リンリン・ダイアリー

ブースカがお話します。

2016年12月24日 映画・土竜の唄 潜入捜査官 REIJI

 | Weblog

 いつも見ても生田斗真さんはカッコイイ。だけど、この映画は思っていたとおりのハチャメチャで面白い内容とは言えなかった。但し書きに”5分に1度衝撃展開”とあったが、あれを衝撃展開と呼ぶのかどうか。流石にクドカン。とも思うが彼にしてはイマイチ。もっともクドカンって映画は案外つまらない。テレビドラマの方がよっぽど面白い。しかも一番はやはり朝ドラか。「あまちゃん」がヒットした後に某評論家が15分くらいの短いものでこそ彼の才能は発揮される、と言っていたがその通り。今までに数本の映画も観たがどれもイマイチ、の感想したもてなかったしな。今回も”土竜の唄”第2弾が公開されるにあたりテレビ放送をしたのだろうけど、なんだかね。これを観て次回作を観たい、と思う人いるのか。いるよね、だからやってんだし。でもつまらなそうだな、と感じた人も少なからずいると思うよ。主役が彼だからもってる感じ。クドカンではお馴染みの面々も出ていたのでそこは面白かった。魅力があったのはそこ。ああいう役者を上手に使うのはやはりクドカンならでは。感心しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月23日 糸魚川大火 | トップ | 2016年12月25日 高校駅伝 »

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL