“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

子どもの人口、36年連続減 2017年05月

2017年05月05日 | 政治 ・経済 

**
※- 子どもの人口、36年連続減 2017年05月04日

12段仕様ベース

15歳未満1571万人-総務省

5月05日(投稿)、 総務省が「こどもの日」に合わせて4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は1571万人で、前年の1588万人を17万人下回り、1982年から36年連続で減少した。

都道府県で子どもの人口が増えたのは東京のみで、全国的な少子化の流れに歯止めがかかっていない。

内訳は男子が805万人、女子が767万人

総人口に占める子どもの割合は、前年比0.1ポイント減の12.4%43年連続で低下した。

3歳ごとの年齢区分では、12~14歳が335万人と最も多く、9~11歳が321万人、6~8歳が317万人、3~5歳が304万人。0~2歳が294万人と最も少なく、年齢が低いほど人口が減っている。

都道府県別のデータ(2016年10月1日現在)によると、人口に占める子どもの割合が最も高いのが

沖縄 17.2%
滋賀 14.3%、
佐賀 13.8%  と続く。

最も低いのが
秋田 10.3%

九州 8県( 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄 )の子どもの割合はいずれも全国平均の12.4%を上回った。

東北 6県 ( 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)は全て全国平均を下回るなど地域間のばらつきが大きい

*-*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 震度6弱以上の激しい揺れの... | トップ | 2階建ての新幹線「Max」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL