身体の痛みは心の悲鳴
ストレスがどのように心と身体に影響を与えているのか、臨床経験の中で得られた解決のヒントを公開します。
 



歴史の教科書に書かれることはありませんが時の権力者 には軍師というなの陰陽師のような役割をしていた人が 存在します。 戦国時代で大将の判断ミスによって犠牲者が増えてしま います。 生き残るため、天下を取るために戦国武将は相手の大将の 性格や攻めようとしている地形などの理を研究し尽くして いたわけです。 優れた陰陽師化いるところが勝ち残ってきているわけです。 運命学には開運の仕方が体系づけら . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星占いは一般的になっていますがこれは本来天体の 星を読み種まきの時期や収穫の時期を判断する為に 発展してきたものです。 占星学は天体という宇宙の運行に逆らわず自分を波に 乗せる為に研究されてきたものですから、その目的は 生きる為という事になります。 世の中に出回っている知識には、秘密にされている 読み方がある事は知られていません。 もしも、本来の知識や読み方が公開されてしまうと戦の 勝ち負け . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星座占いはTVの占いコーナーで今日のラッキーアイテムは、 的なコーナーで紹介されていますが、本来の占星学としての 機能を無くしています。 風水学もその本性の機能をゆがめられてしまっています。 占星学には、前世の生き方や今生のテーマが分かるように なっていますがあまり知られていません。 占いというジャンルは本来帝王学や運命学といったジャンル に属しているものなわけです。 日本では、邪馬台国の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




誰かのために何かをするという事は多くの人に達成感を 感じることが出来るでしょう。 しかし、貢献するだけでは自分自身が楽しいかどうかは 分かりません。 貢献は結果であり、目的ではない訳です。 貢献に喜びを感じるのは誰かがその行動に対して喜んで いる必要があります。 そうなると同じ行動してもそれを喜ぶ人もあれば喜ばない 人もいる訳で、相手次第で同じ行動をしても結果が違って しまいます。 相手 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




達成感を得る為には、ゴールとか目標がどうしても 必要になります。 それがオリンピックの人もいれば入試に合格する事 かもしれません。 通常目標を達成すれば、さらにその上を目指したく なり、終わることはありません。 自分自身のゴールを達成することにより、誰かに夢を 与えるとか自分がやりたい事をやることで出来るので あればそれはとても有効ではありますが、他人を喜ば せるだけでは自分が楽しんでいない . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




やっていると楽しいのは好きなことをやっている時 ですが例え楽しいことをやったとしても達成感は得ら れるとは限りません。 達成感はミッションに関係しています。 会社のノルマがクリアできた時には達成感を感じる人は 多いでしょう。 その達成感を感じるまでに楽しかったでしょうか? 楽しいこともあったかもしれませんが苦難や努力が あったはずです。 つまり、楽しいだけ、ワクワクするだけでは好きなこと . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




野球を見て育った子は野球がやりたいと思う確率が 高くなりますし、サッカーを見て育った子はサッカーを したくなるものです。 かといって野球やサッカーが上手いとは限らない訳です。 競技人口に比例して習いたい人は増えてくるわけですが、 その分競争は激しくなってきます。 それでもやりたいのは、楽しいからに他なりませんが本当に 楽しいのかが問題です。 ワクワクするという感じは楽しいことに関係している . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




子供の教育の仕方の背景には親の期待や願いが見え 隠れしています。 親は子供のためを思って色々な習い事をさせようと します。 子供がやりたがるとか親がさせたいとか色々な理由が 存在しています。 親が子供に期待してやらせていることもでも努力によって 良い結果が出る為に誰も改めようとはしません。 良い結果が出ていればいるほど見直すことは難しくなります。 そして、その見直しをせざるを得なくなるま . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




資質がないのにその位置が与えられた場合には、取り巻きが サポートすれば組織は機能する訳ですが、その場合の組織長は、 お飾りとして生きて行くことになります。 お飾りであってもその資質がその生き方に向いていれば問題は ない訳です。 ところがその資質を無視して違う資質を身に着けさせようと すると問題が起こってきます。 本人に資質が無かったとしても努力を重ねて行けばある程度 身について行きます。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




家庭という最小単位の組織で上手く行かなければ会社と いう名の組織の中でうまく立ち回ることなど出来ません。 家庭の中でやたら従順すぎる子供、その反対に家庭の中で やたら反抗的な子供、などいろいろなタイプの子供がいる でしょう。 子供にも生まれつきの運勢があるために犬をネコのように 育ててはいけない訳です。 王様は王様として育てないと王様にはなりませんが、王様に なる資質がないのに王様として育て . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ