未来を変えるセルフカウンセリング

愛・奇跡・シフトの新時代

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワンネス

2016-10-01 | カウンセリング
「自分=すべて」…すべては「ひとつ」だということへの理解は、四大原則のその他の3つへの理解にもつながります。この四大原則同士も深くリンクしています。では、すべて「ひとつ」とは…
▷人形劇を一人でするとします。自分はダンボールの中に入り穴から足を出して木にします。手を出して、右手さんと左手さんを演じます。木を見て「素晴らしいね!」と言います。右手が「背中をかいてくれる?」と左手にお願いします。「あなたってなんて優しくて素晴らしいの。」と言います。私たちが誰なのか?どこから来たのか?二人は知りたくなり自分を知るためダンボールの中に深く潜っていきました。そして、真実を理解し「全部つながっているんだね。全部ひとつなんだね。」と自分も素晴らしいということを思い出しました。
▷水が魂だとします。コップが身体です。人生を終えて源泉へと戻ります。水はすべてとひとつになり区別がつかなくなります。この表現だと、人間でいるときは分離していることになるので…同じ水で別の例えをします。海(源泉)から分かれる川のひとつが自分です。水は分離なくつながっています。川であると同時に海でもあり、他の川でもあり、全体そのものであるということです。
▷元々、ひとつである魂は、愛でひかり輝いていて、素晴らしく、完璧です。「許すことができるんだ!」「無条件に愛することができるんだ!」と知っていても、ひとつなので、それを証明することはできません。それを経験するためには、分離して、ひとつであることを忘れる必要がありました。「僕は許すっていう経験をしたいんだ。」と言うと、「私が相手役になってあげるわ。」と言ってくれ、人生の幕が開きました。帰ってきた二人は「苦しかったね。でも感動もしたね。」「僕、分離してるのに君とひとつだってこと思い出したんだよ!」と話します。すると、他の魂が「私も味わってみたい!」とたくさんの魂の経験がはじまりました。…物語にするとこんな感じ…
【悟り】▷真実を思い出すこと・本来の自分との差とり・分離経験を辿り「元はじまり」に気づいていくこと
悟りとは…例えば、幸せになりたくて手相占いをしてもらいに行くとします。手を出そうと思っても、なぜか自由に動きません。やっと動いたとき「あれ?私ってすでに幸せだよね?」と思い出します。眼鏡を探していて「あれ?おでこにあるよね?」と気づきます。ヘアーバンドを探してたら「あれ?首にあるよね?」と笑えたりします。外ばかり探してたけど、近すぎて見えない…自分で隠したり、忘れたり、勘違いしたことに気づいて、それを思い出すことが悟りです。家(自分)の中に落とし物をしたけれど、外に探しまわります。中は暗い気もするし、中は好きじゃないし、何もないし、足りないし、家主(自分)は責めるし、外にきっとみつかるはずだと思い、外の誰かが自分の失ったものを埋めてくれるはずだと…しかし、落とした物は、家の中…自分の中に「すでにある」と思い出します。
自分が、自分を愛することはすべてを愛することになります。なので、すべてが自分を愛することにもなります。すべてが、すべてを、すでに愛し合っています。無条件の愛そのものである「ひとつ」の存在なのです。「ひとつ」だからこそ、分離の幻想を創造することができ、それぞれの味わいをすることができます。それぞれが「今」完璧なタイミング(過程)で、完璧な選択をして味わっています。無条件の愛そのものであり、大いなる力とつながっていて、価値も同じで、分離していないということを信頼すると、この世では「それぞれ」の味わいなんだという理解、それぞれの選択なんだという承認、それぞれ違っていていいんだ、違うからシェアできるんだ、違いを楽しんだり、それぞれ自由に違うことを純粋に味わうことができるんだという全受容になるのです。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 自然の流れ | トップ | 永遠存在 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL