スピノザの『エチカ』と趣味のブログ

スピノザの『エチカ』について僕が考えていることと,趣味である将棋・競馬・競輪などについて綴るブログです。

マイナビ女子オープン&作業所の閉鎖

2017-05-17 19:14:58 | 将棋
 西浦温泉で指された昨日の第10期マイナビ女子オープン五番勝負第三局。
 加藤桃子女王の先手で上田初美女流三段のノーマル四間飛車からの穴熊。先手は9八玉型の左美濃から銀冠という持久戦に。
                                     
 3三の角を引いた局面。この手では☖6五歩から戦えば後手が有望だったようです。引いたのは戦いにしたくなかったからという感想がありますが,穴熊が戦いに持ち込めるのにそれを避けようとするのは不思議に感じます。ここで怯んだのが敗因のひとつだったかもしれません。
 先手は☗2四歩☖同歩☗5五歩☖同銀☗2四角☖2二飛☗4六角☖2八飛成☗同角と飛車交換の手順に進めました。ここで☖4六歩と突いて銀取りを受けましたが,これは緩手で,受けるなら☖3三角とすべきだったようです。
 ☗2二飛と打ち込んで☖7六歩の攻め合いに。先手は☗同金と取って☖7五歩のときに☗7二歩と打ちました。これを後手が☖同金と取ったときに☗同飛成と取れず☗7五金と手を戻し☖7一歩と受けられるのでは,変調ではないかと思えました。
                                     
 しかし第2図は後手が7筋に歩を打てなくなったために大した攻めがなく,先手はゆっくりと攻めていけば間に合う局面でした。つまり第2図はすでに後手がじり貧の傾向にあり,先手がかなり優勢になっているようです。
 3連勝で加藤女王が防衛第7期,8期,9期に続く4連覇で4期目の女王です。

 考察はここまでとして日記に戻ります。『スピノザの生涯』を読み終えたのが昨年の6月9日でしたから,今日からはそれ以降のことです。
 この6月9日は妹の宿泊訓練があった日でした。したがって10日の金曜日は持ち帰る荷物が普段よりも多かったため,母が迎えに行っています。僕はこの日は新横浜に出掛けていました。
 6月11日,土曜日。ガイドヘルパーを利用しました。この日はカラオケでした。
 6月12日,日曜日。母と妹が美容院へ。この日もいつものように13時に予約を入れていたのですが,帰ったのはいつもより早く,15時前でした。
 6月15日,水曜日。妹の歯科の通院がありました。この日はクリーニングをしただけです。僕はこの日は川崎に出掛けていて,帰ったのが午後6時頃になりましたので,そのときにはふたりは家に戻っていました。
 6月19日,日曜日。妹のピアノのレッスンがありました。前夜までに連絡がなかったので,17時半からの予定だったのですが,当日になってから連絡が入り,16時からの開始に変更となりました。
 6月20日,月曜日。母が妹を作業所まで送って行くと,作業所が6月一杯で閉鎖になるという報告を受けました。朝の迎えがなくなったのは職員不足の影響でしたが,この閉鎖も同じ理由からでした。ただ,6月一杯での閉鎖というのは急な話でしたが,閉鎖自体はもっと前から予定されていたものです。翌年,というのは今年のことですが,4月に,施設が運営している諸々の作業所等を統合整理して,今年の4月から場所を変えて作業をするということは前々から決まっていたのです。つまり今年の3月には閉鎖になるということが事前から決定していて,それが職員の不足による影響から,前年の6月に約半年ほど前倒しされるということになったのです。なので6月一杯という期限については驚きでしたが,施設の閉鎖ということ自体は,母にとっても僕にとっても,そしておそらくはこの作業所で作業していた人たちの保護者にとっても驚きではなかったものと思います。妹は新しい作業所で作業することは決まっていましたが,まだその作業所は未完成でした。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇都宮ワンダーランドカップ... | トップ | 東京スポーツ賞川崎マイラー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL