身体の痛みは心の悲鳴
ストレスがどのように心と身体に影響を与えているのか、臨床経験の中で得られた解決のヒントを公開します。
 



成長痛も防衛機制もある意味自分の身体を守るための 機能と言ってよいでしょう。 問題は、痛みの意味が分からない(気づかない)と いう事です。 あなたの身体のどこかが痛いとした場合、どう考える でしょうか? どうしたんだろうと心配して直ぐに病院に駆け込む人、 原因を知ろうと生活を振り返る人、ただ痛み止めを 塗ったり、飲んだりする人。 いずれにしても痛みは厄介なものです。 しかし、一つ言えるこ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




通常、痛みを訴えれば周囲は心配してくれたり、助けて くれたりします。 防衛機制の痛みは、攻撃されていないのに攻撃されたのと 同様に痛みが現れてきます。 痛みは必要に応じて作り出すことが出来る訳です。 学校や仕事に生きたくないとお腹や頭が痛くなる症状が 防衛機制として自らの身体を守る機能なわけです。 やりたくないことがあれば痛みを出せばほとんどの物は 回避することが出来ます。 一方、痛みに . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




身体の痛みも部位や形態によってその痛みやその意味が 違ってきます。 共通して言えることは、痛みが伴う場合多くの場合過酷な 環境が影響しています。 痛みが身体を守ってくれるセンサーになっている訳ですが その痛みとどうやって付き合っていくかです。 通常痛みは嫌われ者ですから、取り去られる方向に向かう わけです。 痛み止めに始まり、多くのクライアントが痛みからの開放の 為に時間と労力を使う事にな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自己免疫機能を信じない、あるいは待っていられない人は 薬を使って早く解決したい時に薬を使用します。 しかし、薬を使用するという事は、自己免疫機能の耐性を 弱めてしまう行為という事になります。 薬を利用するのは急性期の症状のみで十分です。 薬を飲む行為は必要な行動ですが、薬を飲み続けるという 行為は何かおかしくありませんか? 薬は症状によって低下している体力が回復する間の緊急措置 であり、あ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




青酸カリなどは自殺する時に使われる毒物ですが 普通の人には必要ありません。 しかし、死にたい願望がある人にとっては必要な ものになる訳です。 毒が必要な人のニーズはどんなニーズでしょうか? 生活習慣を変えないで症状の変化を希望するという ニーズがある訳です。 生活習慣や思考習慣はまさに嗜好品と言っても過言 ではありません。 生活には必須ではないが個人の好みで欲しい物が 嗜好品という事にな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




頭が痛いとか腰が痛いとかという症状によって仕事に 支障が出たり快適な生活が出来ないとその痛みを止め たくなるのは人情でしょう。 それは、痩せる為に生活習慣を変えないで脂肪吸引を しているようなものです。 タバコが好きな人にとっては薬になることもある でしょう。 ひと時の精神的な憩いを得られるという事が精神的な プラスになることもあるからです。 しかし、健康な人にとってはタバコは毒であり良い . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




多くの人々は薬が病気を改善してくれると信じていますが 薬がしていることは症状の改善だけです。 頭が痛ければ痛みを止め、熱が出れば解熱剤を処方して くれることになります。 つまりターゲットは症状であって、病気ではありません。 しかし、症状が病気を改善するために必要なものだと してもクライアントにとっては厄介なものです。 風邪をひくと熱が出るのは免疫システムが高まり耐性が 高くなるからです。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




薬はある意味身体に必要な栄養素という見方も出来ますが 薬が毒であるという見方はあまりできていません。 薬には必ず副作用が存在します。副作用のない薬など 存在しませんし、もし存在していたらその薬は何の効力も 期待できないという事になります。 薬を扱う為には医師や薬剤師の資格が必要になります。 フグの調理をするにも資格が必要な様に危険な要素を 取り扱うという認識が必要となります。 誰もが扱うこ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




他人に褒められるという選択も他人に嫌われないと いう選択も自らの選択をしている実感はありませんが、 自らの選択したことになる訳です。 つまり自分を生きているのではなく、他人を生きて いるという事になる訳です。 自分の好きなことよりも自分以外の他人を生きてきても 何の見返りもない訳です。 人生は仕事ではありません。何かを得る為にやっている のではなく何かを作り出すためにある訳です。 あなたは . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




他人の選択は通常楽しくはありませんが自分の選択は 楽しくなります。 楽しくなることをワクワクすることをやりましょうと いわれていますが、これが逆効果になっている場合が あります。 本当に楽しいことをやっているのか誰かに褒められる から楽しいと思っているのかが分からないからです。 自分の好きなことをやっても誰かに褒められてもうれしい 訳です。 これによって自分の好きな物の中に他人の意向が入り . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ