“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

「アカカミアリ」に注意 2017年06月22日

2017年06月22日 | Website 

**
※-アカカミアリ」に注意 2017年06月22

20170618-ヒアリ 20170621-NHK_photo
    『ヒアリ』                アカカミアリ

ヒアリ』と『アカカミアリ』が神戸港で見つかる

6月21日、NHK website -:強い毒を持つ南米原産のアリ=「 ヒアリ 」 が見つかった神戸港で、毒を持つ別のアリ=「 アカカミアリ 」が見つかり、神戸市が注意を呼びかけています

強い毒を持つ南米原産の『ヒアリ』は、先月26日、中国から運ばれ神戸港で陸揚げされたコンテナの中から国内で初めて見つかったほか、神戸港のコンテナ置き場でも今月16日におよそ100匹が発見されました

調査を続けている神戸市によりますと、神戸港のコンテナ置き場では20日、ヒアリによく似た中米などが原産の『アカカミアリ』およそ100匹も見つかったということです

アカカミアリはヒアリより毒性は弱いものの、刺されるとショック症状を引き起こすこともあるということです。

アカカミアリは沖縄本島などで生息しているのが確認されていて、博多港で見つかったこともあるということで、神戸市は見慣れないアリには触らないよう注意を呼びかけています。

- 国交省 全国の港に注意呼びかけ -

神戸港でアカカミアリが見つかったことを受けて、国土交通省は21日、全国の125の主な港の管理者に対して、アカカミアリが確認された場合は速やかに地元の環境事務所に連絡して駆除するなど注意を呼びかけています。

- アカカミアリとは -

アカカミアリ』は、大きさが3ミリから8ミリほどで、体は黄色っぽい褐色をしています。

ヒアリと同じように腹部に毒針を持ち、刺されると激しい痛みを感じますが、ヒアリに比べて毒性は低いとされています。

原産地はアメリカ南部から中南米ですが、貨物船などに紛れて世界各地に広がり、熱帯や亜熱帯の広い地域に定着しています。

国内でも小笠原諸島の硫黄島で定着しているほか、沖縄県などで確認されたことがあり、環境省は特定外来生物に指定しています。

アリの分類に詳しい東京大学農学部の寺山守非常勤講師は「ヒアリに比べて毒性は弱いとされているが、人によってはアナフィラキシーショックを起こすこともあり、注意が必要だ。神戸だけでなく物流の拠点となる全国の大きな港に入り込んでいないか警戒する必要がある」と話しています

20170618-ヒアリ.2

*-*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナス金利で『MMF』消... | トップ | ヤマト運輸:現場「状況変わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Website 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL