愛と光のきらきらエレメント☆

ソウルサポーターあらのスピリチュアルライフな気づきとすぴりちゅあるイベントを記載してます(*^_^*)

スピリチュアル異端者  ~神様への意識~

2017-04-19 12:33:48 | 精神世界ライフなのほほん記録
スピリチュアルセラピストのアーラです。



ゴールデンワーク期間の忙しい毎日です。


精神世界ライフなのほほん記録です。



『スピリチュアル異端者  ~神様への意識~』





戦争で、たくさんの人間を殺してきた我々人間の先祖たちは、


それは、深い地層へと自然のままに埋もれてはならないと想い、


大地にたくさんの戦争記念を残してきた。



大体の大きな被害や始まりが、

経済的かつその外交的な関係で始まるものではあるが、




その意識世界には、『宗教』や『民族』といった属性の意識レベルによる、派閥から生まれるものである。



その思想から外れる者たちを、


『異端者』っと昔から呼ばれていた


しかし、『キリスト』の教えやナチスの教えだって、見方を変えてしまうと、

一種の異端の集団に過ぎない。




神と存在された意識を、正当性の意識で、大地に降ろすものと、


そこから外れて、違う枝を伸ばそうとするもの・・・もしくはそれに反意の意識を向ける者。



神々は、それを望んでいるわけではなく、


神々というものは、神々として愛されて


喜び、嬉しいだけ。







そこまでして、


人々は、

私を愛してくれているのね・・・

っと







その上で、



『スピリチュアル異端者』


というものは、もっと、人格や魂の意識で、

強い罪の意識ができている、パーソナルやスピリチュアリティへの傷である。





例えば、キリスト教


神の前で、嘘を付いたら、地獄に落ちる。



というフレーズをバカみたいに受け入れてみよう。


もし、死後の世界に、神の前に立たされたとして、今まで嘘を付いて、人を傷つけたことがあるか?




っと言われたとしよう。


「はい、私の人生で、最も辛い嘘というものは、娘をある事故で亡くしたことです。あの時、娘が怖がっていたにもかかわらず、あの道を選択して正解だ!っと私が意地を張ったしまったせいで、娘があんな事故に巻き込まれて亡くなってしまったのです。あの時、本当は、私も娘と同じ気持ちで怖かった、なにやか嫌な予感を感じていた自分がいた・・・やめればよかったという自分がいた。それなのに、未だに、私はそんな想いを別れた妻や両親に打ち明けることができない・・・ずっと怖くて、嘘を付き続けて生きてきました。」

私は、地獄に落ちて当然だと思います。





これが、スピリチュアル異端者っと言えるでしょう。


神様のルール、神様のジャッジという、その宗教の考え方のせいで、そのイベントは、根強く、恐れられているものに変わり、罪の意識へと変わり、自分の魂、自分自身は、『天国には行けない』っと選択してしまうことです。





おそらく、こういうパーソナルな人間もあり得るでしょう。


私なんか神様に愛されていない、私なんか先祖に愛されていない。

私なんか、神様も先祖も嫌い!神様が、先祖が、私に何したって言うの!!?




っと、自己のスピリチュアリティやパーソナルに対して、外界を通して、反意を向けようとします。



これが、『スピリチュアル異端者』っと言えるでしょう。





戦争が終わり、



たくさんの人々が死んで、



情報が飛び交うこの現代において、



過去に残された情報の如く、決して戦争の過ちを繰り返さないために、



情報は情報を呼んで、戦争を経験していない我々の世代からさらなる次の世代へと広まっていきます。




つまり、時代は、宗教や国々の意識で決まるのではなく、


我々が経験する、人生という魂・・・


つまり、宗教ではなく、魂の意識、その罪で、



『スピリチュアル異端者』が決まるのだろうと思います。





しかし、

これは面白いことで



自己が決め付けてしまった罪の意識だから、地獄へ行くのではないのです。




これこそが、次の世代に引き継がれる新しく、そして真の精霊や神々への導きへと導かれる可能性があるのです。





これ以上は、フォースステップの世界になるので、


今日はこの辺で☆





異端者最高!!




アーラズ・ラブ




ありがとう、

愛を☆

輝きを~☆





意識レベル一つで、超越した幸せと今の自分の真実を悟れます。

それまでのスピリチュアルから卒業して、思うままに現実世界をコントロールできる高度な意識レベル!!



振動数(意識レベル)とはなにか?




ここにその真実のサポートを提供しています!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うるさい日本国民たちよ、私... | トップ | 人生・・・やり直したいこと... »

精神世界ライフなのほほん記録」カテゴリの最新記事