リンリン・ダイアリー

ブースカがお話します。

2017年6月14日 共謀罪・強行採決

 | Weblog

 組織的犯罪処罰法改正案をめぐって、自民党は汚い作戦に出た。加計問題等で野党からこれ以上突っ込まれ、国会の会期を延長するような事にはしたくない為に強行採決に踏み切ったのだ。何をどうしようとしているのかを国民に納得させられないままに、自分たちの考え第一で動く政党ーそれが自民党。こんな人たちにこれからの日本を任せられる筈もない。国会議員がこんな行いをしていいのか。許されてしまう国。それが日本。空しいなー。「数が多ければ何をやってもいいという訳ではない」と民進党議員が嘆いていた。多数決で全てが決められてしまうなら、選挙の結果が全てになる。選挙で負ければ何の意見も通らないのか。そうではない。民主主義の世の中なのだから、話し合いの場が設けられそれによって国の在り方も決められて行くのではないのか。「時間をかけて丁寧に説明はした」と菅官房長官は言っていたが本当にそうなのか。彼が言う事はいつも違う様に思えてならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月12日 フジ・”ザ・... | トップ | 2017年6月15日 追悼・野際陽... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL