、

たまたまテレビに

西村さんが生出演した際の爆弾発言に

読む気が一気に失せたのだった。

 

ぼさぼさ頭にごくごく普段着で落ち着いた様子の西村氏、

「なんで結婚しないの?」の質問に

「いや~~おれは

若い女性が好きなので・・・・結婚すると女は年を取っていくだけなので・・(真実は真実ですが)

そんなもののために金を出すのは・・・

養っていくのははなはだ心外で・・・常に若い女がいいので・・・」

のようなことだったと思う。

さらにここに書くのもはばかれるようなこともサラリと言っておられたと思うw

 

さすがに質問した方やスタッフも焦ったみたいだった。

これでどか~~~んと引いた人(特に女性)は何万人もいると思われる。

ある意味、徹底した趣味嗜好と個性。

あまりのことに思わず笑ってしまったけど、

読書は「う~~ん・・・」となって

そのままになってしまっていた・・・・

 

さて「苦役列車」も西村さんのそういう嗜好や哲学が貫かれた

赤裸々すぎるほどあからさまな私小説だった。

他人に対する異常なまでの敵対心、妬み、

今にも暴発しそうな19歳の男の欲望。

主人公の貫太はそのまま西村さんに重なる。

 

パワフルで汗臭い・・・自負と劣等感。欲望と怒りと呪い?に満ちた文章は

時に暴力的なまでに荒々しく

あまりの毒々しさと暗さにうんざりしながらも読み進んでしまう、

圧倒的な力を持っていた。

 

女性への焼け付くような欲望描写と、

それに相反するような激しい憎悪が印象的だった。

 

映画になったら面白いかもと思ったら

もう映画になってたんですね ^_^;

森山未来君が主役で^_^; ^_^; 

勉強不足もはなはだしい・・・・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「男子食堂」

2011-09-28 | ★読書

ふと立ち寄ったコンビニの本棚に

男性の料理本が3種類も並んでいるのに

注目したワタクシ。

 

先日もテレビで

男子料理の特集番組をやっていたっけな・・・。

料理する男性って人生を楽しんでいる感じでいいと思う!

やむなく・・の方もいらっしゃると思いますが・・

 

ぱらぱらめくってみて、その中の一冊を購入!

KKベストセラーズ社の「男子食堂」。

 

仕事をしている忙しい男性が

よくある材料でさっと作れるもの、

日々の食事に取り入れたい栄養価があるもの、

作り置きが出来るものなどのレシピが豊富に紹介されていて

すこぶる実用的な内容だ。

作り置き料理の賞味期限が書いてあることも親切です。

 

すぐに試してみたくなる美味しそうなお弁当コーナー、

おかずを他の料理に展開するテクニックも紹介されていて

男性のみならず、働く女性にもおすすめ。

さらに添えられているレシピ文には目からうろこの薀蓄がちりばめられていて

ちゃんと読むとためになります。

「ポテトサラダ」には

きゅうりを入れないほうが水っぽくならなくて美味しいなんて

知らなかったし!! 凝っている!

 

特に目をひいた特集は

冷凍野菜ペースト」のページだ。

冷蔵庫の野菜室に残りがちな野菜を

ペースト状に加工して冷凍し

様々な料理に使用するというもので

いつでも使えて便利そう。

これを駆使出来ればかなりの上級料理男子でしょう!

 

男性ならではの斬新なアイディア満載の

投稿レシピも載っており、見ていて楽しい。

 

私の父も食いしん坊で

深夜自ら台所に立っていそいそと夜食など作っていた。

楽しそうに包丁を握る姿を子供の頃から見ていたので

(祖父も食にうるさい人だったらしく

魚はもとより鶏なども自分でさばいたりしていたそうだ)

男性が厨房に入ることに

ぜんぜん抵抗が無い。

むしろ大いにやるべしと思う。食事は生きてく上での基本ですしね。

 

芸能人でも料理好きな男性は多い。

このあいだ記事を書いた

石坂浩二さんはもちろんのこと、

梅宮辰夫、もこみちくん、

キム兄・・と挙げればどんどん出てくる。

 

そうそう

こんな本も持っていました!

「金子信雄の楽しい夕食」!!

テレビ番組を覚えていらっしゃるあなたは

間違いなく昭和生まれ(笑)

 

 「男子食堂」には中村獅堂くんの

鍋料理のページもあります!

 

●「男子食堂」公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新藤兼人 私の十本」立花珠樹著

2011-09-16 | ★読書

郵便ポストに

なにやら分厚い封筒が!?

本・・・?

 

封を開けたら

「新藤兼人 私の十本」が入っている!!

ややや・・・これは・・・ 

日本映画専門チャンネルのHPで

プレゼント応募したものが

当選したんだわ!

 

きゃ~~嬉しい!!

99歳の現役監督の代表作と人生観を

立花珠樹さんが深く掘り下げた一冊、

じっくり読ませていただきます。

先日もベニチオ・デル・トロVS新藤兼人という

素晴らしい対談番組を見たばかりなので

読むのがすごく楽しみ~~~

日本映画専門チャンネル

ありがとう~~~~

 

10月の時代劇専門チャンネルとのコラボ目玉企画

「大映の二大看板:

カツライスという奇跡 

勝新太郎VS市川雷蔵」特集も

楽しみにしています!

●「日本映画専門チャンネル

●「時代劇専門チャンネル」

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「石坂浩二のサラダ図鑑」

2011-08-19 | ★読書

 

 

ふらりと立ち寄った新古書店で

 

ゲットしたのは 「へいちゃん」の料理本!

 

どうしてもへいちゃんって呼んでしまう

 

坂浩二って

 

理も玄人はだしなんだっけ!?

 

 

 

本をめくってびっくり仰天。

 

並みの料理本ではありません!

 

これはこれは大変なものですわ。

 

凝りに凝った料理がびっしり。

 

 

  さすが俳優。絵になります。

 

手さばきもほれ、

 

このとおり・・・

 

 

これじゃ、まるでプロの料理人じゃん。それも一流の!

 

 

 

食にまつわる楽しいエッセイも 掲載されている。

 

アメリカに長期ロケに行った時、

 

代わり映えのしないホテルのバイキングの味気なさに根をあげ

 

にわかコック長となってそれから毎日スタッフ全員の食事を作ったとか・・

 

ゴミ箱を漬物容器にしたそうですよ。

 

仕事もやりながらよくそこまで出来ますよねえ~

 

 

 

「犬神家の一族」リメイクの時、

 

市川崑監督に毎日お弁当作って持っていったっていう話も

 

前にどこかで読んだけど、納得。

 

この方が作るお弁当は

 

その辺で買ったものなんか目じゃない美味しさだと思う。

 

出来合いの弁当なんか食べられなくなるんじゃ?

 

・・・

 

・・・・・

 

うわ~すごいすごい。

 

どのページをめくっても楽しい。

 

自由な発想から生まれた独創的な料理ばかり。

こだわりの盛り付けも繊細で絵のようで

 

驚嘆!

 

料理本が大好きで沢山持っているけど

 

これはバイブルになること間違い無しだ。

 

 

 

石坂浩二って天才かも?!

 

美味しい料理を出された女性はみんな喜ぶ。芝居も絵も人を感動させるのはもっと大変だ」

 

っていう言葉がニクイ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「渋谷大古本市」で昭和の婦人雑誌付録

2011-08-16 | ★読書

昨日都心に出かけたついでに

東急東横店で開催されている「渋谷大古本市」に寄ってみた。

8階に着くと見るからに本が好きそうな人たちで会場はいっぱい。熱気に包まれていた。

毎年楽しみにしている人も多いと思う。

たくさんの本の中をざ~~っと歩いて

見つけたのがこちら。

コレクションしている昔の婦人雑誌の付録。

付録といっても192Pもある立派な本!

「実用手芸品の作方百種」と

あるように

百種類の作品の写真と作り方がびっしり載っているのですから読み応え十分。

さまざまなものの手作り作法が載ってます・・・

草履の表まで手作りとは!(編地)

うぎゃ~~

前にも書きましたが

昭和8年の本なので

編み物コーナーにもまだ編み図は無くて 言葉で編み方を説明しています。

この頃の本の挿絵は

図鑑か?と思うくらい精緻ですよね。

掛け軸の表装までやってしまうという手先の器用さ。

昔の人はほんとうにすごい。

リスペクトなどという借りてきた言葉は使いたくありません。

「尊敬」です!

 

ものが無い時代でもこまめに手を動かすことをいとわず

あるものを工夫して生活を楽しく彩った女性たちに頭が下がります。

なんでも買ってすませてしまう現代の人間とは心根が違いますわ。

この時代の本をコレクションしているのは先人の工夫に触れられ

荒れすさんだ心がぽかぽかと温かくなるから。

 

他にも気になる本があったけど

時間が無くて後ろ髪をひかれながら渋谷を後にしました~~~

●2004年にも行っていた!記事がありました(汗)これもそうでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書

2011-04-13 | ★読書
いちいちもっともで、ため息!
災害心理の専門家、広瀬弘忠先生の名著です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加